2017年03月03日 08時00分 公開
特集/連載

ネットワーク機能仮想化で高まる柔軟性Computer Weekly製品ガイド

固定ネットワークアーキテクチャではもはや、現代のネットワークニーズには対応できなくなった。答えはネットワーク機能仮想化(NFV)にある。

[Steve Evans,Computer Weekly]

 固定されたネットワークアーキテクチャではもはや、現代のネットワークに必要とされる柔軟性は実現できない。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 そこにネットワーク機能仮想化(NFV)の出番がある。ファイアウォールやルーターといったネットワーク機能は、実質的にプロプライエタリなハードウェアから切り離されて、x86ハードウェア上の仮想マシンを通じて管理される。新しいサービスやアプリケーションは必要に応じて導入でき、ネットワークの柔軟性とアジャイル性が大幅に高まる。コモディティハードウェアによってコストも削減できる。

SDNとの類似点

 これはソフトウェア定義ネットワーク(SDN)と非常によく似ている。この2つは相互に補完し合い、重複する部分も多いが、実質的な違いがある。SDNはネットワークそのものに重点が置かれるのに対し、NFVはネットワーク上で運営する負荷分散やファイアウォール、侵入検知システム(IPS)といったコンポーネントに関わるものだ。いずれか一方のみを使うことも可能だが、併用した方がいいと言って間違いはないだろう。

 NFVで実現できるメリットは、

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...