いまさら聞けない「準仮想化」と「完全仮想化」の違いとは? 特徴を比較「準仮想化」を理解するためのポイント【前編】

準仮想化は完全仮想化にはないメリットをIT管理者にもたらす。準仮想化と完全仮想化はどう違うのか。それぞれの基本的な特徴を説明する。

2021年12月02日 05時00分 公開
[Stefani MunozTechTarget]

関連キーワード

OS | 仮想マシン(VM) | サーバ仮想化


 仮想化技術の「準仮想化」(Para Virtualization)は、容易なバックアップやシステムの高速移行、インフラの利用効率の向上、電力節約など、一般的な仮想化技術である「完全仮想化」にはないメリットをIT管理者にもたらす。ただしシステムのデータ転送速度を予測できなかったり、ハードウェア互換性に問題が生じたりするといった特有の課題がある。

 準仮想化は仮想化のオーバーヘッドを最小限に抑えることで、管理者が仮想マシン(VM)を十分に活用できるようにする。準仮想化を採用するに当たっては、この技術を正しく理解する必要がある。本稿は準仮想化と完全仮想化の違いを説明する。

いまさら聞けない準仮想化と完全仮想化の違い

 完全仮想化は、ハイパーバイザーがゲストOSを丸ごと抽象化する。そのためゲストOSはハイパーバイザーの存在を認識しない。基本的に一つ一つのVMとそのゲストOSは、それぞれ別のPCであるかのように動作する。

 これにより管理者は複数のゲストOSを利用したり、最新バージョンのゲストOSと古いゲストOSを同時に稼働させたりできる。ただし完全仮想化はハイパーバイザーが実行するハードウェアエミュレーションに依存するため、データ処理速度が低下したり、動作に問題が生じたりする恐れがある。

 完全仮想化のこうした問題点を補うのが準仮想化だ。例えば準仮想化はゲストOSがハイパーバイザーの存在を認識する。これによりゲストOSだけでは制御が難しい複雑な処理をハイパーバイザーで実行可能にする。その結果、データ処理速度と物理インフラの利用率が向上し、データのバックアップや移行、電力消費も効率化できる。

 準仮想化では、管理者がハイパーバイザーに合わせてゲストOSの設定を変更する必要があり、この点がゲストOSの選択肢を大きく狭める可能性がある。ハイパーバイザーとOSとの依存関係が生まれるため、後から互換性の問題が生じることもある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。