TechTargetジャパン

レポート
Windows 10 Anniversary EditionでIT部門が悲鳴を上げる理由
新世代のWindowsが登場すると、個人ユーザーは積極的に導入する一方で企業ユーザーは導入に消極的になる。IT的好奇心が旺盛な個人ユーザー、特にパワーユーザーは新しいOSに導入した新しい機能をいち早く試してみたい。その結果、今使っているシステムに不具合が生じたと...(2017/1/14 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ついに固定電話と融合、「Skype for Business Online」が実現するUC環境
 2011年10月にMicrosoftはSkypeを買収した。これにより「Skype for Business」を同社の主要UC製品にすることに成功した。そして「Skype for Business」は、オフィススイート「Office 365」と統合することで新機能を追加し、世界のあらゆる規模の企業に適した製品になりつ...(2017/1/12 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
検知できないマルウェアの侵入も許さない「エクスプロイト対策」とは?
 サイバー犯罪者の多くは、マルウェアを感染させるために「Adobe Flash」や「Microsoft Office」などの正規ソフトウェアのバグを利用する。このような脆弱性の情報は発見と同時に多くの攻撃者に拡散し、1つの脆弱性に対して膨大な数のマルウェアが作成される。 従来のマ...(2017/1/12 提供:ソフォス株式会社)

レポート
一長一短ある「Microsoft」と「Cisco」のUCサービス、あなたにピッタリなのはどっち?
 Microsoftのクラウド版グループウェア「Office 365」に含まれているユニファイドコミュニケーション(UC)サービスとCisco SystemsのUCサービスが市場シェアの大半を占めている。 2社のサービスの大きな違いで挙げられるのがコストだ。Office 365のUCサービスを利用す...(2017/1/11 提供:KDDI株式会社)

事例
セガに学ぶ人気ゲームの作り方、データドリブンの開発でファンを獲得
 ゲームコンテンツをはじめとするエンターテインメント事業を展開するセガグループ。同社は、さまざまなゲームを1つのユーザーIDで楽しめる「SEGA ID」を通じてユーザー動向を分析し、その結果をゲームのバージョンアップや新製品の開発に活用している。 当初は、このID...(2017/1/5 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

製品資料
膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法
 昨今のようにデータの量と複雑さが増大し続ける状況では、信頼できるデータ基盤がなければ、日々の意思決定を的確に行うことも、アナリティクスやレポートからビジネス状況を正確に把握することも難しくなる。しかし、スプレッドシート、電子メール、レポート、顧客情報...(2016/12/26 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
クラウドサービス4社対決、パートナーから最も評価されたのは?
 コンサルタント企業のAMI-Partnersでは、主要な4社(Amazon.com、Google、Microsoft、Salesforce.com)のクラウドサービスプロバイダーを対象に、パートナーの評価や収益性を中心にインタビューを行った。その結果、さまざまな項目で評価が高かったサービスプロバイダー...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
事例:業務部門担当者がリアルタイムに進捗把握、分析作業も簡単に(全7社)
 日々蓄積される業務情報を吸い上げ、統合し、進捗状況などをほぼリアルタイムで把握できるようにするソリューションは、さまざまな形で市場に出回っている。しかし、1つの部門や部署が率先して素早く実現するには、高いレベルの専門知識が必要で、構築期間やコストも莫...(2016/12/21 提供:株式会社ジャストシステム)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月21日号:知らないと損をするライセンス監査の罠(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 12月21日号は、以下の記事で構成されています。■「Project Olympus」でオープンソースハードウェアの新開発モデル目指すMicrosoft■AWSがデータセンターのセキュリティ体制を公開「データの安全性はオンプレミス以上」■Googleクラウドに移行...(2016/12/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月21日号:知らないと損をするライセンス監査の罠(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 12月21日号は、以下の記事で構成されています。■「Project Olympus」でオープンソースハードウェアの新開発モデル目指すMicrosoft■AWSがデータセンターのセキュリティ体制を公開「データの安全性はオンプレミス以上」■Googleクラウドに移行...(2016/12/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月21日号:知らないと損をするライセンス監査の罠
 Computer Weekly日本語版 12月21日号は、以下の記事で構成されています。■「Project Olympus」でオープンソースハードウェアの新開発モデル目指すMicrosoft■AWSがデータセンターのセキュリティ体制を公開「データの安全性はオンプレミス以上」■Googleクラウドに移行...(2016/12/21 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「Office 365」はなぜ使いやすい? MicrosoftのOS全方位外交でさらに便利に
 インターネットの普及に伴い、SaaS(Software as a Service)が広がりを見せている。アプリケーションとサポートをパッケージにして販売していたアプリケーションベンダーも、オンラインサービスや従量制サブスクリプションの提供へとシフトしている。それは、「Office ...(2016/12/20 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
Azure移行を成功させる「パフォーマンス管理」とAzure特有の注意点とは?
 多くの企業がWebサーバやデータベースリポジトリ、オンラインストレージなどのコンテンツとアプリケーションワークロードを「Microsoft Azure」に移行している。しかし、クラウドアプリケーションのデリバリーモデルには、帯域幅の制限、遅延、限りのあるリソースの奪い...(2016/12/16 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

講演資料
社外からも業務データにアクセスしたいを安全にかなえる「条件付きアクセス」
 クラウドとモバイルデバイスの普及で、オフィス外でも業務を行うシーンが一挙に増えた。そこで現れた課題は「重要なデータやリソースに、社外からアクセスする」ニーズが増えたことだ。 しかしさまざまなデバイス、通信経路、ID・パスワードが入り乱れる中で、不正利用...(2016/12/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
顧客サービス調査で見えた「顧客の獲得と保持」における決定的な要素とは?
 顧客サービスへの期待が年々高まっていることから、多くの企業が顧客サービスと顧客エクスペリエンスによる差別化を目指すようになった。それでは、満足のいく顧客サービスエクスペリエンスとは具体的にどのようなものだろうか? Microsoftの「顧客サービスの状況に関...(2016/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
デジタル変革で収益成長が50%増加、一流組織は顧客との関係をどう変えたのか?
 一流の販売組織は、デジタルの変革を重視してより大きな収益を引き出しているといわれる。このような組織に顕著な特徴は、先進的なデジタル技術の活用領域を生産性向上の場面から、顧客との関わりを構築する場面へと広げようとしていることにある。 これは、Microsoft...(2016/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
ようこそ悩める運用管理担当者の皆さま、WaaSでアプリ互換検証の秘訣
 Windows 10では「Windows as a Service(WaaS)」という新たな提供モデルが取り入れられた。これまで数年に一度のバージョンアップやサービスパック提供が、年2回ほどの頻度で機能アップデートされる。アプリケーションの互換性検証をどうするのか。 日本マイクロソフ...(2016/12/12 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
LinuxベースVMでここまでできる IaaSにおけるOSS活用ポイント
 仮想化環境やIaaSパブリッククラウドにおけるVM(仮想マシン)には、LinuxをはじめとするOSS(オープンソースソフトウェア)が使われることが多い。VMをスケールアウトする際のライセンス費の廉価さに加え、OSやミドルウェアなどの構成において柔軟性が高く、多くのユー...(2016/12/12 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月7日号:そのスマートウォッチ、役に立ってる?(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 12月7日号は、以下の記事で構成されています。■コネクテッドカーは本当にチャンスなのか──自動車メーカーが明かす本音■「オンラインショップはセキュリティホールまみれ」と研究者が警告■Microsoftが痛烈批判「他のクラウドベンダーは企...(2016/12/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月7日号:そのスマートウォッチ、役に立ってる?(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 12月7日号は、以下の記事で構成されています。■コネクテッドカーは本当にチャンスなのか──自動車メーカーが明かす本音■「オンラインショップはセキュリティホールまみれ」と研究者が警告■Microsoftが痛烈批判「他のクラウドベンダーは企...(2016/12/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月7日号:そのスマートウォッチ、役に立ってる?
 Computer Weekly日本語版 12月7日号は、以下の記事で構成されています。■コネクテッドカーは本当にチャンスなのか──自動車メーカーが明かす本音■「オンラインショップはセキュリティホールまみれ」と研究者が警告■Microsoftが痛烈批判「他のクラウドベンダーは企...(2016/12/7 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
「Windows as a Service」とは Windows 10から変わるサービスモデル
 端末のOSアップデートの管理はIT部門における大きな業務の1つである。アップデートが配布されるたびに検証を行い、問題がなければ社内配布を開始、管理対象の全端末に行き渡ったことを確認し、ようやくイベントが終わる。 各種ツールで効率化や自動化をしているだろう...(2016/12/2 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
働き方は変わりましたか? Office 365とモバイル活用の基礎講座
 クラウドサービスやスマートフォンの普及でワークスタイルは大きく変化した。企業ITのスタンダードである「Microsoft Office」がクラウドで提供される「Office 365」を例に、モバイル活用のさまざまなケースで解説する。 多様なアプリが出そろっていることで、外出先で...(2016/12/1 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Outlookが「使えるメールソフト」になる――アドレス管理の非効率を簡単に解消
 業務で利用される主要メールソフトの1つであるOutlook。モバイル端末でも扱いやすく、Microsoftのさまざまな製品やサービスとの連携機能を備えるなど、多くのメリットがあるものの、そのアドレス帳機能に関しては不満を感じるユーザーが少なくない。 特にアドレスの検...(2016/11/29 提供:テックインフォメーションシステムズ株式会社)

講演資料
チューニング不要? “特別な何かをせずとも”データベースは速くできるか
 データベース(RDBMS)で何よりも重視されるのはパフォーマンスだ。そのためのチューニングや劣化対策は昔から大きな課題となっている。多くの場合、マニュアル通りではない複雑なノウハウやスキルが必要となるが、そうした腕前を持つエンジニアは少ない。 またRDBMSは...(2016/11/25 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Azureでブロックチェーン開発、スマートコントラクト基盤も迅速・低コスト展開
 仮想通貨「ビットコイン」を支える存在として注目されるようになったブロックチェーン。その技術は進化を続けており、ビットコインのように価値情報の移転を記録するだけでなく、現在は取引・手続きの登録や履行の記録にまで活用されるようになっている。 経済産業省に...(2016/11/24 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Microsoftが教える、理想のクライアント/クラウド環境を実現する12のシナリオ
 セキュリティ動向や労働環境の変化は、ビジネスに求められるクライアント環境などの条件にも影響を及ぼす。近年では標的型攻撃の激化、労働人口の減少といった社会問題が、セキュリティやワークスタイル変革、コミュニケーションに対する要件を大きく変え始めている。 ...(2016/11/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
企業の信頼に直結するコンプライアンス対応、簡単・低コストに実現するには?
 ネットワークやシステムが厳正に管理されていることが、組織の信頼性を計る基準となりつつあることから、コンプライアンス対応に力を入れる企業が増えている。その一方で、情報漏えい対策や証跡監査などのセキュリティ対策も多様化しており、ITシステム管理に課題を抱え...(2016/11/22 提供:株式会社ラネクシー)

技術文書
NoSQLデータベース製品導入戦略ガイド
 世の中には大量のデータが存在する。だがその多くは、複雑なクエリ言語を伴う重量級のリレーショナルデータベースに保存する必要はない。本稿ではNoSQLデータストアという新しいカテゴリーと、それがどう使われているかについて解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構...(2016/11/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
日本マイクロソフトのトップが伝える「T字型人間」になる方法
 日本には「入社したら最後までそこで働く」という価値観しかなかった時代があった。しかし、日本の中だけでビジネスがほぼ完結していた時代と異なり、多くのビジネスパーソンが海外で経験を積み、海外の企業が日本でも事業を展開するようになった現代では、多種多様な価...(2016/11/21 提供:株式会社リクルートキャリア)

Loading