いまさら聞けない「電話会議」「Web会議」の違い 映像の有無だけではない?コロナ時代のコミュニケーションツール選び

コロナ禍の中で欠かせなくなった遠隔会議。その代表的な手段が電話会議システムとWeb会議ツールだ。両者はどう違い、スムーズな会議のためにはどちらを選べばいいのか。それぞれの特徴や利点を簡潔にまとめた。

2021年07月15日 05時00分 公開

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)によって在宅勤務などのテレワークが急拡大し、電話会議システムとWeb会議ツールのビジネス利用が活況を呈している。電話会議システムとWeb会議ツールは両方とも便利な遠隔会議手段だが、それぞれ長所と短所がある。電話会議システムとWeb会議ツールの違いを整理し、どちらを選択すればよいのかを考えよう。

電話会議システムとは:「声だけ」というシンプルさを貫く

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...