2014年10月15日 10時00分 公開
ニュース

仮想化基盤の運用性を高めたストレージ製品群を発表――NECNEWS

SSD採用によるディスクI/Oの高速化に加えて、業務システムが混在する仮想化基盤の運用性を高める機能を利用できる。

[TechTargetジャパン]
photo iStorage M710

 NECは2014年10月14日、ストレージ製品群「iStorage Mシリーズ」の新モデルの販売を開始した。iStorage Mシリーズは、オプションを付加することでSAN(ストレージエリアネットワーク)/NAS(Network Attached Storage)環境を統合できるブロックストレージ製品。今回、「iStorage M710」「iStorage M710」「iStorage M510」「iStorage M310」「iStorage M110」「iStorage M11e」の5機種を用意した。

 新モデルではSSD(ソリッドステートドライブ)を搭載するなどによって、従来機比でディスクI/Oを最大で4倍高速化した(従来機iStorage M300とiStorage M310の比較)。また、仮想サーバが利用するストレージの論理ディスク単位でI/O性能の上限と下限を設定できる。業務システム単位で論理ディスク群のI/O性能を制御することも可能で、ある業務システムの急激な負荷増大があった場合でも、他の業務システムのパフォーマンスへの影響を抑えることができる。加えて、仮想サーバとストレージのリソースを関連付けて統合管理する機能を利用できるなど、特に業務システムが混在する仮想化基盤の運用性が向上したという。さらにクラウド基盤構築ソフト「OpenStack」によるプライベートクラウド基盤の構築に向けて、OpenStackで構築したクラウド基盤からiStorage Mシリーズへアクセスできるようにするストレージ用ドライバ「Cinder」を提供する。

photo 業務の制御設定時の負荷状況イメージ

 各モデルの概要は以下の通り。

iStorage Mシリーズ一覧
製品名 価格(税別) 出荷開始日 構成
iStorage M710 1705万3000円〜 2014年10月24日 デュアルコントローラー構成本体(8Gbpsファイバーチャネルポート 2個、キャッシュ 96Gバイト、2.5型300Gバイト HDD 3台、ディスクエンクロージャ)、基本制御ソフトウェア
iStorage M510 989万3000円〜 2014年10月24日 デュアルコントローラー構成本体(8Gbpsファイバーチャネルポート 2個、キャッシュ 48Gバイト、2.5型300Gバイト HDD 3台、ディスクエンクロージャ)、基本制御ソフトウェア
iStorage M310 383万4000円〜 2014年10月24日 デュアルコントローラー構成本体(8Gbpsファイバーチャネルポート 2個、キャッシュ 24Gバイト、2.5型300Gバイト HDD 3台)、基本制御ソフトウェア
iStorage M110 85万6000円〜 2014年10月24日 シングルコントローラー構成本体(12Gbps SASポート 4個、キャッシュ 8Gバイト、2.5型300Gバイト HDD 3台)、基本制御ソフトウェア
iStorage M11e 61万5000円〜 2014年10月24日 シングルコントローラー構成本体(12Gbps SASポート 4個、キャッシュ 4Gバイト、2.5型300Gバイト HDD 3台)、基本制御ソフトウェア

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...