「ストレージ仮想化」と「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)の主な違いとは?「ストレージ仮想化」の種類と選び方【番外編】

企業が「ストレージ仮想化」製品の導入を検討する際、比較対象となり得るのが「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)製品だ。両者は何が違うのか。簡潔に紹介する。

2022年02月25日 05時00分 公開
[Jessica LulkaTechTarget]

 前編「ストレージ仮想化の『ファイルレベル』『ブロックレベル』の違いとは?」と中編「ストレージ仮想化の『ホストベース』『アレイベース』『OSベース』『ファイルシステムベース』『ネットワークベース』の違いとは?」、後編「『ストレージ仮想化』製品選定に失敗しない選び方のポイントとは?」の3回にわたり、「ストレージ仮想化」製品を選ぶ際のポイントを説明してきた。ストレージ仮想化製品の導入を検討する企業にとって、比較対象となり得る製品分野に「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)がある。本稿はストレージ仮想化とSDSの違いを簡潔に整理する。

「ストレージ仮想化」「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)の違いをざっくり理解

 ストレージ仮想化とSDSは同じ技術ではない。この2つの技術は、ストレージへのアクセス手段の提供方法と初期化の方法が異なる。

 1つまたは複数の物理的なストレージをまとめ、1つのストレージとして利用できるようにするのがストレージ仮想化だ。ストレージアレイに管理ポリシーを実装したり、仮想マシン(VM)のストレージ制御機能を強化したりして、データ読み書き速度を向上させることができる。ストレージ仮想化製品によっては、データ管理の自動化も実現する。

 SDSは、ストレージ仮想化ではハードウェア層で実行する重複排除とスナップショットの機能を、ソフトウェアで実現する。ストレージの冗長性や容量の確保、データ読み書き速度の向上もソフトウェアが担う。古いストレージを交換したり、新しいストレージを追加したりするときに、無停止かつ容易に実行できる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...