2017年03月03日 08時00分 公開
特集/連載

ネットワーク機能仮想化で高まる柔軟性Computer Weekly製品ガイド

固定ネットワークアーキテクチャではもはや、現代のネットワークニーズには対応できなくなった。答えはネットワーク機能仮想化(NFV)にある。

[Steve Evans,Computer Weekly]

 固定されたネットワークアーキテクチャではもはや、現代のネットワークに必要とされる柔軟性は実現できない。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 そこにネットワーク機能仮想化(NFV)の出番がある。ファイアウォールやルーターといったネットワーク機能は、実質的にプロプライエタリなハードウェアから切り離されて、x86ハードウェア上の仮想マシンを通じて管理される。新しいサービスやアプリケーションは必要に応じて導入でき、ネットワークの柔軟性とアジャイル性が大幅に高まる。コモディティハードウェアによってコストも削減できる。

SDNとの類似点

 これはソフトウェア定義ネットワーク(SDN)と非常によく似ている。この2つは相互に補完し合い、重複する部分も多いが、実質的な違いがある。SDNはネットワークそのものに重点が置かれるのに対し、NFVはネットワーク上で運営する負荷分散やファイアウォール、侵入検知システム(IPS)といったコンポーネントに関わるものだ。いずれか一方のみを使うことも可能だが、併用した方がいいと言って間違いはないだろう。

 NFVで実現できるメリットは、

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...