2012年05月11日 09時00分 UPDATE
特集/連載

通信障害の多発であらためて脚光【製品動向】仮想化対応や障害分析の強化が進む「ネットワーク管理製品」

ネットワークの安定運用に欠かせないのが、性能監視や構成管理機能を持つ「ネットワーク管理製品」だ。本稿は、ネットワーク管理製品を取り巻く最新トレンドを紹介する。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 ネットワークの性能監視や構成管理の効率化に役立つのが「ネットワーク管理製品」である。運用管理製品の市場動向に詳しいIDC Japanの入谷光浩氏は、「仮想化技術の普及などにより、ネットワーク管理製品に注目が集まりつつある」と語る。

 本稿は入谷氏の話を基に、ネットワーク管理製品の市場動向や機能強化のトレンドを解説する。

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...