2013年07月03日 08時00分 UPDATE
特集/連載

レガシーでは歯が立たないクラウドの頂へ登れ―米Columbiaが仮想化を決意した理由

サーバ仮想化をした米アパレル会社は、どのようにしてプライベートクラウド化へ移行したのか。廃止した製品、新たに導入した製品を考察する。

[Lauren Horwitz,TechTarget]

 仮想化を始めたばかりの企業であれば、クラウドコンピューティングは優先事項に含まれていないかもしれない。しかし、プライベートクラウドへの布石として仮想化を採用するようなIT部門は、クラウドが会社のビジネスニーズを満たす有効な手段であることを知っている。

 2年前までは、米アウトドアアパレル会社、Columbia Sportswearのグローバルテクノロジーディレクターを務めるマイク・リーパー氏にとって、プライベートクラウドの構築は到底ITの最優先事項ではなかった。しかし、サーバ仮想化のレベルに達した時点で、プロジェクトはクラウドへの移行に道を譲ることになった。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

チャットアプリ利用率、「LINE」と「Facebook Messenger」の差は?――マイボイスコム調べ
わが国におけるチャットアプリのデファクトスタンダードとは。

news126.jpg

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...