2012年02月20日 09時00分 公開
特集/連載

VDIでHDエクスペリエンスを提供するWindows Server 8の2つの機能Microsoft VDIのRDPを改善する

Windows Server 8では、Remote Desktop Session HostとRemoteFXの組み合わせにより、VDI環境においてデータ転送プロトコルやコネクションブローカーを頼らずに高解像度エクスペリエンスを体験できる。

[Frank Ohlhorst,TechTarget]

 Hyper-V、Terminal Server、Remote Desktop Protocol(RDP)の各技術を組み合わせれば、米Microsoftは有力な仮想デスクトップインフラ(VDI)スイートを開発する基盤を手に入れることができる。同社はWindows Server 8でRDPを改善することにより、この狙いをついに実現できそうだ。

 Microsoftのデスクトップ仮想化製品を結び付けるための要となる技術がRDPだ。これは仮想PCのI/Oをエンドポイントに配信する役割を担うディスプレープロトコルである。このプロトコルを改良することにより、Microsoftはサーバでホストされる仮想デスクトップのパフォーマンスを大幅に強化できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

「エシカル」に積極的な企業は「良い印象」が9割以上――トレンダーズ調査
今後ますます注目が集まると考えられる「エシカル消費」。年代や性別ごとの意識の違いや...

news157.jpg

国内コネクテッドテレビ広告市場、2020年は102億円規模に――SMNとデジタルインファクト調査
テレビ同様の視聴体験を提供しつつインターネット広告同様に計測可能な国内コネクテッド...

news127.jpg

GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しま...