2012年07月31日 08時00分 公開
特集/連載

マルチハイパーバイザー管理ツールがデスクトップ仮想化を後押しするわけハイパーバイザーのコモディティ化

仮想化管理ツールのマルチハイパーバイザー対応が進んでいる。それはつまり、仮想デスクトップインフラにおいても、1つのプラットフォームに縛られる必要がないこと示している。

[Frank Ohlhorst,TechTarget]

 適切なハイパーバイザーの選択は、VDI(仮想デスクトップインフラ)プロジェクトの重要なステップである。だが、マルチハイパーバイザーに対応する管理ツールの普及が進んでいるため、VDIの展開において複数ベンダーの技術を採用しやすくなっている。

 多くの選択肢から、VDIのハイパーバイザーをどう選べばよいか。IT担当者は、互換性、OSサポート、表示プロトコルなどの要素を重視してプラットフォームを選ぶ。しかし、今ではマルチハイパーバイザー環境を実現できるため、ハイパーバイザーは高度な機能や性能を持ちながらも、ほとんどコモディティ化しているといえるかもしれない。だとすれば、どのハイパーバイザーを選ぶかは、重要ではなくなってきている。現在の管理ツールが、さまざまなベンダーの多種多様なハイパーバイザー技術をサポートしていることが背景にある。

ハイパーバイザー技術の進化

 サードパーティーベンダーは、自社製品とさまざまなハイパーバイザーの統合を可能にする方法論を導入し始めている。すなわち、サーバやデスクトップの仮想化に必要な(仮想マシンの作成や管理などのための)管理製品において、特定のハイパーバイザーをサポートするアプローチからの転換が始まっているわけだ(また、こうした動きに伴い、ハイパーバイザーベンダーは、他の技術との統合を実現するAPIやその他の仕組みをオープン化するようになっている。これは、業界における統合、管理、制御技術の標準化に役立っている)。

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...