2009年10月22日 07時30分 公開
特集/連載

Windows Server 2008 R2導入に向けキャパシティープランニングを再考する64ビット技術を生かす

Windows Server 2008 R2ではプロセッサ要件がx64とItaniumプラットフォームに限定されている。そのため導入に当たっては、キャパシティープランニングをあらためて検討する必要がある。

[Gary Olsen,TechTarget]

 「Windows 7」と「Windows Server 2008 R2」が先ごろ製造工程向けにリリースされたのに伴い、企業のITマネジャーは、いずれ新OSへのアップグレードが避けられないという前提に立ち、将来のキャパシティープランニングを検討する必要がある。

 これらの新しいOSプラットフォームは、従来版とは異なるコードツリーをベースとしているため、それらが動作するハードウェアにも影響する。

 Windows Server 2008/2008 R2の基本的なハードウェア要件を表1に示す。これらの要件はほとんど共通だが、最も重要な違いは、Windows Server 2008 R2ではx64(64ビット)Itaniumプラットフォームに限定されているということだ。このため、IT部門でもその点を考慮したプランニングが必要だ。Microsoftによると、今後はx86(32ビット)用サーバ製品を開発する予定はないということだ。Exchange Server 2007以降の製品はx64プラットフォーム上でのみ動作し、今回のリリースも64ビット化に向けた方針に沿ったものだといえる。この新しい64ビット要件により、Windows Server 2008 R2の導入準備を進めているITマネジャーはハードウェアプランニングの戦略を策定する必要がある。

Windows Server 2008のハードウェア要件
コンポーネント 要件
プロセッサ 1.4GHz以上のx64プロセッサ
※ Windows Server 2008 for Itanium-based SystemsにはItanium 2プロセッサが必要
メモリ 最小:512MB
最大:8GB(Foundation)、32GB(Standard、Enterprise、Data Center、Itanium-based Systems)
ディスク空き容量 32GB以上(メモリが16GB以上の場合は10GB以上)

Windows Server 2008 R2のハードウェア要件
コンポーネント 要件
プロセッサ 1GHz以上のx86プロセッサあるいは1.4GHz以上のx64プロセッサ
※ Windows Server 2008 for Itanium-based SystemsにはItanium 2プロセッサが必要
メモリ 最小:512MB
最大:
x86:4GB(Standard)、64GB(Enterprise、Data Center)
x64:8GB(Standard)、32GB(Foundation)、2TB(Enterprise、Data Center、Itanium-based Systems)
ディスク空き容量 x86:20GB以上
Foundation:10GB以上
x64:32GB以上
(メモリが16GB以上の場合は10GB以上)
MB:Mバイト、GB:Gバイト、TB:Tバイト

 新しい64ビット技術は、ハードウェアへの投資の効果を最大化する可能性が非常に高い。この数年、ハードウェア技術は32ビット技術を追い越している。32ビットアーキテクチャには、2の32乗バイト(4Gバイト)の物理メモリまでしか扱えないという制約があるからだ。サーバでは容易に4Gバイトの何倍ものメモリ構成にすることができるが、32ビット技術ではOSが物理リソースを利用する能力を制限してしまうのだ。

 このため、例えば16Gバイトの物理メモリを搭載したシステムであっても、32ビット技術では4Gバイトのメモリまでしか認識することができない。OSやアプリケーションから出された命令は、物理メモリのアドレス空間に格納する場所がなくなれば、仮想メモリのアドレス空間に格納される。これは「ページファイル」(ディスク上に存在するファイル)を使って実現される。物理メモリにページファイルを加えたものを「仮想メモリ」と呼ぶ。

 ページファイルに格納された命令を実行するには、その命令を物理アドレスに移動しなければならず、そのための場所を確保するために、既存の命令を物理アドレスの外に移す必要がある。この処理は「ページング」と呼ばれ、物理メモリから命令を直接実行するよりもパフォーマンスが低くなる。認識可能なメモリを増やすテクニックも存在するが、これは借金して借金を返すようなもので、ページングが頻繁に発生することになる。

 一方、64ビットアーキテクチャでは、2の64乗バイト(16エクサバイト)の物理メモリを認識することができる。このため、アプリケーションとOSの機能を物理メモリにロードすることが可能になり(十分な物理メモリを搭載している場合)、これによって大幅な高速化を実現できる。

 x64技術では32ビットのWindowsを実行することも可能だが、広大なメモリ空間を利用するには64ビットのWindowsが必要だ。搭載メモリが4Gバイト以下であれば、32ビットWindowsを使っても構わない。32ビットアプリケーションは、64ビットのWindows上でもWOW(Windows on Windows)と呼ばれるエミュレーションモードで動作するということも指摘しておく必要がある。この場合、32ビットプラットフォーム上よりも少し高速に動作する可能性もあるが、それはアプリケーション次第だ。64ビット技術の利点を生かすには、アプリケーションもx64プラットフォーム用に書かれていなければならない。なお、16ビットアプリケーションはx64プラットフォーム上では動作しない。

 大量のメモリを消費することで不評を買ってきたExchange Serverももちろん、64ビットアーキテクチャの利点を生かすことができ、ドメインコントローラー(DC)と仮想サーバ技術も恩恵を受ける。NTDS.dit(Active Directoryデータベース)全体をメモリに格納するように64ビットのDCを設定することも可能であり、そうすれば大規模なActive Directory(AD)環境でDCのパフォーマンスが大幅に改善する。1台の物理ホスト上で複数のサーバを動作させる仮想サーバ技術でも大量の物理メモリを利用でき、より多くの仮想マシンをホスト上に置くことが可能になる。これは物理マシンの利用効率の改善にもつながる。

良いことずくめではない

 こういったアドバンテージを提供するx64技術だが、すべてのパフォーマンス問題を解決するわけではない。CPU速度やディスクI/Oといった要因もパフォーマンスに影響するからだ。しかしWindows Server 2008は、32ビット技術をベースとした最後のバージョンになる。

 2008 R2の導入に伴う問題点を挙げてみよう。

  • 32ビット版Windows Server 2008からアップグレードできない(注記:各種のx86版Windowsからx64版へのアップグレードオプションは存在しない。このため、DCを移行するのに困難が伴う)
  • Windows Server 2008 R2のDCの導入に際してADのスキーマをアップグレードする必要がある
  • 新しいサービスパックとセキュリティアップデートが必要になる。このため、変更管理が煩雑になる。Windows Server 2003/2008/2008 R2のそれぞれに対応したパッチとサービスパックを管理しなくてはならないからだ
  • x64技術の制約により、16ビットのレガシーアプリケーションはWindows Server 2008 R2上で動作しない。これらのアプリケーションを引退させる良い機会になるかもしれない
  • x64技術だからといって、すべてのアプリケーションで大幅なパフォーマンス改善を実感できるわけではない。ベンチマークテストで確認する必要がある
  • もちろんWindows Server 2008 R2では、プロダクトアクティベーションが必要とされる

 次に、Windows Server 2008 R2を導入するメリットを挙げる。

  • 64ビットのメモリ空間のメリットは先に述べた通りだ。これにより、Windowsとアプリケーションはサーバに搭載されたすべてのメモリを利用できる
  • Windows Server 2008のフェイルオーバークラスタリングの改善
  • Hyper-V仮想化機能の改善
  • 多数の新しいADコマンドレットが追加されたPowerShell V2
  • ADの改善(ADリサイクルビン、新しい管理ツールなど)
  • BranchCacheやDirectAccess(リモートアクセス機能、Windows 7に対応)などの新機能の追加。DirectAccessとVPNの改善は、企業のリモートアクセス環境に大きな経済的メリットをもたらす可能性がある

 つまりWindows Server 2008 R2は、将来のWindows環境につながる新しいOSバージョンだということだ。キャパシティープランを策定するに当たっては、64ビット技術に向けた会社のロードマップを検討することが肝要だ。適切なキャパシティープランニングにより、特に仮想環境においてアプリケーションパフォーマンスとハードウェア利用率の改善が期待できる。

本稿筆者のゲーリー・オルセン氏は、Hewlett-Packard(HP)のGlobal Solutions Engineering部門のシステムソフトウェアエンジニア。著書に「Windows 2000: Active Directory Design and Deployment」、共著書に「Windows Server 2003 on HP ProLiant Servers」がある。Microsoft MVP for Directory Servicesを受賞しており、Microsoft MVP for Windows File Systemsの受賞経験もある。


ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...