2011年08月08日 09時00分 公開
特集/連載

サーバ仮想化の統合率を向上させる5つの方法高コストから低コストまで

サーバ仮想化にとってサーバ統合は最大のメリットだ。以下、サーバの統合率を向上させるための5つの戦略を紹介する。

[David Davis,TechTarget]

 サーバ統合率を向上させるための方法は幾つかある。新しいハードウェアやソフトウェアを必要とするものもあるが、中には安い費用で済ませられる方法もある。

 サーバ統合は何と言っても、サーバ仮想化の最大のメリットだ。仮想化を使えば、物理サーバを仮想マシン(VM)に変換し、複数の作業負荷を1台の物理サーバ上に統合できる。サーバ統合率が高ければ、ハードウェアやエネルギー、床面積のコスト削減につながり、結果的に仮想化技術の投資収益率(ROI)を高められる。

 以下では、サーバ統合率を向上させるための5つの戦略を紹介する。

関連ホワイトペーパー

サーバ | VMware | 仮想化 | ROI | ストレージ


ITmedia マーケティング新着記事

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。