2022年02月25日 05時00分 公開
特集/連載

「ストレージ仮想化」と「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)の主な違いとは?「ストレージ仮想化」の種類と選び方【番外編】

企業が「ストレージ仮想化」製品の導入を検討する際、比較対象となり得るのが「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)製品だ。両者は何が違うのか。簡潔に紹介する。

[Jessica Lulka,TechTarget]

 前編「ストレージ仮想化の『ファイルレベル』『ブロックレベル』の違いとは?」と中編「ストレージ仮想化の『ホストベース』『アレイベース』『OSベース』『ファイルシステムベース』『ネットワークベース』の違いとは?」、後編「『ストレージ仮想化』製品選定に失敗しない選び方のポイントとは?」の3回にわたり、「ストレージ仮想化」製品を選ぶ際のポイントを説明してきた。ストレージ仮想化製品の導入を検討する企業にとって、比較対象となり得る製品分野に「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)がある。本稿はストレージ仮想化とSDSの違いを簡潔に整理する。

「ストレージ仮想化」「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)の違いをざっくり理解

 ストレージ仮想化とSDSは同じ技術ではない。この2つの技術は、ストレージへのアクセス手段の提供方法と初期化の方法が異なる。

 1つまたは複数の物理的なストレージをまとめ、1つのストレージとして利用できるようにするのがストレージ仮想化だ。ストレージアレイに管理ポリシーを実装したり、仮想マシン(VM)のストレージ制御機能を強化したりして、データ読み書き速度を向上させることができる。ストレージ仮想化製品によっては、データ管理の自動化も実現する。

 SDSは、ストレージ仮想化ではハードウェア層で実行する重複排除とスナップショットの機能を、ソフトウェアで実現する。ストレージの冗長性や容量の確保、データ読み書き速度の向上もソフトウェアが担う。古いストレージを交換したり、新しいストレージを追加したりするときに、無停止かつ容易に実行できる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...