名古屋トヨペットがシスコのUCを導入し、電話料金の約10%を削減NEWS

IP電話2300台以上を導入し、電話料金全体の約10%を占める本社・店舗間通話コストをゼロに。既存CRMシステムとも緊密に連携している。

2008年07月22日 16時58分 公開
[TechTargetジャパン]

 シスコシステムズは7月22日、トヨタ系列の自動車ディーラーである名古屋トヨペットが、シスコのユニファイドコミュニケーション(UC)を導入したことを発表した。導入したIP電話は2300台以上、既存のCRMシステム「NOA(Network Organization Assist System)」と緊密に連携している点も特徴。

 今回導入したシステムでは、「Cisco Unified CallManager」や「Cisco Unity」、QoSルータなどで構成されるUCシステムを、ボイスゲートウェイ経由で公衆交換電話網と接続している。

画像 名古屋トヨペットネットワーク構成イメージ

 同UCの導入により、IP電話の番号はすべての担当者に「個人番号」として割り当てられる。そのため、顧客からの電話を担当者が直接受けることができ、外出時には着信を携帯電話に転送することも可能になった。既存CRMシステムNOAとの連携では、PCの画面に表示された電話番号をクリックするだけで発呼できる「クリックトゥダイヤル」と呼ばれる仕組みや、取引履歴がある顧客から着信があると自動的に顧客情報が表示される仕組みも実現している。また、本社・店舗間の通話をIP化することにより、電話料金全体の約10%を占める本社・店舗間通話コストがゼロになるなど、コミュニケーションコストの削減も実現している。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。