2012年06月06日 09時00分 公開
特集/連載

SMB向けデスクトップ仮想化製品VDI-in-a-BoxをXenDesktopと比較総合的なコストは低いが妥協も必要

米Citrix Systemsが中堅・中小企業向けに提供するデスクトップ仮想化製品のVDI-in-a-Boxを、価格、管理機能、サポートでXenDesktopと比較した。

[Eugene Alfaro,TechTarget]

 自社のVDI(Virtual Desktop Infrastructure)ソフトウェアとして米Citrix Systemsの「XenDesktop」を選ぶユーザーは相変わらず多いが、Citrixのもう1つの製品「VDI-in-a-Box」にも目立たない優位性がある。導入と管理が容易で、しかも安価なのだ(関連記事:SMBに最適なオールインワンデスクトップ仮想製品「VDI-in-a-Box」)。

 Citrixは2010年に米Kaviza Softwareの買収に伴い、VDI-in-a-Boxを獲得した。この製品は中堅・中小企業(SMB)向けだ。だがこれらの企業の多くは、XenDesktopが最も信頼できるVDIソフトウェアだと考えている。さらにややこしいことに、Citrix VDI-in-a-BoxとXenDesktopの間には重複する機能や特徴が幾つかある。

 VDI-in-a-Boxが自社に適しているかどうかを判断するには、SMBユーザーのビジネス上の問題に対処するための機能がVDI-in-a-BoxとXenDesktopではどう違うのかを理解する必要がある。VDI-in-a-Boxの価格、管理機能、サポートなども重要なポイントだ。

XenDesktopとVDI-in-a-Boxの価格

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...