2013年10月30日 21時00分 公開
ニュース

仮想化環境特化型ストレージの新シリーズを発表、ティントリジャパンNEWS

ティントリジャパンがストレージ新製品群を提供開始。単一システムで最大2000の仮想マシンをサポートできる。同時に統合管理ツールの提供や販売パートナーの拡充を発表した。

[TechTargetジャパン]

 ティントリジャパンは2013年10月30日、仮想化クラウド環境向けストレージの新製品群「Tintri VMstore T600シリーズ」と統合管理ツール「Tintri Global Center」を出荷開始した。

 Tintri VMstore T600シリーズは大規模サーバ向けの「Tintri VMstore T650」と中小規模サーバ向けの「Tintri VMstore T620」の2機種。専用OSの最新版「Tintri OS 2.1」を搭載し、スナップショットやレプリケーションなどのデータ保護機能を強化。SNMPv3、LACP(Link Aggregation Control Protocol)などのネットワーク管理プロトコルを利用可能にすることで運用・管理機能を強化した。ファイルシステムの改善による性能向上を実現した(画像)。

photo 画像 Tintri VMstore T600シリーズ

 Tintri VMstore T650は1台で最大2000の仮想マシン(VM)をサポートする。大規模データベースやミッションクリティカルな基幹システム、1000ユーザー以上の仮想デスクトップ(VDI)、クラウド環境などに活用可能なハイエンドモデル。Tintri VMstore T620は、最大500VMをサポート可能なローエンドモデル。ティントリジャパンによると、500ユーザー以下のVDIや中小規模のサーバ統合などに適しているという。Tintri VMstore T650が2780万円、Tintri VMstore T620が1480万円(いずれも税別)。

 Tintri Global Centerは、複数のTintri VMstoreストレージを単一のストレージシステムとして管理できるツール。複数のTintri VMstoreストレージで構成されたストレージシステムと、そのストレージシステムを利用するVM全体の稼働状況を可視化して統合管理できる。加えて、最大32台のTintri VMstoreストレージに対する監視やリポート表示などが可能(画面)。2013年第4四半期(10〜12月)中の提供を予定している。

photo 画面 Tintri Global Center

 また、ティントリジャパンは国内販売/サポート体制の強化を発表。従来の東芝ITサービス、ノックス、丸紅情報システムズ、ユニアデックスに加え、新たにネットワンパートナーズ、富士通エフサスとの協業を開始した。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。