拡張性に優れたSMB向けユニファイドストレージ「FAS2240」SMB向けストレージ製品紹介:ネットアップ

ネットアップが2011年11月に発表したSMB向けストレージのエントリー機種「FAS2240」は、高い拡張性や管理の容易性などを実現するユニファイドストレージだ。

2012年03月15日 09時00分 公開
[富永康信,ロビンソン]

高まるユニファイドストレージへのニーズ

 中堅・中小企業(SMB)ストレージに対する課題として、以前から「データ量の増加」「管理者の不足」「IT予算の制約」の3点が指摘されてきた。現在ではそれらに加えて、SMBでも普及してきた「サーバ仮想化環境におけるストレージ統合」に悩む企業が増えている。企業内のサーバを仮想化で集約する場合、そのデータを一元的に管理できるストレージ環境がなければ仮想化のメリットを享受できないからだ。しかし、SAN(Storage Area Network)NAS(Network Attached Storage)などが混在する企業も多く、CIFSやNFS、ファイバーチャネル(FC)、iSCSIといったさまざまなプロトコルに対応するユニファイド(統合型)ストレージへのニーズが高まっている。

 本稿では、ネットアップが2011年11月に発表したSMB向けストレージ製品群「FAS2000シリーズ」の新モデル「FAS2240」を紹介する。同社は2002年、自社のNASプラットフォームにブロック処理機能を追加した製品を発表するなど、マルチプロトコル対応のストレージを提供してきた。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...