Windows Server 2008 R2におけるDFSの強化点トラブルシューティングも容易に

Windows Server 2008 R2におけるDFSのスケーラビリティ強化機能は、多数のブランチオフィスを持つ組織にうってつけだ。

2010年05月07日 08時00分 公開
[Brien M. Posey,TechTarget]

スケーラビリティの強化

 分散ファイルシステム(DFS)は、Windows Serverの一部として長年提供されており、時間とともに成熟してきたがスケーラビリティの問題がまだ多少残っている。

 例えばDFSは大規模環境での運用に対応できるが、展開規模が拡大すると、システムの構成、管理、トラブルシューティングが急激に複雑になる。

 幸い、MicrosoftWindows Server 2008 R2(以下、R2)でこうしたスケーラビリティやトラブルシューティングの問題に対処している。

 R2におけるDFSのスケーラビリティ強化機能は、多数のブランチオフィスを持つ組織にうってつけだ。

 こうした組織はハブアンドスポークトポロジを採用していることが多い。この場合、DFSサーバが本社(ハブ)に置かれ、その内容がブランチオフィスの小規模なDFSサーバにレプリケートされる。

 このタイプのアーキテクチャの問題は、本社のDFSサーバで深刻な障害が発生した場合、すべてのブランチオフィスが影響を受ける恐れがあることだ。

 レプリケーショントポロジの構成によっては、本社で追加レプリカを作成することが1つの解決策だろうが、こうした追加レプリカからブランチオフィスに更新をプッシュできない可能性もある。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。