タイプ1とタイプ2のハイパーバイザーとは? 完全仮想化と準仮想化の違いは?「サーバ仮想化」「コンテナ」の基礎知識【前編】

「サーバ仮想化」と一口に言っても、それを実現する技術はさまざまだ。「タイプ1ハイパーバイザー」「タイプ2ハイパーバイザー」の違いと、「完全仮想化」「準仮想化」の違いを整理しよう。

2021年06月11日 05時00分 公開
[Clive LongbottomTechTarget]

 「サーバ仮想化」技術は、1台の物理サーバをあたかも複数のサーバであるかのように利用可能にする。仮想マシンで稼働するワークロード(アプリケーション)は、その仮想マシンが動く物理サーバや、同じ物理サーバで稼働する他のワークロードの影響を受けにくくなる。CPUやメモリ、ストレージといった物理サーバのリソースを共有することで、コストを削減しやすくなったり、リソースの使用率や処理速度が向上しやすくなったりする。

 サーバ仮想化を実現する技術は複数あり、さまざまな基準で分類できる。

「タイプ1ハイパーバイザー」と「タイプ2ハイパーバイザー」の気になる違い

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...