VDIでHDエクスペリエンスを提供するWindows Server 8の2つの機能Microsoft VDIのRDPを改善する

Windows Server 8では、Remote Desktop Session HostとRemoteFXの組み合わせにより、VDI環境においてデータ転送プロトコルやコネクションブローカーを頼らずに高解像度エクスペリエンスを体験できる。

2012年02月20日 09時00分 公開
[Frank Ohlhorst,TechTarget]

 Hyper-V、Terminal Server、Remote Desktop Protocol(RDP)の各技術を組み合わせれば、米Microsoftは有力な仮想デスクトップインフラ(VDI)スイートを開発する基盤を手に入れることができる。同社はWindows Server 8でRDPを改善することにより、この狙いをついに実現できそうだ。

 Microsoftのデスクトップ仮想化製品を結び付けるための要となる技術がRDPだ。これは仮想PCのI/Oをエンドポイントに配信する役割を担うディスプレープロトコルである。このプロトコルを改良することにより、Microsoftはサーバでホストされる仮想デスクトップのパフォーマンスを大幅に強化できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...

news096.jpg

Googleの「サーチトランスフォーメーション」で広告はどう変わる?
Googleは広告主向けの年次イベント「Google Marketing Live 2024」において、広告やコマ...

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...