2012年07月31日 08時00分 公開
特集/連載

マルチハイパーバイザー管理ツールがデスクトップ仮想化を後押しするわけハイパーバイザーのコモディティ化

仮想化管理ツールのマルチハイパーバイザー対応が進んでいる。それはつまり、仮想デスクトップインフラにおいても、1つのプラットフォームに縛られる必要がないこと示している。

[Frank Ohlhorst,TechTarget]

 適切なハイパーバイザーの選択は、VDI(仮想デスクトップインフラ)プロジェクトの重要なステップである。だが、マルチハイパーバイザーに対応する管理ツールの普及が進んでいるため、VDIの展開において複数ベンダーの技術を採用しやすくなっている。

 多くの選択肢から、VDIのハイパーバイザーをどう選べばよいか。IT担当者は、互換性、OSサポート、表示プロトコルなどの要素を重視してプラットフォームを選ぶ。しかし、今ではマルチハイパーバイザー環境を実現できるため、ハイパーバイザーは高度な機能や性能を持ちながらも、ほとんどコモディティ化しているといえるかもしれない。だとすれば、どのハイパーバイザーを選ぶかは、重要ではなくなってきている。現在の管理ツールが、さまざまなベンダーの多種多様なハイパーバイザー技術をサポートしていることが背景にある。

ハイパーバイザー技術の進化

 サードパーティーベンダーは、自社製品とさまざまなハイパーバイザーの統合を可能にする方法論を導入し始めている。すなわち、サーバやデスクトップの仮想化に必要な(仮想マシンの作成や管理などのための)管理製品において、特定のハイパーバイザーをサポートするアプローチからの転換が始まっているわけだ(また、こうした動きに伴い、ハイパーバイザーベンダーは、他の技術との統合を実現するAPIやその他の仕組みをオープン化するようになっている。これは、業界における統合、管理、制御技術の標準化に役立っている)。

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想につい...

news126.jpg

コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。