TechTargetジャパン

レポート
同僚の連絡先が見つからない、「Office 365」はこの問題をどう解決する?
 企業における働き方が「固定」から「移動」にシフトしつつある。多くの関係者はこの変化で業務の生産性が大幅に向上すると期待した。実際、改善できたケースも多い。しかし、意外にもかえって効率が下がってしまう事例も出てきている。 その典型的な例が「社員の連絡先...(2017/4/21 提供:KDDI株式会社)

レポート
複雑過ぎて頭を悩ます「Office」のライセンス、中堅・中小企業に最適なのは?
 「Microsoft Office」のライセンスには、気が遠くなるほど多くの選択肢が用意されている。Microsoftは、「Windows」搭載のクライアントPC(Windows PC)やAppleの「Mac」、各種モバイルプラットフォーム対応のOfficeを提供している。ただし、モバイル版は、Windows PCや...(2017/4/21 提供:KDDI株式会社)

Webキャスト
クラウドのように柔軟なリソース拡張、オンプレミスの新たなIT消費モデルとは?
 近年、企業のIT運用は、ワークロードの一部をクラウドで実行し、必要なものをオンプレミスに残すハイブリッド型へと移行しつつある。しかし、それだけではITインフラにおける運用コストを十分に最適化したことにはならない。 オンプレミスの部分では依然として、ストレ...(2017/4/14 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
デジタル変革、どうやって推進しますか? 成功のための「5つの要因」とは
 2000年以降、Fortune 500企業の52%が合併吸収されたり倒産したりしており、企業の存続年数は1950〜1960年代の3分の1〜4分の1に短縮したともいわれている。一方で飛躍的なペースで進化するテクノロジーは、これまでのビジネス手法を根本から変え、多くの企業が新たなビ...(2017/4/12 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
数千のSaaSアプリにシングルサインオン、モバイル活用を進化させるEMM製品は?
 現在、ほとんどの企業が「どこからでも、どのデバイスでも作業できる」ことを標準としている。しかし、従業員が現在のモバイルワーク環境に満足しているかといえば、必ずしもそうではない。その原因の1つが、EMM(エンタープライズモビリティ管理)などによる複雑なアク...(2017/4/10 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
「Office 365」をモバイル端末でフル活用――カギは低コストのセキュリティ強化
 近年、顧客先を訪問するような業務を中心に、クラウドサービスとモバイル端末の活用が進んでいる。しかし、十分な情報セキュリティが確保できないために、そのメリットを引き出せずにいる現場も少なくない。そんな課題を解消する手掛かりとなるのが、水道工事を中心とし...(2017/4/10 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
「Azure」移行の最適プランを提供、アセスメントサービスで解決できる課題とは
 オンプレミスからクラウドへの移行では、移行対象の棚卸や、マイグレーションの制限などが問題になることが少なくない。あるいは、クラウド化の手順や選定基準が分からなかったり、冗長化の知識が乏しかったりすることから、移行に踏み切れずにいる企業も多い。 このよ...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
デジタル変革で収益成長が50%増加、一流組織は顧客との関係をどう変えたのか?
 一流の販売組織は、デジタルの変革を重視してより大きな収益を引き出しているといわれる。このような組織に顕著な特徴は、先進的なデジタル技術の活用領域を生産性向上の場面から、顧客との関わりを構築する場面へと広げようとしていることにある。 これは、Microsoft...(2017/4/6 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
顧客サービス調査で見えた「顧客の獲得と保持」における決定的な要素とは?
 顧客サービスへの期待が年々高まっていることから、多くの企業が顧客サービスと顧客エクスペリエンスによる差別化を目指すようになった。それでは、満足のいく顧客サービスエクスペリエンスとは具体的にどのようなものだろうか? Microsoftの「顧客サービスの状況に関...(2017/4/6 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Office 365で避けられない回線負荷、少ない運用負荷で解消するには
 Office 365を導入する上で、見逃しやすいポイントが回線の負荷だ。クラウドサービスであることに加え、情報・データの共有機能が強化されているため、以前よりセッション数が増加し、回線に無視できない負荷が発生するケースが見られる。 解決策としては、プロキシのス...(2017/4/4 提供:テクマトリックス株式会社)

製品資料
AzureやvSphereのデータ保護も一元化、全プラットフォーム対応バックアップ製品
 2019年には、約8割の企業がクラウドをバックアップに使用し、仮想システムに存在するデータやアプリは約4割を占めるようになるといわれる。システムの柔軟性や信頼性を求める企業は、今後ますますクラウドや仮想環境への傾斜を深めていくと予測される。 だが、多様化し...(2017/4/4 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
ITエンジニアの人月単価は数分の1、ベトナムのオフショア開発でできることは?
 システムやアプリケーションの開発コストを低減する手法として定着した「オフショア開発」。LAMP系、Windows系、Google系などのスキルを備えたITエンジニアが国内で不足するなか、国内エンジニアと比べて数分の1程度の人月単価で開発できることのメリットは極めて大きい...(2017/3/30 提供:株式会社サテライトオフィス)

製品資料
「VR機器」7製品を徹底比較、ビジネス利用で選ぶべき製品は?
 ヘッドマウントディスプレイを利用して、実際に映像の世界に入り込んだような体験ができるバーチャルリアリティー(VR)技術。SAMSUNGやHTC、SONY、Googleなど各社が、一般向けVR製品を発売するようになり、VR市場は一気に活発化している。 PCやゲーム機向けの有線型だ...(2017/3/28 提供:MXモバイリング株式会社)

事例
小売業におけるIoTの役割と「Windows 10 IoT」の活用法
ビジネスを変革する力を持つIoT戦略を推進するために必要な要素とは何か。小売業にとどまらず製造、医療におけるIoTの役割を考えるとともにそ、その実現方法を検討する。このホワイトペーパーには、3つの目的がある。まず、IoT が具体的にどのようなものかを明らかにする...(2017/3/27 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
「Microsoft Teams」は「Slack」に勝てるのか、ポイントは“働き方の劇的変化”
 Microsoftは、2016年11月にコラボレーションツール「Microsoft Teams」(Teams)を発表した。Teamsは小規模の企業や大企業の部署レベルで注目集める「Slack」の大きなライバルとして登場したが、果たしてどのような機能が実装されるのだろうか。またSlackとの違いはどこ...(2017/3/17 提供:KDDI株式会社)

レポート
Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは
 Microsoftは、2種類のオフィススイートを提供している。1つはパッケージ版の「Office 2016」で、もう1つはクラウド版の「Office 365」だ。これらのオフィススイートから入手できるアプリケーションはほとんど変わらないが、Office 2016とOffice 365は果たしてどのような...(2017/3/16 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Office 365活用術:Box連携で業務生産性とセキュリティを同時に向上させる
 現在、多くの企業が「業務生産性の向上」と「セキュリティの強化」という、相反しがちな2つの目標に取り組んでいる。しかし、従来のオンプレミス型製品は、近年のビジネスに欠かせないコラボレーション機能などの面で制限があり、生産性が阻害される。 また、クラウド...(2017/3/14 提供:株式会社Box Japan)

レポート
VDI導入コストを削減する、「Linux VDI」のメリットと制約
 「Linux」の仮想デスクトップを導入する最大のメリットはライセンスにある。オープンソースのVDI(仮想デスクトップインフラ)は、「Microsoft VDI」ライセンスに掛かるコストを削減または一掃する。WindowsやMicrosoft Officeが必要ないユーザーをLinux VDIにすること...(2017/3/9 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
オンプレサーバのクラウド移行が3ステップで完了――移行支援ツール選びの勘所
 保守期限やコストの課題を解決するため、レガシーシステムから、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureなどクラウド環境への移行を検討する企業は少なくない。しかし、悩ましいのが大規模システムやクリティカルシステムだ。見込まれる移行作業時間は長いが、シ...(2017/3/8 提供:三井情報株式会社)

レポート
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション”
 Microsoftは、2015年4月に企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。だが、Skype for Businessに変わることで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざま...(2017/3/2 提供:KDDI株式会社)

製品資料
閉域接続WANでAWSやAzureの安全性を強化――ハイブリッド時代のクラウド運用
 「Amazon Web Services(AWS)」「Microsoft Azure」に代表されるパブリッククラウドは、企業のIT環境に高い拡張性とコストパフォーマンスを提供する。これらは企業にとって非常に魅力的なメリットだが、これまでのクラウド導入は、プライベートクラウドを中心に行われ...(2017/2/28 提供:KDDI株式会社)

製品資料
デジタルマーケティングの基礎ガイド――どうする? 何から始める?
 企業のWebサイトは単なる情報発信の「場所」ではなく、マーケティングの重要な「チャネル」であることは言うまでもない。だが実際に有効活用できている企業は、どれほどあるだろうか。分析ツールやWebサイトを活用していても、部門や商材、サイトごとに縦割りで施策を展...(2017/2/27 提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社)

レポート
「Windows 7/8.1」の更新方法“大幅変更”で右往左往する人々
Windows 7は多くの個人ユーザーやユーザー企業のIT担当部門からの評価がすこぶる高い。そのような世代のWindowsで発生する移行に関する問題は、「この慣れたOSをいつまでも使い続けたい」というユーザーの要望と「当時導入した業務用アプリの新世代OS対応バージョンの開発...(2017/2/16 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「Office 365」はなぜ使いやすい? MicrosoftのOS全方位外交でさらに便利に
 インターネットの普及に伴い、SaaS(Software as a Service)が広がりを見せている。アプリケーションとサポートをパッケージにして販売していたアプリケーションベンダーも、オンラインサービスや従量制サブスクリプションの提供へとシフトしている。それは、「Office ...(2017/2/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
5年間で3割のコスト削減、焼津市役所のタブレット活用に学ぶ業務改革
 「市民が安心して暮らせるまちづくり」を目指して、ICT活用を推進する焼津市役所。同所では、職員用のノートPCがリース期限満了を迎えたことを機に、2-in-1のWindowsタブレットを導入した。「全職員へのタブレット配布」は、全国の自治体では初めてだという。 当初はこ...(2017/2/13 提供:富士通株式会社)

レポート
「iPad」じゃないのはなぜ? Windowsタブレットを選んだ教育機関に聞く
 国内外で教育機関のIT導入の機運が高まっている。特に導入が相次いでいるのがタブレットだ。可搬性に優れたタブレットを1人1台に配備すれば、パソコン教室などの専門教室に移動することなく、普通教室をはじめ多様な場所で端末が利用できる。このことが学びの可能性を広...(2017/2/10 提供:東日本電信電話株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月8日号:NVMe over Fabricsに高まる期待(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 2月8日号は、以下の記事で構成されています。■なぜPowerShellが危険なのか? 増え続ける悪用の現状■SSD用リモートアクセス仕様「NVMe over Fabrics」に掛かる期待と現実■R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リ...(2017/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月8日号:NVMe over Fabricsに高まる期待(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 2月8日号は、以下の記事で構成されています。■なぜPowerShellが危険なのか? 増え続ける悪用の現状■SSD用リモートアクセス仕様「NVMe over Fabrics」に掛かる期待と現実■R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リ...(2017/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月8日号:NVMe over Fabricsに高まる期待
 Computer Weekly日本語版 2月8日号は、以下の記事で構成されています。■なぜPowerShellが危険なのか? 増え続ける悪用の現状■SSD用リモートアクセス仕様「NVMe over Fabrics」に掛かる期待と現実■R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リ...(2017/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

Loading