2014年01月30日 08時00分 UPDATE
特集/連載

デスクトップ仮想化導入のガイドライン【第5回】デスクトップ仮想化導入で準備すべき技術的なポイント

デスクトップ仮想化プロジェクトを進めるに当たり、サーバ、ストレージ、セキュリティなど、技術的に準備・検討しておかなければならないポイントを解説する。

[小林伸睦,シトリックス・システムズ・ジャパン]

 今回は、デスクトップ仮想化プロジェクトを始めるに当たって、技術的に準備、理解しておきたい各コンポーネントについて取り上げ、ポイントを解説する。仮想化方式については、既に第4回「5つの仮想化方式を一覧表で比較 〜デスクトップ仮想化導入で準備すべきこととは」で解説したので割愛する。

認証システム

 多くのデスクトップ仮想化ソリューションはWindowsシステムを前提に考えられているため、Microsoft Active Directory(AD)を用いたドメイン環境で稼働する。従って、ADによる認証システムを準備しておく必要がある。ここは、従来のPC環境であっても仮想デスクトップ環境であっても変わらない部分だ。また、リモートアクセスを行うユーザーについては、AD認証と他の認証を組み合わせる二要素認証を適用するのが一般的だ。アクセス元が信頼できるネットワークからアクセスしているかどうかによって、認証レベルを変えて運用するということだ。

各仮想化方式の理解と運用上の特徴

 デスクトップ仮想化方式とは、OSやアプリケーションを仮想化する方式だ。第4回「5つの仮想化方式を一覧表で比較 〜デスクトップ仮想化導入で準備すべきこととは」で各方式の特徴とユーザーへの適用例をまとめたのでそちらを参照いただきたい。

ユーザーデータとプロファイル

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...