2011年08月19日 09時00分 公開
特集/連載

Red Hatの仮想化製品が一新。運用管理に多数の新機能Javaのツールでも管理可能

Red Hatは2011年末までにRHEV 3.0の管理プラットフォームを一新する。Windows以外でも管理が可能になる他、多彩なオプション管理機能も提供する。

[Sander van Vugt,TechTarget]

 Red Hat Enterprise Virtualization(RHEV) 3.0は、多数の新しい管理オプションを提供する。この最新版RHEVでは、Windows Serverが不要になるからだ。

 RHEV 3.0の管理はWebブラウザベースであるため、ユーザーは任意のプラットフォームでこの仮想化ソフトウェアを管理できる。米Red HatはRHEV 3.0で100%オープンソースの環境を推進しようとしており、この機能の提供はその一環だ。RHEVの管理サーバ(RHEV-M)では、仮想マシン(VM)ストレージリポートを表示したり、VMを簡単にインポートしたりできる新機能が提供される。

 Red Hatは、2011年5月に開催したRed Hat SummitでRHEV 3.0の詳細を発表した。このため、RHEV 3.0が2011年末にリリースされるまでに、その機能には調整が加えられるかもしれない。

関連ホワイトペーパー

Red Hat(レッドハット) | SAN | 仮想化


ITmedia マーケティング新着記事

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。

news061.jpg

売れる仕組みは「AI」で作る(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news143.jpg

コロナ禍でのEC利用は「安さ」より「注文のしやすさ」重視の傾向――流通経済研究所調べ
全国1万人調査から分かったショッパーのネット利用の変化。