2012年02月10日 09時00分 公開
特集/連載

SMB向け機能とコストのバランスを重視したNAS「ReadyNAS」SMB向けストレージ製品紹介:ネットギアジャパン

中堅・中小企業が取り扱うデータ量が増大する中、NASへの移行を検討する企業が増えている。ネットギアジャパンでは同分野向けに必要な機能と価格とのバランスを考慮したNASの提供を目指している。

[富永康信,ロビンソン]

SMB向けNAS製品シリーズ「ReadyNAS」

 企業で扱うデータ量が年々増大しており、中堅・中小企業(SMB)でもDAS(Direct Attached Storage)やファイルサーバなどを増設し続けるのではなく、NAS(Network Attached Storage)などのストレージ専用機を導入したいという傾向が強まっている(関連記事:加速する中堅・中小企業のNAS導入 その最大の要因は)。

 とはいえ景気低迷が続く今、ストレージへの多大な投資は難しい。そうしたSMB企業が導入しやすい製品の提供を目指しているのがネットギアジャパン(以下、ネットギア)だ。現在、ネットギアはユーザー数が25人規模のエントリークラスから500人規模のミッドレンジクラスまでを中心にストレージ製品のラインアップを充実させている。

 米Netgearは2007年、ReadyNASシリーズの開発元であるInfrantを買収し、本格的にNAS市場に参入した。ネットギアはSMB企業向けのNAS製品として、デスクトップ型の「ReadyNAS Pro」シリーズと、ラックマウント型の「ReadyNAS」シリーズなどを提供している。本稿ではReadyNASシリーズを取り上げる。

 ReadyNASシリーズは、NASとiSCSI SANを同時にサポートするユニファイドストレージ。WindowsやMacintosh、UNIXおよびLinuxなどのクロスプラットフォーム環境に対応する。そのエントリーモデル「ReadyNAS 2100」は、ディスクを4基搭載可能な1Uサイズ。搭載メモリは1Gバイトで、最大データ容量は12Tバイト。また、最上位機種である「ReadyNAS 4200」は、ディスクを12基搭載可能な2Uサイズ。搭載メモリは8Gバイトで、最大データ容量は36Tバイト。

photophoto ReadyNAS 2100(左)とReadyNAS 4200(右)

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...