2012年02月29日 09時00分 公開
特集/連載

ストレージへの高い投資対効果を目指す「ETERNUS DX S2」シリーズSMB向けストレージ製品紹介:富士通

富士通のSAN対応ディスクアレイのエントリーモデル「ETERNUS DX S2シリーズ」は、ストレージへの投資対効果やデータ保全による業務継続などに注力している。SMBのみならず大規模企業での導入実績もある。

[富永康信,ロビンソン]

スーパーコンピュータ「京」にも採用

 IDCジャパンが2011年5月に発表した「2010年の国内外付型ディスクストレージシステム市場実績」によると、富士通がローエンド外付けRAID分野で国内トップシェアの15.6%を占めたという。同社はSAN(Storage Area Network)対応ディスクアレイ「ETERNUS DXシリーズ」の中堅・中小企業(SMB)向けのエントリーモデル「ETERNUS DX60 S2」「ETERNUS DX80 S2」「ETERNUS DX90 S2」を提供している。

 エントリーモデルではあるものの、SMBのみならず大規模の企業での採用も多い。例えば、ETERNUS DX80は理化学研究所のスーパーコンピュータ「京」に約1000台導入されており、ストレージシステムのコストパフォーマンスの改善などに役立っているという。

 富士通は現在求められているストレージ運用の要件に「効率的でコストを抑えたデータ管理」「データ保全による業務継続」を挙げており、「投資の最適化」「簡単な導入・運用」「業務継続」の3つのキーワードでSMB分野での事業を展開している。ETERNUS DX S2シリーズはそれら3要素をどう実現しているのだろうか。

photo ETERNUS DX60 S2、ETERNUS DX80 S2、ETERNUS DX90 S2(それぞれ2.5インチ)
photo 富士通の荒木氏

 富士通のエントリーモデル3機種はWindowsやLinux、UNIXの各種OSをサポートし、IBMやHPなど富士通以外のUNIXサーバやPCサーバにも接続可能。また、SASやiSCSI、FC(Fibre Channel)、FCoE(Fibre Channel over Ethernet)などの接続インタフェースをサポートしている。それぞれ2.5インチ、3.5インチのディスクに対応する筺体を用意している。

 富士通 プラットフォーム技術本部 プロダクトソリューション技術統括部 シニアディレクターの荒木純隆氏は「従来ミッドレンジ以上のクラスにしか備わっていなかった機能を、エントリークラスのストレージにも提供している。高い投資対効果を得られるのがETERNUS DX S2シリーズのポイント」と語る。

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...