2013年05月09日 08時00分 UPDATE
特集/連載

世界662人に調査VDIユーザーが最も使う「アプリ仮想化製品」はどれだ?

デスクトップ仮想化を活用する企業は、どういった運用形態を採用しているのか。企業規模別の導入意欲は。調査結果をひも解くと、意外な事実が明らかになった。

[Gabe Knuth,TechTarget]

 Project VRC(訳注:オランダのIT企業が参画する仮想化関連の独立系研究開発プロジェクト)が2012年に実施したデスクトップ仮想化(VDI)の現状に関する調査、「Desktop Virtualization State of the Industry」の結果が最近発表された。調査には世界各地の662人が回答。結果は通説通りのもあれば、通念を裏切るのもあった。アプリケーションやVDIの展開について、特に興味深い点を以下に幾つか紹介する。

ポイント1:「ステートレス」なVDIが予想よりも多く利用されている

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。