2011年08月19日 09時00分 公開
特集/連載

Red Hatの仮想化製品が一新。運用管理に多数の新機能Javaのツールでも管理可能

Red Hatは2011年末までにRHEV 3.0の管理プラットフォームを一新する。Windows以外でも管理が可能になる他、多彩なオプション管理機能も提供する。

[Sander van Vugt,TechTarget]

 Red Hat Enterprise Virtualization(RHEV) 3.0は、多数の新しい管理オプションを提供する。この最新版RHEVでは、Windows Serverが不要になるからだ。

 RHEV 3.0の管理はWebブラウザベースであるため、ユーザーは任意のプラットフォームでこの仮想化ソフトウェアを管理できる。米Red HatはRHEV 3.0で100%オープンソースの環境を推進しようとしており、この機能の提供はその一環だ。RHEVの管理サーバ(RHEV-M)では、仮想マシン(VM)ストレージリポートを表示したり、VMを簡単にインポートしたりできる新機能が提供される。

 Red Hatは、2011年5月に開催したRed Hat SummitでRHEV 3.0の詳細を発表した。このため、RHEV 3.0が2011年末にリリースされるまでに、その機能には調整が加えられるかもしれない。

画像 図1 RHEV 3.0のアーキテクチャはオープン化が徹底されている《クリックで拡大》

Windows以外からも管理が可能に

 RHEV 3.0の新しいアーキテクチャでは、Javaスタックが、RHEVホストとRed Hat Enterprise Linux 6サーバを管理するlibvirtと通信する。RHEV 3.0はJavaとlibvirtをベースにしているため、libvirtライブラリと通信できる全てのJavaツールでRHEVを管理できる。RHEV-Mは、標準のWebベースクライアントから全ての新機能を利用できる。

 RHEV 3.0では、基盤のプラットフォームだけでなく、管理インタフェースも大幅に変更される。特に、ストレージ情報とVM情報は、より完全な新しいツリービューに再整理される。このビューは包括的であり、管理者にとって、VMやホスト、使用可能なストレージに関するリポートを見つけやすい。

画像 図2 再設計されたRHEV-Mのインタフェース《クリックで拡大》

RHEV 3.0の多彩な管理機能

 RHEV 3.0では、これらの他にも機能強化が施される。例えば、新しいAPIによってコマンドライン操作が可能になる。HTTPライクなインタフェースも用意され、システム管理者はHTMLに似た言語を使って、タスクをスクリプト化できるようになる。このインタフェースの詳細はまだ明らかにされていないが、ユーザーはHTMLライクなスクリプト言語を使って、バックグラウンドでVMを簡単にインポートできるようになる。

 また、Red HatはRHEV-Mで、テンプレートを使ってVMを簡単にインポートする方法に取り組んでいる。以下に例を示す。

curl -v -u "vdcadmin@rhev.example.com"

-H "Content-type: application/xml"

-d '

<vm>

<name>new_vm</name>

<cluster><name>web_cluster</name></cluster>

<template><name>apache_template</name></template>

</vm>'

'http://10.35.1.1/rhevm-api/vms'


 これは、VMをインポートするXML風の方法だ。VMのインポートは、rhevshコマンドでも行える。

rhevsh create vm --name new_vm --cluster web_cluster --template apache_template


 RHEV 3.0では、これら以外にも興味深い管理機能が用意される。その1つとして、ローカルストレージにVMイメージファイルを保存するオプションがある。この機能は、ホストが1台で、SANを導入する予算がない小規模な環境で便利だ。

 また、新しいマルチレベル管理機能では、さまざまなレベルの管理者ユーザーを定義できる。例えば、クラスタ全体あるいは1台のホストのみの管理パーミッションを持つアカウントをセットアップすることが可能だ。

 RHEV 3.0は、さらなる詳細が今後明らかになるだろうが、これまでの情報では最大の変更点は管理プラットフォームだ。Red HatはWindowsを不要にし、多くの新機能によってRHEV-Mのオープンソース化を進め、柔軟性を高め、競争力を強化している。

関連ホワイトペーパー

Red Hat(レッドハット) | SAN | 仮想化


ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...