2011年08月08日 09時00分 UPDATE
特集/連載

高コストから低コストまでサーバ仮想化の統合率を向上させる5つの方法

サーバ仮想化にとってサーバ統合は最大のメリットだ。以下、サーバの統合率を向上させるための5つの戦略を紹介する。

[David Davis,TechTarget]

 サーバ統合率を向上させるための方法は幾つかある。新しいハードウェアやソフトウェアを必要とするものもあるが、中には安い費用で済ませられる方法もある。

 サーバ統合は何と言っても、サーバ仮想化の最大のメリットだ。仮想化を使えば、物理サーバを仮想マシン(VM)に変換し、複数の作業負荷を1台の物理サーバ上に統合できる。サーバ統合率が高ければ、ハードウェアやエネルギー、床面積のコスト削減につながり、結果的に仮想化技術の投資収益率(ROI)を高められる。

 以下では、サーバ統合率を向上させるための5つの戦略を紹介する。

関連ホワイトペーパー

サーバ | VMware | 仮想化 | ROI | ストレージ


ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

エコ活動・SDGsへの意識 「フードロス」「廃プラスチック」に高い関心――CCC調査
エコ・環境問題への関心や関連トピックスへの認知度などを調査しています。

news115.jpg

国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で...

news040.jpg

アノニマスリードへの対応からインサイドセールスまで、MAツールを使った体制を構築――ONE COMPATH
20〜40代女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!」を運営す...