TechTargetジャパン

レポート
デジタル変革、どうやって推進しますか? 成功のための「5つの要因」とは
 2000年以降、Fortune 500企業の52%が合併吸収されたり倒産したりしており、企業の存続年数は1950〜1960年代の3分の1〜4分の1に短縮したともいわれている。一方で飛躍的なペースで進化するテクノロジーは、これまでのビジネス手法を根本から変え、多くの企業が新たなビ...(2020/4/12 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
事例:2週間→2日に作業工数を大幅短縮、予算実績管理表の作成効率化で打ち手も加速
 総合エレクトロニクス商社の東和電気は、毎月、基幹システムから月次の売上データを集計、分析し、予算実績管理表としてレポーティングするのに、システム要員2人がMicrosoft Excelを駆使して2週間を要していた。その間の業務遅滞を解消し、経営環境の変化にスピード感...(2017/10/5 提供:株式会社ジャストシステム)

Webキャスト
ITインフラの複雑化を解決、マルチOS/マルチクラウド対応の運用自動化サービス
 多様な環境を一元管理できるクラウド型運用サービス「Operations Management Suite(OMS)」が、ITインフラ複雑化の解決策として脚光を浴びている。ログの収集・分析を、オンプレミスやクラウドといった環境にかかわらず実行できる上、定義済みの設定であるソリューショ...(2017/9/29 提供:日本マイクロソフト株式会社)

比較資料
10秒で検疫完了、マルチOS対応で非常駐型の国産検疫アプライアンス
 ランサムウェア「WannaCry」は世界中に大きな被害を与えたが、マイクロソフトが提供していた脆弱(ぜいじゃく)性修正プログラムを適用していれば、被害を受けることはなかった。このことから、組織や企業において、エンドポイントのセキュリティ管理が非常に重要である...(2017/9/28 提供:エイチ・シー・ネットワークス株式会社)

レポート
「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS)」展示会レポート
CAD、CAE、ERP、生産管理システムなどの製造業向けのITソリューションが一堂に集まる展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが回りきれなかった方などに...(2017/9/28 提供:株式会社アペルザ)

製品資料
EDI導入で取引のリードタイムを短縮、管理の効率化とコスト削減のポイントは?
 受発注取引の効率化やコスト削減などを目的として導入されているEDI(電子商取引)。例えば、取引先から発注データを受信して各種データ変換を行い、自社の基幹システムまで自動的に取り込めるため、取引業務のスピード化や効率化には欠かせない。 また、受注側は、受...(2017/9/21 提供:株式会社インターコム)

製品資料
RDSでは物足りない、デスクトップ仮想化の不満をどう解消する?
 Microsoft RDSは長年デスクトップ仮想化に活用されてきたが、歴史が長いだけに課題もある。近年、急増するデータ量に十分な負荷分散機能が提供できず、セットアップや運用管理、拡張には技術力や作業負担を求められる。また、Windows以外のクライアント対応という点でも...(2017/9/21 提供:パラレルス株式会社)

レポート
Windows 10 Sが「学校用デバイスといえばChromebook」という“常識”を覆す?
 教育機関向けライセンスの提供に加え、学生のプログラミングや教員のIT活用に関するコンテストを開催するなど、古くから教育市場に関与してきたMicrosoft。そんな同社が、教育機関向け製品として新たに投入したのが「Windows 10 S」だ。 同社のOS「Windows 10」の簡略...(2017/9/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月20日号:なぜ暗号通貨は主流にならないのか
 Computer Weekly日本語版 9月20日号は、以下の記事で構成されています。■10万個の業務端末を調べて分かった、フィッシング攻撃の新たな脅威■ロス・ブラウン氏が語るF1のデジタル改革■政府が進めている東京オリンピックのサイバーセキュリティ対策とは?■クラウド市...(2017/9/20 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
クラウド/共用データセンターの最大の脅威“DDoS攻撃”にどう対処する?
 クラウドに移行する企業は、可能な限り安全で高いセキュリティを備えたアーキテクチャを構築する必要がある。Cloud Security Alliance(CSA)のレポートでは、企業のクラウド環境に対して発生頻度が特に高い攻撃の1つが、分散型サービス拒否攻撃(DDoS攻撃)であること...(2017/9/5 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ?
 クラウドベースの企業向けオフィススイート「G Suite」の改良を重ねるGoogle。2017年5月にはIT管理者向けのアプリケーションパッケージ「Chrome Enterprise Bundle」をリリースし、Webブラウザ「Chrome」の管理機能を強化している。また2017年には新しいフィッシング攻...(2017/9/5 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
IT担当者のための「Office 365」不安解消ガイド
 多くのIT担当者を悩ませるクラウドへの移行。とりわけ、大企業における「Microsoft Office 365」への一斉移行は難題だ。どんなに入念な準備をしても、誰からも文句が出ないということはまずあり得ないし、わずかな問題から移行プロジェクト全体が影響を受けることもある...(2017/9/4 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは
 Microsoftは、2種類のオフィススイートを提供している。1つはパッケージ版の「Office 2016」で、もう1つはクラウド版の「Office 365」だ。これらのオフィススイートから入手できるアプリケーションはほとんど変わらないが、Office 2016とOffice 365は果たしてどのような...(2017/9/4 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
企業へのIoT導入を実現させるIoTゲートウェイ
産業界ではIoT実現に向けた動きが加速し、接続対象がネットワーク機器から通信機能を備えていない機器へと広がりを見せています。「MMLink-GW」は、産業設備などで多く用いられているRS-485インタフェースをサポート。IP通信機能を備えていない産業設備も容易にネットワー...(2017/9/1 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
“国“は違えど人ごとではない、GDPRに対応に先手を打つ米企業の動向
 欧州連合(EU)に住む個人データを扱う全ての企業に適用される「一般データ保護規則」(GDPR)は、米国企業にとっても人ごとではない。コンプライアンスへの関心の高まりもあり、GDPR順守は米国企業にとっても大きな課題となっているようだ。 米国では適用開始日までの...(2017/8/31 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
AWSやAzureへの最適な移行方法は? 代表的な5つのアプローチを徹底比較
 オンプレミスで運用してきたサーバを「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」などのクラウド環境に移行するケース、あるいは他のクラウドから移行するケース、いずれの場合でもデータとアプリケーションの移行には幾つかの課題が伴う。 また、ダウンタイ...(2017/8/29 提供:三井情報株式会社)

事例
2000社が利用する人事給与サービスをクラウド化、三菱総研DCSが選んだDBMSとは
 三菱総研DCSが提供する給与人事サービス「PROSRV」は、同社の主力サービスの1つとして約2000社に提供されている。従来、「Microsoft SQL Server」を中心としたクライアント/サーバモデルとして構築していた同サービスだが、Web対応した競合サービスとの競争力に懸念が...(2017/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
“クラウド3巨人”のサービスだけではダメ? IoTビジネスを成功させるヒント
 全ての機器をIoT(モノのインターネット)によって制御する時代が来ようとしている。IoTが現実のものとなりつつある今、多様で複雑性に富む「モノ」の分野には、温度などを測定するセンサーや、メッセージなどを送信できるCPU、Bluetoothなどのプロトコル経由で通信でき...(2017/8/17 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月16日号:LinuxでもPowerShell(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 8月16日号は、以下の記事で構成されています。■「クラウド界の落ちこぼれ」だったMicrosoftがクラウド界のリーダーになる?■サーバレスコンピューティングを使ってはいけない4つのパターン■NTTドコモも導入──アジア太平洋地域で伸びるSAP...(2017/8/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月16日号:LinuxでもPowerShell(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 8月16日号は、以下の記事で構成されています。■「クラウド界の落ちこぼれ」だったMicrosoftがクラウド界のリーダーになる?■サーバレスコンピューティングを使ってはいけない4つのパターン■NTTドコモも導入──アジア太平洋地域で伸びるSAP...(2017/8/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月16日号:LinuxでもPowerShell
 Computer Weekly日本語版 8月16日号は、以下の記事で構成されています。■「クラウド界の落ちこぼれ」だったMicrosoftがクラウド界のリーダーになる?■サーバレスコンピューティングを使ってはいけない4つのパターン■NTTドコモも導入──アジア太平洋地域で伸びるSAP...(2017/8/16 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
オンプレミスのITインフラに、クラウドの拡張性やコストメリットをもたらす方法
 クラウドは、高額な初期投資が要らず、拡張性に優れ、運用負担を軽減できるなど、オンプレミスにない魅力がある。こうした長所をオンプレミス環境にも取り込みたいと考えるのは当然のことだ。そうしたニーズに応え、ストレージやハイパーコンバージドインフラをクラウド...(2017/8/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージドに苦手な処理はあるのか? 主要ワークロードで徹底検証
 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)にはクラウドのような柔軟性や拡張性、シンプル性など多くの魅力があるが、苦手な処理への懸念もある。例えば、サーバとストレージリソースの両方を使用するトランザクション中心のアプリケーションでは、パフォーマンスが不安定に...(2017/8/9 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

技術文書
償却期限間近の企業システムを迅速・低コストに移行する方法とは?
 業務アプリケーションを含めたインフラ全体をクラウドに移行する企業は、年々増えてきている。その狙いとしては、サポートが終了したOSやレガシーソフトウェアを維持するための時間やコストを削減し、パフォーマンスと信頼性の課題を回避することなどが挙げられる。 中...(2017/8/7 提供:アマゾンウェブサービスジャパン株式会社)

プレミアムコンテンツ
モノづくりの民主化とクラウドがもたらす“これからの製品開発”
 「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS2017)」(会期:2017年6月21〜23日)に出展したオートデスクのブースで行われたユーザートークショー、「ものづくりの民主化とクラウドが変える製品開発」の模様をレポートする。 登壇者であるカブク インダストリアルデザイ...(2017/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「SQL Server 2016」の性能はどれだけ向上する? SSD環境とHDD環境を徹底比較
 SSDなどのフラッシュストレージは低価格化が進み、大企業ならずとも手の届く製品となった。そこで気になるのが、従来のストレージとの機能や価格の違いだ。本資料では、主要フラッシュストレージを、「Microsoft SQL Server」を使ったデータベースサーバのストレージと...(2017/7/31 提供:日本ユニシス株式会社)

製品資料
Windows 10移行に必須のユーザープロファイル管理を「UEM」導入で効率化する
 Windows 10の登場から2年がたとうとしているが、企業のクライアントPCでは依然としてWindows 7の利用が多い。しかし、MicrosoftはWindows 7の延長サポートを2020年1月14日で終了する予定だ。サポート終了によってセキュリティリスクが高まるだけでなく、最新ハードウェ...(2017/7/28 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
「IIJ GIO」と「Azure」の連携能力は本物? SAPシステムのDRサイトで徹底検証
 Microsoftとの強力なパートナー関係の基、「Microsoft Azure」(以下、Azure)と連携させたマルチクラウドサービスの提供を行う「IIJ GIO」。両サービスを組み合わせたソリューションには多くの実績があり、Azureのハイブリッドな活用を目指す企業の有力な選択肢となっ...(2017/7/24 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

技術文書
徹底検証:Azureを活用したSAP S/4HANAシステムのDRサイト構築
 急拡大を続けるクラウドサービス市場では、独自のメリットを売りにした多種多様なサービスが提供されている。そこで、複数のクラウドサービスのメリットを効率よく取り入れる方法として、マルチクラウドを選択する企業が増えている。 特に、ビジネスの根幹をなすSAPシ...(2017/7/24 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月19日号:WannaCryはランサムウェアキラーか?(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 7月19日号は、以下の記事で構成されています。■「オープンソースに貢献するには費用がかかる」のにやる理由とは?■WannaCryはランサムウェア攻撃終焉の始まりか■脳をモデルにしたデータストレージは実現するのか■臨床医も満足、看護師主導...(2017/7/19 提供:アイティメディア株式会社)

Loading