2016年01月22日 12時00分 UPDATE
特集/連載

新旧の技術を体系的に学ぶここから始まる「ストレージ仮想化」、5つの方法とは?

企業でストレージを仮想化するアプローチには大きく5つがある。各アプローチのメリットとデメリットを把握し、自社のデータセンターに最適なアプローチを見つけてほしい。

[Brien Posey,TechTarget]
Hyper-V Container 「Windows Server」のコンテナ技術「Hyper-V Container」《クリックで拡大》

 ストレージ仮想化とは、物理ストレージを抽象化して、実際とは異なる形でストレージを提供することを指す場合が多い。例えば、複数の物理ディスクを複数のディスクとしてそのまま提供するのではなく、抽象化レイヤーによって大容量の1つのディスクとして提供する。

 ストレージ仮想化オプションに分類できるテクノロジーは多数ある。各テクノロジーに共通しているのは、抽象化レイヤーを使用して、基盤となる物理ストレージを分からなくしている点だ。企業で利用されている各ストレージ仮想化アプローチの概要を見ていこう。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。