SMB向けデスクトップ仮想化製品VDI-in-a-BoxをXenDesktopと比較総合的なコストは低いが妥協も必要

米Citrix Systemsが中堅・中小企業向けに提供するデスクトップ仮想化製品のVDI-in-a-Boxを、価格、管理機能、サポートでXenDesktopと比較した。

2012年06月06日 09時00分 公開
[Eugene Alfaro,TechTarget]

 自社のVDI(Virtual Desktop Infrastructure)ソフトウェアとして米Citrix Systemsの「XenDesktop」を選ぶユーザーは相変わらず多いが、Citrixのもう1つの製品「VDI-in-a-Box」にも目立たない優位性がある。導入と管理が容易で、しかも安価なのだ(関連記事:SMBに最適なオールインワンデスクトップ仮想製品「VDI-in-a-Box」)。

 Citrixは2010年に米Kaviza Softwareの買収に伴い、VDI-in-a-Boxを獲得した。この製品は中堅・中小企業(SMB)向けだ。だがこれらの企業の多くは、XenDesktopが最も信頼できるVDIソフトウェアだと考えている。さらにややこしいことに、Citrix VDI-in-a-BoxとXenDesktopの間には重複する機能や特徴が幾つかある。

 VDI-in-a-Boxが自社に適しているかどうかを判断するには、SMBユーザーのビジネス上の問題に対処するための機能がVDI-in-a-BoxとXenDesktopではどう違うのかを理解する必要がある。VDI-in-a-Boxの価格、管理機能、サポートなども重要なポイントだ。

XenDesktopとVDI-in-a-Boxの価格

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...