TechTargetジャパン

技術文書
デスクトップ仮想化製品を392項目で徹底比較 - VDI Smackdown! 2013年版
 デスクトップ仮想化ソリューションのニーズの高まりと共に、中立的な評価情報に対するニーズが増大している。本書は、オランダのPQR社が主要VDIベンダーの製品を中立的な立場で徹底比較した技術比較資料「VDI Smackdown」の日本語翻訳版である。VMware ViewやCitrix Xen...(2013/10/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
VDI導入コストを削減する、「Linux VDI」のメリットと制約
 「Linux」の仮想デスクトップを導入する最大のメリットはライセンスにある。オープンソースのVDI(仮想デスクトップインフラ)は、「Microsoft VDI」ライセンスに掛かるコストを削減または一掃する。WindowsやMicrosoft Officeが必要ないユーザーをLinux VDIにすること...(2017/3/9 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
VDI導入の成否を左右する、ストレージ選びのベストプラクティス
 VDI(仮想デスクトップインフラ)が広がり始めた当初、VDIプロジェクトが失速し頓挫するとしたら、その原因は多くの場合ストレージにあるといわれた。 それから数年の間に、VDIとストレージの問題に対処する革新的なアプローチが幾つか登場した。おかげで今ではVDI環境...(2015/11/5 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
レポートの実物で見る、VDIアセスメントが最適なサイジングに必要な理由
 仮想デスクトップインフラ(VDI)の導入を成功させるためには、最適なサイジングが欠かせない。しかし、全社員からアンケートを取ってもリソース消費量までは分からず、資産管理ツールを使ってもVDI化に有益な情報が簡単には得られないことから、このプロセスでつまずく...(2016/9/30 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
VDI導入事例集:業種別デスクトップ仮想化活用法、大学・病院でも導入が進む
 「デスクトップ仮想化基盤(VDI)」は、さまざまな業種・業態で導入が進んでいる。デスクトップ環境(OSやアプリ)を仮想化し、ユーザーはネットワークを通じてサーバ上に仮想化された環境に接続できるため、データを端末に残さず、ユーザーには「情報漏えい対策」「ワ...(2017/4/10 提供:富士通株式会社)

技術文書
普及が進むデスクトップ仮想化(VDI)、オープンで標準化された技術によるリファレンスアーキテクチャとは
 デスクトップ仮想化(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)は、事業継続性の向上、セキュリティ強化、クライアント端末の運用管理の負荷軽減、ワークスタイル変革(在宅勤務やリモートアクセスによる従業員の生産性向上)など、ビジネスに大きなメリットをもたらす。(2015/11/18 提供:デル株式会社)

製品資料
「その仕様で大丈夫?」 VDI導入で失敗しない事前検証の方法
 セキュリティリスクの軽減、PC運用工数の削減、端末障害への対応など、さまざまな効果を期待できる仮想デスクトップインフラ(VDI)。しかし、十分な調査や検証を行わずにVDIを導入してしまうと、かえってコストや運用負担が増大するという事態を引き起こしかねない。 ...(2017/3/21 提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)

Webキャスト
VDI導入を諦めない 「VDI+シンクライアント」を低コスト導入するアイデア
 デスクトップ仮想化(VDI)の導入は、社内ITの利用を自席から開放する、端末にデータを残さず安全に利用できる、端末故障時の業務停止と復旧の手間を解消するといった、さまざまなメリットがある。しかし、導入に当たってはやはり「コスト」という大きな壁がある。 一...(2015/7/27 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
トレードオフではない、コストとパフォーマンスを両立する次世代型VDIとは?
 ワークスタイルの多様化やセキュリティ強化、ITコスト削減、BCP(事業継続計画)対策などの目的で導入が進むVDI(仮想デスクトップインフラ)。導入時や運用中に課題が表面化するケースが少なからず見られるが、その原因とはどのようなものだろうか。 VDIの導入では...(2017/3/7 提供:株式会社 信興テクノミスト)

技術文書
デスクトップ仮想化(VDI)はBYODの特効薬となるか?
 BYOD(私物端末の業務利用)を検討する企業にとって、端末上のデータをセキュアに保つことは大きな課題だ。そこで、企業がBYODのセキュリティを確保する上で有効な手段としてデスクトップ仮想化(VDI)が注目されている。 VDIを導入すれば、管理者はOSとアプリケーショ...(2015/7/27 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
VDIの失敗をなくす2つの視点、導入前アセスメントで分かることは?
 セキュリティ対策やモバイル端末の業務利用、管理負荷の軽減、BCP(事業継続計画)対策など、さまざまな目的で活用されるVDI(仮想デスクトップインフラ)。その導入に際しては、用途などを明確化するだけでなく、エンドユーザーと管理者の両方の視点からの事前検証を行...(2016/10/5 提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)

レポート
デスクトップ仮想化を成功させる、ハードウェア&シンクライアント選定
 仮想デスクトップインフラ(VDI)の採用を検討している企業は、VDIプラットフォームを運用するハードウェアを選ぶ際に注意する必要がある。 仮想デスクトップのパフォーマンスは、使用するハードウェアのパフォーマンスに大きく左右される。VDIのパフォーマンスに関連...(2015/4/7 提供:デル株式会社)

技術文書
仮想デスクトップ構築の落とし穴 運用後に分かる意外な盲点とは?
 調査会社の報告によれば、2012年の法人向けクライアント端末の仮想化導入率は20%を超えており、2013〜2014年にかけては企業における仮想デスクトップ(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)の大規模導入や追加導入はさらに進んでいる。その背景には、2013年に法人向...(2014/5/22 提供:デル株式会社)

レポート
初期費用が高くてデスクトップ仮想化を諦めた企業へ ROIを高める5つの対策
 デスクトップ仮想化インフラ(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)は、さまざまな点で企業にうってつけのソリューションだ。IT部門は企業のデスクトップ環境を管理する上で、技術的な課題だけでなく運用管理やビジネス支援の面でも苦労しているだろう。VDIはそれらの...(2015/7/27 提供:株式会社日立製作所)

レポート
VDIのセキュリティを高める仕組みとは? 〜ウイルス対策、認証強化を紹介
 VDI(仮想デスクトップインフラ)においても、ユーザー操作性とセキュリティのバランスは重要だ。複数の複雑なパスワードを使い分けるなど、セキュリティ対策の多くは操作性の犠牲の上に成り立つ。本コンテンツでは、VDIに「シングルサインオン」(SSO)や「2要素認証」...(2017/5/25 提供:アイティメディア株式会社)

事例
「VDI導入でサービス残業が増加……」、労働環境の悪化を防ぐ管理・運用術
 ワークスタイル変革を目指して、仮想デスクトップインフラ(VDI)の導入が進んでいる。しかし、いつでもどこでも働ける環境になると、退社後のサービス残業や休日の無断業務が増え、かえって労働環境が悪化することがある。 また、社外での勤務を管理する仕組みがなく...(2017/4/21 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
VDI導入後に直面する課題と向き合う方法
 「いつでも」「どこでも」リモートで業務端末にアクセスし仕事ができる、仮想デスクトップ環境(VDI)の企業導入が進んでいる。業務の利便性を考慮し導入したはずのVDI環境。 管理する上で、このような課題を抱えながら「手さぐり状態」でVDI運用管理に取り組んでいる企...(2013/11/26 提供:クオリティソフト株式会社)

製品資料
VDI導入の成否を分けるアセスメント――ざっくりとしたサイジングが悲劇を招く
 セキュリティ対策からワークスタイル多様化まで、さまざまな目的で活用される仮想デスクトップインフラ(VDI)。その導入を成功させる条件が「ユーザーが快適な速度」「アプリケーションの正常な動作」「コストの無駄がないサイジング」の3つだ。 これらの実現には「自...(2017/2/10 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
多大なキャパシティーと処理能力を要するCAEシステムを、VDI適用で低コスト安定構築
 CAE(Computer Aided Engineering)は計算機支援工学とも呼ばれ、コンピュータを利用して製品の設計、製造、工程設計の事前検討の支援を行う技術およびツールを指す。自動車など工業製品分野では、CAEシステムを使って設計段階でのシミュレーションを行い、高品質な部品...(2015/11/11 提供:デル株式会社)

技術文書
デスクトップ仮想化の2大製品を、帯域幅とCPU使用率で徹底検証
 いつでもどこでもどの端末からでも仕事ができる技術として、ここ最近注目を集めているデスクトップ仮想化。 しかし、仮想デスクトップインフラ(VDI)の本導入でネックとなるのは、ローカルPCに比べたパフォーマンスだ。IT部門が限られた予算の中で、ユーザーエクスペ...(2012/11/1 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
スケーラブルで省電力なVDI、「3つの視点」でROI・生産性・モビリティを最大化
 VDI(仮想デスクトップインフラ)環境の導入では、ROIの向上、生産性とモビリティの最大化が常に重要な検討事項となる。その具体的な目安となるのが、例えば、ユーザーの予算当たりのIOPSや、ユーザーエクスペリエンスだ。 サーバ1台当たりのVDIデスクトップ数はI/Oパ...(2016/8/17 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

レポート
IT管理者目線で比べるDaaS vs. VDI、選択の基準は?
 「DaaS」(Desktops as a Service)と「VDI」(Virtual Desktop Infrastructure)は、大きく異なると思っている人もいるかもしれないが、両者には共通部分が多い。すなわち、デスクトップ管理が簡素化されること、ハードウェアの数を減らせること、柔軟性とモバイル性が...(2015/7/17 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
デスクトップ仮想化の2大製品を、帯域幅とCPU使用率で徹底検証
 いつでもどこでもどの端末からでも仕事ができる技術として、ここ最近注目を集めているデスクトップ仮想化。 しかし、仮想デスクトップインフラ(VDI)の本導入でネックとなるのは、ローカルPCに比べたパフォーマンスだ。IT部門が限られた予算の中で、ユーザーエクスペ...(2012/8/3 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
VDIと比べてどれだけ速い? 仮想化しないリモートデスクトップの導入効果
 リモートデスクトップ環境を実現するためにVDI(仮想デスクトップインフラ)を導入したものの、パフォーマンス不足に悩む企業は多い。VDIはサーバのリソースを個々のユーザーに割り当てるため、多数のユーザーが利用するとサーバのリソースが不足する。 その結果、サー...(2016/10/31 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
NTT西日本の大規模DaaS、レスポンス悪化の原因を10分で特定するVDI監視技術とは
 NTT西日本グループが保有する国内有数の規模のDaaS(Desktops as a Service)基盤。ユーザー数にして約3万5000という、この大規模仮想デスクトップ(VDI)環境の構築と運用を担うのがNTTネオメイトだ。同社はどうやって、この規模のDaaS基盤を安定運用しているのだろう...(2017/2/10 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
VDI/RDS環境はどう評価する? CPUとRAMの監視だけでは見えないユーザーの満足度
 近年、多くの企業がセキュリティ、モバイルワークなどのニーズに応えるため、仮想デスクトップインフラ(VDI)やリモートデスクトップサービス(RDS)を採用している。これらの普及が進む背景には、運用を簡略化できるという管理者側の事情もある。 しかし、それは裏を...(2016/6/1 提供:GDEPソリューションズ株式会社)

事例
ソフトバンクの3万人が使うVDIに欠かせない「ストレージの条件」
 大規模ストレージ基盤のサービスレベルの向上を実現する上で、オールフラッシュストレージが重要な選択肢として浮上するのは当然のことだ。数年前から国内最大級の仮想デスクトップ環境(VDI)を提供しているソフトバンクでも、ボトルネック解消策として、オールフラッ...(2016/9/1 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

事例
ソフトバンク3万人規模のVDI運用、ストレージI/O性能の解決はどうやったのか
 2010年ごろから社員の働き方の多様化に取り組んできたソフトバンクでは、その解決策として仮想デスクトップ環境(VDI)を導入した。しかし、事業拡大に伴うアプリケーション導入やセキュリティ対策などによりストレージの負荷は急速に上昇、ボトルネック解消が大きな課...(2016/4/25 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

レポート
デスクトップ仮想化のコストを抑える6つの手法 〜ハードからソフトまで
 ITプロジェクトでは誰もが確実なROI(投資対効果)を求める。しかし、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)は必ずしも先行的なコスト削減を実現するものではない。それでも、VDIには導入規模や管理方式によって、ROIを高めるさまざまな方法がある。 VDIのコス...(2015/4/7 提供:デル株式会社)

技術文書
VDI環境の標的型攻撃対策――内部セキュリティの弱点を克服する2つの技術とは?
 標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃が高度化していることから、従来の侵入防止型セキュリティだけでは対応できない状況が生まれている。そのため、入口の防御を突破されてからの被害を最小限に抑える拡散防止型セキュリティが欠かせなくなった。 しかし、実際に内部...(2016/8/1 提供:トレンドマイクロ株式会社)

Loading