2014年10月17日 12時00分 UPDATE
特集/連載

IPv4カウントダウン計画の最終局面失敗しないための「IPv6ネットワーク機器購買ガイド」

IPv6への移行に備え、IPv6対応ネットワーク機器に関するサービスプロバイダー向けの指針を解説する。サービスプロバイダーとベンダーがIPv6の機能について同じ認識を持てることが狙いだ。

[Ciprian Popoviciu,TechTarget]

関連キーワード

IPv6 | Facebook | Google


tt_aa_kaigai.jpg

 IPv6は運用環境で使用できるといわれて久しい。だが、IPv6の導入が加速し始めたのは最近のことだ。米Googleは、現在IPv6経由で資産にアクセスしているユーザーは4%程度と見積もっている。また、米国のインターネットユーザーに関しては、8.5%がIPv6にアクセスできると見積もっている。だが、IPv6の導入は9カ月で2倍という勢いで増えている。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...