2011年05月12日 09時00分 公開
特集/連載

IPv6への移行戦略──企業にとって最低限の準備作業とはIPv6移行への成功ポイント

ついに現実問題となってきたIPv4の枯渇。企業がIPv6への移行戦略に向けて留意すべき点とは?

[Irwin Lazar,TechTarget]

 インターネットドメイン管理団体IANAにおいてIPv4の在庫が枯渇したことで、企業にとってIPv6が現実的な課題となってきた。今後1〜2年はIPv6の動向から目を離せない。本稿ではIPv6への移行戦略に向けて企業が留意すべきポイントを紹介する。これらの事前計画作業はIPv6へのスムーズな移行につながる。

 企業のネットワークアーキテクトは、IPv6への移行戦略で何から手をつければいいのだろうか。

関連ホワイトペーパー

IPv6 | ルータ | ドメイン


ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...