2011年08月08日 09時00分 公開
特集/連載

サーバ仮想化の統合率を向上させる5つの方法高コストから低コストまで

サーバ仮想化にとってサーバ統合は最大のメリットだ。以下、サーバの統合率を向上させるための5つの戦略を紹介する。

[David Davis,TechTarget]

 サーバ統合率を向上させるための方法は幾つかある。新しいハードウェアやソフトウェアを必要とするものもあるが、中には安い費用で済ませられる方法もある。

 サーバ統合は何と言っても、サーバ仮想化の最大のメリットだ。仮想化を使えば、物理サーバを仮想マシン(VM)に変換し、複数の作業負荷を1台の物理サーバ上に統合できる。サーバ統合率が高ければ、ハードウェアやエネルギー、床面積のコスト削減につながり、結果的に仮想化技術の投資収益率(ROI)を高められる。

 以下では、サーバ統合率を向上させるための5つの戦略を紹介する。

関連ホワイトペーパー

サーバ | VMware | 仮想化 | ROI | ストレージ


ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...