2021年07月15日 05時00分 公開
特集/連載

新たな仮想化「データ仮想化」とは? 主要ツールの機能を整理データ仮想化ツールの機能と主要5製品【前編】

「データ仮想化」とは、どのような技術なのか。データ仮想化ツールはどのような機能を持つのか。製品の理解と選定に役立つ基礎知識をまとめた。

[Brien Posey,TechTarget]

関連キーワード

データ | データ統合


 多様化し続けるデータの活用に威力を発揮する技術が「データ仮想化」だ。データ仮想化は、異なる場所にある複数のデータソースや、異なるデータフォーマットのデータを、1つの仮想的なデータソースに集約し、データ統合を実現する。データ仮想化は、企業のデータマネジメントを簡素化し、コスト削減に貢献し得る。

 企業には幾つかのデータサイロ(利用する業務や部門ごとに特化したデータソース)がある。こうしたデータサイロはたいてい、大規模なデータリポジトリにひも付いたアプリケーションという形で存在し、他のアプリケーションから隔離されている。データ仮想化ツールを使えば、企業はこれらのデータサイロを仮想的に集約し、企業内の全てのデータを見かけ上、1つの場所にまとめることができる。これによって他のアプリケーションがデータサイロ内のデータを有効活用しやすくなる。

 データ仮想化は、一元化されたデータリポジトリへのリンクとしてデータの「仮想コピー」を生成する。そのため企業はデータの物理コピーを都度取得する必要がなくなり、ストレージコストを削減しやすくなる。企業全体でデータの一貫性を高めるのにも役立つ。

「データ仮想化」ツールの主な機能とは

 データ仮想化ツールは、製品によって機能や特徴が異なる。企業はデータ仮想化ツールを購入する際に、以下の機能が必要かどうかを考慮するとよい。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。