Hyper-V管理ツールとバックアップアプライアンスの活用でストレージ使用量を削減Hyper-Vを管理する3つのサードパーティー製品

ストレージ使用量を削減するために、Microsoftの「クラスターシェアードボリューム(CSV)機能」と、サードパーティー製Hyper-V管理ツールについて紹介する。

2010年07月12日 08時00分 公開
[Rob McShinsky,TechTarget]

 サーバ仮想化は、サーバ設置スペースやサーバ電力、コストを削減し、管理を簡素化する効果的な方法だ。しかし、こうしたさまざまなメリットの一方で、非常に非効率な点もある。仮想マシン(VM)の格納とバックアップ用のディスクストレージの必要量が増加の一途をたどることだ。

 Hyper-Vの管理では、この問題に対処するための選択肢が幾つかある。Microsoftの「クラスターシェアードボリューム(CSV)機能」と、サードパーティー製Hyper-V管理ツールだ。サードパーティーツールは、Microsoftの標準的な製品を上回る魅力的なメリットを提供する。

 本稿では、筆者が使った経験のある幾つかのHyper-Vツールにスポットを当てる。これらの製品を開発した企業は、仮想サーバ環境におけるストレージに関する問題の軽減にも取り組んでいる。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。