2012年06月12日 09時00分 公開
特集/連載

帯域幅のアップグレードに温度差があるファイバーチャネルとイーサネットストレージネットワーキング技術の最新事情(前)

新しく仮想データセンターインフラを選択するITアーキテクトの多くが、ファイバーチャネルとイーサネットのどちらを採用するかで悩むようになった。拡張性を考慮すると、果たしてどちらを選ぶべきなのだろうか?

[Carol Sliwa,TechTarget]

 データセンターと仮想サーバの統合を検討している大企業のIT部門は、インフラストラクチャのアップグレードに当たり、最新のストレージネットワーキング技術の導入を考える必要がありそうだ。今回から2回にわたり、Fibre Channel(FC)やイーサネット、Fibre Channel over Ethernet(FCoE)、そしてInfiniBandなど、データセンターのストレージネットワーキングインフラの最新事情を紹介する。

16Gbps対応で評価が分かれる「Fibre Channel」

 長期的なロードマップには64Gbps FCに言及しているものも少なくないが、現状は32Gbps FCの標準化が進行中であり、2011年末にようやく16Gbps製品の出荷が始まったばかりだ。しかしアナリストたちによると、新しいスイッチやホストバスアダプター(HBA)を購入する場合、IT部門は今後少なくとも2年は8Gbpsに縛られるという。

 米調査会社Dell'Oro Groupは、2011年に出荷されたFibre Channelスイッチポートの89%は8Gbpsだったと指摘する。この調査会社によると、2012年のFCスイッチの出荷も77%が8Gbpsになる見込みだ。2013年には、16Gbps技術の価格がこなれてくるとともに、8Gbpsと16Gbpsが市場シェアを50%ずつ分け合うと予測する。

 もっとも、そうなってもIT部門がすぐに古いスイッチやアダプターの使用をやめるとは限らない。米TechTargetの最近の調査によると、現在、1Gbpsから16Gbpsまで、あらゆるレベルのFC技術が利用されており、現時点で最も広く普及している回線速度は4Gbpsだ。

 既存の機器に製品寿命が近づき、新世代の製品価格が旧世代並みに下がってくると、最新のインフラを導入する顧客は、その時点で最も高速な技術を選択する傾向にある。またアップグレードサイクルをスキップするケースもある。例えばカナダのウェスタンオンタリオ大学などは、現在2Gbpsから一気に8Gbpsへ移行しつつある。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。