2015年02月27日 12時00分 公開
特集/連載

レイヤー4の代表的製品「ファイアウォール」基礎の基礎新人IT担当者のためのネットワーク機器入門【第7回】

ネットワークと関連機器に関する「今更聞けない」基礎知識をこっそりおさらいしようというこの連載。今回はレイヤー4で動作する代表的な機器「ファイアウォール」について説明します。

[みやたひろし]

 連載第6回の「即時性か信頼性か、レイヤー4(トランスポート層)のプロトコル『TCP』と『UDP』」では、レイヤー4の代表的なプロトコル「TCP」と「UDP」について説明しました。

 レイヤー4で動作する代表的な機器として「ファイアウォール」があります。ファイアウォールは、IPアドレスとポート番号を使って通信を制御する機器です。あらかじめ設定したルールに従って「この通信は許可、この通信は拒否」というように通信を選別してシステムを守ります。このようなファイアウォールの持つ通信制御機能のことを「ステートフルインスペクション」といいます。ステートフルインスペクションは、通信の許可・拒否を定義する「フィルタリングルール」と通信を管理する「コネクションテーブル」を用いてセキュリティ強度を高めています。以下、それぞれどのように作用しあっているかを説明しましょう。

フィルタリングルールで許可と拒否を定義する

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...

news058.jpg

「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「...

news026.jpg

成長戦略としての「D2C」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...