TechTargetジャパン

技術文書
VDIの性能を徹底検証:ブレードサーバ1台で同時サポート可能な仮想デスクトップ数は?
 仮想デスクトップソリューションを導入する場合、多数の仮想デスクトップを集約するには、コンピューティングとメモリの観点で十分に強力なサーバを選択することが非常に重要だ。サーバ1台当たりでサポートできる仮想デスクトップの数が多ければ、当然サーバ数を減らす...(2014/8/18 提供:シスコシステムズ合同会社)

事例
ブートストームをものともせずに数秒で起動――伊達市がVDI環境に施した工夫
 仮想デスクトップ(VDI)環境では、始業時などに多数のアクセスがシステム基盤に集中することでパフォーマンスが低下する「ブートストーム」が問題となる。これは多数の仮想デスクトップからストレージへの入出力が集中することにより生じる現象で、システム全体として...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

製品資料
ワークスタイル変革を成功に導く仮想デスクトップソリューションとは
 近年、IT部門に期待される役割の1つである「ワークスタイル変革」。“いつでも、どこでも、どんな仕事も”オフィスと同じ業務環境を提供することで、従業員の生産性を高め、多様な雇用ニーズに対応するアプローチだが、その実現には幾つかの課題もある。 最大の問題は...(2017/3/30 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

事例
住友精化が全社1000台のPCを仮想デスクトップ化、導入選定の比較基準とは?
 社内PCを仮想デスクトップ化するには慎重な計画が必要となる。日々の業務で使うIT環境だけに、デスクトップ環境の使い勝手が悪くなれば大量の苦情がIT部門に寄せられる。大切なのは導入基準として、幾つかのチェックポイントを設け、妥協せず計画を実施していくことであ...(2015/10/6 提供:日本電気株式会社)

技術文書
Hyper-VとCitrix XenDesktop 7で始めるデスクトップ仮想化入門
 デスクトップ仮想化を検討している企業の多くが、既存の仮想インフラ環境を活かしたデスクトップ仮想化を望んでいる。Citrix XenDesktopは、それを動作させるための仮想マシン環境として、Citrix XenServerだけでなく、VMware vSphere、VMware ESXi、Hyper-Vなどを選択...(2013/10/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

講演資料
仮想デスクトップ導入前に確認しておきたい「パブリッククラウドの選び方」
 標的型攻撃の手口はますます巧妙化し、対策ソフトが検出できない「未知のマルウェア」を想定したセキュリティ対策が求められるようになった。この状況を背景に、業務用端末をインターネットから分離しつつセキュアブラウジングを実現できる仮想デスクトップの導入が進ん...(2016/4/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

技術文書
ROI向上に貢献する仮想デスクトップ環境に最適なストレージとは?
 企業データの情報漏えいなどセキュリティの観点から、仮想デスクトップ環境の導入を決定する企業が増えている。ストレージは、運用コスト削減、セキュリティ強化、パフォーマンス向上、データ保全力が求められる仮想デスクトップ環境において非常に重要な役割を担う。ど...(2010/2/2 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
仮想デスクトップ最新動向――DaaS注目の理由は?
 「大企業による導入が進むことでDaaSやWaaSの採用が拡大する」──IDCのアナリストは2017年の頭に、こう予測した。クラウドから提供する仮想デスクトップ環境「DaaS」は実際、市場での立ち位置を確立しつつある。 一方、機密データの扱いなどさまざまな理由から導入に...(2017/9/15 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

事例
全社約1000台のPCを仮想デスクトップ化! その導入の舞台裏まで紹介
 紙おむつ用の高吸収性樹脂や化粧品向けポリマーなどの製造を手掛ける住友精化は、全社約1000台のPCを全て仮想デスクトップに転換することを決定、プロジェクトを開始した。製造(工場)まで含めた全部門全ての一般事務用PCのの仮想デスクトップ化という大掛かりな転換をど...(2014/7/22 提供:日本電気株式会社)

技術文書
VMware ESXi とCitrix XenDesktop 7 で始めるデスクトップ仮想化入門
 デスクトップ仮想化とは、これまで各クライアントに個別に用意していたデスクトップ環境をサーバーに集中配置して運用するソリューションです。シトリックスでは、このデスクトップ仮想化を実現する製品として大企業向けに「XenDesktop」、中堅中小企業向けに「VDI-In-a...(2013/8/23 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
XP移行やiPad導入を見据えた「失敗しない仮想デスクトップ環境構築マニュアル」
 Windows XPのサポート切れに伴うクライアントの見直しや、iPadやiPhoneの業務利用を見据えて、仮想デスクップ環境の構築を検討する企業は多い。しかし、複雑さを増しながら目まぐるしく変化するクライアント環境への対応はそう簡単ではない。特に、仮想デスクトップ導入...(2013/11/15 提供:マクニカネットワークス株式会社)

事例
ヤマハ発動機のOS移行術、仮想デスクトップサービスの利用でコストの無駄なし
 Windows XPから7への移行に続き、7から10への移行でも、取り残されるユーザーや業務が多数発生した。その主な理由が、旧OSでしか動作しない業務アプリケーションの存在であったことから、現在進行中のOS移行や次期OSへの移行で仮想デスクトップの利用を検討している企業...(2016/12/16 提供:株式会社サーバーワークス)

事例
ヤマハ発動機のOS移行術、仮想デスクトップサービスの利用でコストの無駄なし
 Windows XPから7への移行に続き、7から10への移行でも、取り残されるユーザーや業務が多数発生した。その主な理由が、旧OSでしか動作しない業務アプリケーションの存在があったことから、現在進行中のOS移行や次期OSへの移行で仮想デスクトップの利用を検討している企業...(2016/12/15 提供:アマゾンウェブサービスジャパン株式会社)

レポート
VDIのセキュリティを高める仕組みとは? 〜ウイルス対策、認証強化を紹介
 VDI(仮想デスクトップインフラ)においても、ユーザー操作性とセキュリティのバランスは重要だ。複数の複雑なパスワードを使い分けるなど、セキュリティ対策の多くは操作性の犠牲の上に成り立つ。本コンテンツでは、VDIに「シングルサインオン」(SSO)や「2要素認証」...(2017/5/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
KVMベースの仮想デスクトップ構築、既存のVDI製品とどこが違う?
 デスクトップ仮想化は、IT管理者にデスクトップの一元管理、保守、ポリシーの適用を効率的かつ統合的に行う方法を提供する。これにより、効果的なコンプライアンスの実現とTCO削減が可能になる。また利用者にとっても、どこからでもデスクトップにアクセスできることで...(2015/1/22 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
仮想デスクトップのさまざまなメリットと導入方式、ニーズに合ったサービスを選ぶ
 仮想デスクトップは、個々の端末のデスクトップ環境にネットワークを介してセキュアにアクセスし、さまざまな業務ストレスを解消する。例えば、セキュリティ上の理由から禁止されることが多い私物端末の業務利用(BYOD)が可能となる。また、端末に依存しないため異なる...(2016/4/19 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

レポート
VDI導入コストを削減する、「Linux VDI」のメリットと制約
 「Linux」の仮想デスクトップを導入する最大のメリットはライセンスにある。オープンソースのVDI(仮想デスクトップインフラ)は、「Microsoft VDI」ライセンスに掛かるコストを削減または一掃する。WindowsやMicrosoft Officeが必要ないユーザーをLinux VDIにすること...(2017/3/9 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
モバイルデバイスの急増が仮想デスクトップの導入を促進する理由
 アジア太平洋市場における仮想デスクトップ採用状況は、進んだ地域と新興経済国とでは差があり、日本における市場は同地域で半数近いシェアを持ち、今後も堅調な成長が見込まれている。 本リポートはIDCによるアジア太平洋地域、中でも日本における仮想デスクトップの...(2014/3/26 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
仮想デスクトップのグラフィックス処理を高速化する「仮想GPU」とは
 仮想デスクトップを導入するに当たり、ユーザーごとのニーズを把握することは重要だ。ユーザーを4タイプに分類した場合、特にパフォーマンスが重視されるのが、グラフィックス処理などを行う「パワーユーザー」だ。そして、パワーユーザーはこれまで、仮想デスクトップ...(2015/4/7 提供:デル株式会社)

技術文書
Windows Server 2008 R2機能評価ガイド 仮想デスクトップ インフラストラクチャ(VDI)
 Windows Server 2008 R2の“リモート デスクトップ サービス”は、Windows Server 2008までターミナル サービスと呼ばれていた機能の後継です。リモート デスクトップ サービスには、従来のリモート デスクトップ接続やRemoteAppの展開機能に加え、新たに仮想デスクトッ...(2009/11/25 提供:マイクロソフト株式会社)

事例
立教大学の仮想デスクトップ環境の起動時間を半分に短縮させたストレージとは?
 立教大学は、1999年に創立125周年記念事業としてインターネットおよびイントラネット環境による「V-Campus」を構築。以来数年ごとにシステムリニューアルを行い、機能の増強、新サービスの追加を実施、現在は「V-Campus 5th Stage」として運営中だ。既に2012年に仮想デ...(2015/1/29 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

製品資料
RDSでは物足りない、デスクトップ仮想化の不満をどう解消する?
 Microsoft RDSは長年デスクトップ仮想化に活用されてきたが、歴史が長いだけに課題もある。近年、急増するデータ量に十分な負荷分散機能が提供できず、セットアップや運用管理、拡張には技術力や作業負担を求められる。また、Windows以外のクライアント対応という点でも...(2017/9/21 提供:パラレルス株式会社)

事例
個人情報を扱う窓口業務を支えるストレージ基盤選び――群馬県太田市の視点
 重要な個人情報を扱う企業や組織を中心に、仮想デスクトップ環境の導入が進んでいる。その主な目的はセキュリティの強化と基幹システムの全体最適化だが、業務のピーク時に仮想デスクトップを安定稼働させるためには高いストレージ性能が求められる。 22万人の人口を有...(2016/9/20 提供:富士通株式会社)

技術文書
仮想デスクトップの保護とネットワークトラフィックの最適化
 グローバル化の加速により外部の競争環境が大きく変化している。外部環境の変化へ迅速に対応し、競争へ勝ち残るために「企業の成長を維持、加速させる」IT戦略の実行が不可欠である。また、人々の働き方も大きく変化している。 こうした様々課題を解決する手段として...(2013/9/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

比較資料
定番製品との比較で見えてくる、VDIとアプリケーション仮想化のポイント
 IT運用のコストや業務負荷の削減、セキュリティの向上などを目的として、VDI(仮想デスクトップインフラ)やアプリケーション仮想化を導入する企業が増えている。しかし、さまざまな選択肢の中から、機能や特徴などを見極め、自社に最適な製品を導入することは意外と難...(2017/9/21 提供:パラレルス株式会社)

事例
体感速度が大幅アップ、NTTデータに学ぶVDI環境におけるストレージ活用術
 ワークスタイル変革やセキュリティ対策強化の動きの中で仮想デスクトップサービスへの期待が高まっている。NTTデータでは、仮想デスクトップをストレスなく利用したいというユーザー要求に応えるためにオールフラッシュストレージの採用に踏み切った。仮想デスクトップ...(2017/6/19 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

事例
VDI導入事例集:業種別デスクトップ仮想化活用法、大学・病院でも導入が進む
 「デスクトップ仮想化基盤(VDI)」は、さまざまな業種・業態で導入が進んでいる。デスクトップ環境(OSやアプリ)を仮想化し、ユーザーはネットワークを通じてサーバ上に仮想化された環境に接続できるため、データを端末に残さず、ユーザーには「情報漏えい対策」「ワ...(2017/4/10 提供:富士通株式会社)

技術文書
これでもう悩まない!仮想デスクトップ環境構築術
 業務生産性向上、多様化するワークスタイルへの対応や、内部統制、セキュリティ対策などさまざまな経営課題を解決するソリューションとしてデスクトップ仮想化が注目されて久しい。だが、さまざまなクライアント環境への対応の困難さやサイジングの難しさから、仮想デス...(2014/1/27 提供:株式会社ネットワークバリューコンポネンツ)

レポート
徹底比較:仮想デスクトップ関連技術 選び方の基準とは
 オンプレミスのVDI(仮想デスクトップインフラ)とDaaS(Desktops as a Service)、そのどちらを選ぶべきかは企業にとって重要な決断だ。企業が置かれた状況によって選ぶべき選択肢が異なる。オンプレミスVDIとDaaSのそれぞれについて適切な利用場面を理解しておくこと...(2017/9/15 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

事例
TOTO、CAE/CAD用の仮想デスクトップ環境を構築しグローバル展開への基盤を強化
 TOTO株式会社は、「TOTO Vプラン2017」における重要な戦略として、国内および海外における新規製品開発を推進し、それをより効率的に行うために、商品開発の要となるIT 戦略の抜本的な見直しを進めてきた。 とくに、以前からCAEと3D CAD を活用して衛生陶器やウォシュ...(2017/6/20 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

Loading