2011年10月06日 09時00分 公開
特集/連載

デスクトップ仮想化によって年間25万ドルを削減したカレッジの事例デスクトップ仮想化の導入戦略と課題(後編)

カナダの金融会社と米コミュニティーカレッジのデスクトップ仮想化導入事例。これからデスクトップ仮想化を導入する企業に向けて、仮想化の適用範囲やライセンス、総コストなど多くのアドバイスを紹介する。

[Christina Torode,TechTarget]

 本稿では、企業がデスクトップ仮想化技術をどのように導入するべきかに焦点を当て、導入で直面するさまざまな課題について掘り下げる。前編「医療保険会社に聞いた、デスクトップ仮想化の導入で苦労した点」に続き、後編でも2つの事例を紹介する。

デスクトップ仮想化の段階的アプローチ

 カナダのManulife Financialでインフラ管理担当アシスタント副社長を務めるエリオ・ベニンカサ氏によると、デスクトップ仮想化はサーバの仮想化から始め、アプリケーションの仮想化へ進化し、ここ数年のうちにManulifeの企業規模に十分対応できるだけの安定した技術に成熟したという。

 1部門からスタートした仮想化インフラ(VDI)への投資は、コールセンターなどのプロセスワーカーや、インハウスおよびオフショアアプリケーション開発者、一部の管理および運用スタッフをサポートする必要性が高まったことが背景にある。それと同時に、ベニンカサ氏はコールセンターのユーザーやアプリケーション開発者がアプリケーションにアクセスしたとき、一貫したルック&フィールを得られるようにすることも要求された。

 最大のチャレンジは、ユーザーがWindows XP SP1/SP2を利用していたのに対し、一部の開発作業がWindows Server 2000/2003で行われていたことだった。ベニンカサ氏は、複数のシステムの管理と保守を簡素化する方法を発見し、どのようなプラットフォームを利用しているかにかかわらず、アプリケーションを利用するユーザーに一貫した体験を提供しなければならなかった。VDIは、その両方を可能にするものだった。

 「VDIによって多くのプラットフォームに、またオフショア開発者からコールセンターのユーザーまでの多くのユーザーに、一貫したルック&フィールを提供できるようになった」とベニンカサ氏はGartnerのカンファレンスのプレゼンテーションで強調した。「もう1つの利益は、トレーニングがシンプル化されたことだ。各プラットフォームへの新しいOSやアプリケーションの導入もかなり容易になった」

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...