2012年02月20日 09時00分 公開
特集/連載

VDIでHDエクスペリエンスを提供するWindows Server 8の2つの機能Microsoft VDIのRDPを改善する

Windows Server 8では、Remote Desktop Session HostとRemoteFXの組み合わせにより、VDI環境においてデータ転送プロトコルやコネクションブローカーを頼らずに高解像度エクスペリエンスを体験できる。

[Frank Ohlhorst,TechTarget]

 Hyper-V、Terminal Server、Remote Desktop Protocol(RDP)の各技術を組み合わせれば、米Microsoftは有力な仮想デスクトップインフラ(VDI)スイートを開発する基盤を手に入れることができる。同社はWindows Server 8でRDPを改善することにより、この狙いをついに実現できそうだ。

 Microsoftのデスクトップ仮想化製品を結び付けるための要となる技術がRDPだ。これは仮想PCのI/Oをエンドポイントに配信する役割を担うディスプレープロトコルである。このプロトコルを改良することにより、Microsoftはサーバでホストされる仮想デスクトップのパフォーマンスを大幅に強化できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...