2011年03月24日 09時00分 公開
特集/連載

Windowsファイルサーバのスプロール対策で使えるファイル仮想化ソフトウェアファイル仮想化ソフトウェア3製品比較

ファイル仮想化をWindowsファイルサーバのスプロール(無秩序な増殖)対策として利用する手法を紹介する。

[Marc Staimer,TechTarget]

 ファイルサーバNAS(Network Attached Storage)を管理したことがある人は大抵、これらの技術のシンプルさと手軽さを気に入っているはずだ。多くの中堅・中小企業(SMB)がこれらを共有ストレージとして利用しているのはそのためだ。皆さんの多くも、これらを「D」ドライブや共有ドライブとして使っていることだろう。

 しかし、多くのファイルサーバをネットワークに追加すると、ファイルサーバのストレージを利用する非構造化データやアプリケーションの管理が煩雑になる。データの負荷分散や、システム間での頻繁なデータ移行が必要になる上、それらを行っても、やはりストレージの利用に偏りが生じてしまうからだ。システムを個別に管理しなければならず、ストレージシステムごとに電力、冷却、インフラのコストが掛かる。また、古いデバイスのメンテナンスは、新しいデバイスよりも頻繁に行う必要があり、コストが高くつく。

 この問題の解決策としては、スケーラブルなNASシステムを購入し、ファイルサーバを集約する方法や、従量課金制のNASサービスを導入する方法がある。だが、ファイル仮想化ソフトウェアを詳しく検討することで、より良い選択肢が得られるかもしれない。Windowsファイルサーバのスプロールに対処するためのファイル仮想化ソフトウェアとして、以下のようなものがある。

関連ホワイトペーパー

サーバ | Windows DRM | Windows Mobile | ストレージ | 仮想化 | NAS


ITmedia マーケティング新着記事

news163.jpg

Tableau調査と三井住友海上の事例に学ぶ コロナ禍でも強いデータドリブン組織をどう作るか
データを大切にし、従業員がデータにアクセスしてデータに基づいた経営判断ができる組織...

news092.jpg

営業デジタル化の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...