2012年06月11日 09時00分 公開
特集/連載

Microsoftのアプリケーション仮想化ツール「App-V 5.0」の新機能具体的な発売時期は未定だが

Microsoftが2012年4月初めに発表したアプリケーション仮想化ツール「Application Virtualization(App-V)」の新機能を紹介する。仮想化されたアプリケーションでも物理マシンと同等の性能が得られるという。

[Bridget Botelho,TechTarget]

 米Microsoftは2012年4月初めに、アプリケーション仮想化ツール「Application Virtualization(App-V)」の新版を発表した。新版となるバージョン5.0では統合を強化し、仮想化されたアプリケーションでも、物理マシンにインストールした場合と同等のパフォーマンスが得られるようになった。また、ストレージ要件を軽減する新機能や、柔軟なWebベースの管理インタフェースも導入される。

 App-V 5.0は、現在β版テストの段階だ。App-VはアプリケーションをパッケージングしてOSから分離し、オンラインであるかどうかや端末の種類を問わずにアプリケーションを配布できるようにするツールで、Microsoft Desktop Optimization Pack(MDOP)のコンポーネントの1つだ。

 米調査会社IDCのアナリスト、ブレット・ウォルドマン氏は「Microsoftは(App-V 5.0によって)アプリケーション仮想化を阻んでいた要素の幾つかを解消している」と話す。

 「App-V 5.0を使うと、アプリケーションはネイティブ(物理マシン)にインストールされているかのように動く。前バージョンと比べると、驚くこと請け合いだ」とウォルドマン氏は言う。

App-V 5.0の新機能

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...