2020年11月05日 10時00分 公開
PR

3 Tier構成の仮想化基盤を“シンプル化”、ベルーナがHCI移行で得た効果とは?日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー

長年にわたるインフラの増設と拡張により、仮想化基盤の保守更新の負荷が高まり、運用も属人化していたベルーナ。この課題を解消すべく、同社はインフラのシンプル化を目指して、3Tier環境からHCIへの移行を決断する。

[ITmedia]

 総合通販事業を中核に、多角的に事業を展開するベルーナ。同社では、早くから顧客データを分析し、個々の顧客にマッチしたサービスや製品の提案に役立てるなど、ビジネスとITの一体化を積極的に推進してきた。そうした背景もあって、10年ほど前から、多岐にわたる業務システムの仮想化を進めている。

 しかし、長年にわたり増設と拡張を繰り返してきたインフラは複雑化を極め、五月雨式に発生する保守更新への対応を、毎年のように迫られる状態となっていた。加えて、運用の属人化やVDIの性能劣化なども大きな問題となっていたという。そこで同社は、仮想化基盤のインフラを刷新し、シンプル化することを決断。3Tier環境から、オールインワン型のHCIへと移行することになった。

 HCI導入によって、IT部門の日常的な運用管理工数を20分の1に削減し、業務システムやVDIの性能も大幅に向上するなど、さまざまなメリットを得ている同社。また最小のダウンタイムで旧システムからスムーズに移行できたのは、ベンダーからのサポートも大きかったという。同社の仮想化基盤刷新の秘訣を、本資料で詳しく見ていこう。