2011年05月12日 09時00分 公開
特集/連載

IPv6への移行戦略──企業にとって最低限の準備作業とはIPv6移行への成功ポイント

ついに現実問題となってきたIPv4の枯渇。企業がIPv6への移行戦略に向けて留意すべき点とは?

[Irwin Lazar,TechTarget]

 インターネットドメイン管理団体IANAにおいてIPv4の在庫が枯渇したことで、企業にとってIPv6が現実的な課題となってきた。今後1〜2年はIPv6の動向から目を離せない。本稿ではIPv6への移行戦略に向けて企業が留意すべきポイントを紹介する。これらの事前計画作業はIPv6へのスムーズな移行につながる。

 企業のネットワークアーキテクトは、IPv6への移行戦略で何から手をつければいいのだろうか。

関連ホワイトペーパー

IPv6 | ルータ | ドメイン


ITmedia マーケティング新着記事

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...