2012年08月13日 08時00分 公開
特集/連載

MSがデスクトップ仮想化の3Dグラフィックス機能を大きく改良MicrosoftのRemoteFX改良をめぐる賛否【後編】

Windows Server 2012で改良されたデスクトップ仮想化の3Dグラフィックス機能「RemoteFX」は、パフォーマンス改良だけでなくRemoteFX全体のインフラ簡素化と管理機能の改善も施した。

[Bridget Botelho,TechTarget]

 前編「ユーザー失望! VDI環境の3Dグラフィックス改良版はWindows 8が必須に」では、米MicrosoftがRemoteFXを改良したものの、OS全体のアップグレードが必要であることについて、ユーザーや調査会社からの不満を記事にした。後編では、RemoteFXで具体的にどのような改善がなされたのかを紹介する。

RemoteFXのパフォーマンス改善

 Microsoftによると、新しいRemoteFXはWAN上でのリモートデスクトップパフォーマンスを改善し、ホスト側のコストを削減し、新しいコーデックによって帯域要求を減少させるという。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...

news157.jpg

自粛期間中の3大ストレスは「マスク着用」「運動不足」「外食ができない」――サイバーエージェント調査
サイバーエージェント次世代生活研究所が全国3094人を対象に実施した意識調査第2弾。