これだけ押さえておけば十分 レイヤー3のパケット転送を担う「IP」のこと新人IT担当者のためのネットワーク機器入門【第4回】

ネットワークと関連機器に関する「今更聞けない」基礎知識をこっそりおさらいしようというこの連載。今回はレイヤー3の主要な技術である「IP」について学びます。

2015年01月16日 12時00分 公開
[みやたひろし]

 連載第3回の「L2スイッチの要点『MACアドレステーブル」と『VLAN』を理解しよう」では、レイヤー2(データリンク層)で動作するネットワーク機器「L2スイッチ」について説明しました。L2スイッチは「MACアドレステーブル」と「VLAN」の機能を利用して、イーサネットのネットワークを作っています。今回は、レイヤーを1つ上げて、レイヤー3(ネットワーク層)に関連する代表的なプロトコル「IP」について説明します。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...