「ストレージ仮想化」と「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)の主な違いとは?「ストレージ仮想化」の種類と選び方【番外編】

企業が「ストレージ仮想化」製品の導入を検討する際、比較対象となり得るのが「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)製品だ。両者は何が違うのか。簡潔に紹介する。

2022年02月25日 05時00分 公開
[Jessica LulkaTechTarget]

 前編「ストレージ仮想化の『ファイルレベル』『ブロックレベル』の違いとは?」と中編「ストレージ仮想化の『ホストベース』『アレイベース』『OSベース』『ファイルシステムベース』『ネットワークベース』の違いとは?」、後編「『ストレージ仮想化』製品選定に失敗しない選び方のポイントとは?」の3回にわたり、「ストレージ仮想化」製品を選ぶ際のポイントを説明してきた。ストレージ仮想化製品の導入を検討する企業にとって、比較対象となり得る製品分野に「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)がある。本稿はストレージ仮想化とSDSの違いを簡潔に整理する。

「ストレージ仮想化」「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)の違いをざっくり理解

 ストレージ仮想化とSDSは同じ技術ではない。この2つの技術は、ストレージへのアクセス手段の提供方法と初期化の方法が異なる。

 1つまたは複数の物理的なストレージをまとめ、1つのストレージとして利用できるようにするのがストレージ仮想化だ。ストレージアレイに管理ポリシーを実装したり、仮想マシン(VM)のストレージ制御機能を強化したりして、データ読み書き速度を向上させることができる。ストレージ仮想化製品によっては、データ管理の自動化も実現する。

 SDSは、ストレージ仮想化ではハードウェア層で実行する重複排除とスナップショットの機能を、ソフトウェアで実現する。ストレージの冗長性や容量の確保、データ読み書き速度の向上もソフトウェアが担う。古いストレージを交換したり、新しいストレージを追加したりするときに、無停止かつ容易に実行できる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...

news060.jpg

広報担当者の悩みあるある「取材を受けたのに思ったような記事にならないのは何故?」
自社や自社の製品・サービスについて広く知ってもらうためにメディアの取材を増やすこと...