TechTargetジャパン

レポート
業務ではコードを書いたことがない元人事が、プログラマーとして独り立ちするまで
 「大学卒業後、入社した大手人材会社では営業を経験、その後は人材採用を担当していました。当時の採用ターゲットの一つがITエンジニア。自社の新規事業をWebサービスとして展開する必要があり、エンジニア採用に乗り出したときだったんです」と振り返るのは、佐野まど...(2016/9/16 提供:株式会社リクルートキャリア)

事例
ICT教育の先進校がアクティブラーニング環境に選んだPCは?
 実践的ITスキルの獲得を目指した先進的な情報教育を行っている神戸学院大学附属高等学校。同校では、PC操作を中心とする「情報」の授業だけでなく、学内での時間管理や学習目標の設定など、学校生活全般にわたってICTを活用している。 同校のもう1つの特色が、IT教育の...(2016/9/1 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

事例
中小企業でも手軽に使えるBIツール、従業員数30人の大勇フリーズの活用法とは?
 ITを活用した業務改善を目指す企業に多くのメリットをもたらすBIツール。誰でも分析ができるオールインワンの製品なども登場し、中小規模の企業でも簡単に活用できるようになったが、高額なコストがネックとなり、導入に至っていないケースも少なくない。 それでは、大...(2016/9/1 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
800枚の図面分析からわかった、設計チーム効率改善5つのツボ
 CAD導入の初期は、個人がスキル向上をして効率化を目指す。しかし、このような『部分最適』アプローチでは、その効果は知れている。本ホワイトペーパーで紹介するACPE(AutoCAD Productivity Enhancement)プログラムでは、『全体最適』の視点で、チームが効率化の手法...(2016/8/31 提供:オートデスク株式会社)

製品資料
従来機器が検出できない標的型攻撃を防御、24時間365日の有人監視サービスとは
 2011年頃から日本でも被害が目立ち始めた標的型攻撃。ファイアウォール、IDS/IPS(不正侵入検知/防御システム)、WAF(Webアプリケーションファイアウォール)では、脅威を完全に排除ができないことから、近年はサンドボックス技術を導入する企業も増えている。 しか...(2016/8/19 提供:三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社)

レポート
情報漏えいを限りなくゼロに近づける「特権ID管理」の4つの対策
 内部攻撃や外部攻撃による情報漏えいを食い止めるための「予防」と「検出」による対策は、具体的には、「承認に基づく特権IDの貸し出し」「厳格なパスワード管理」「アクセスログの定期的な点検」「特権操作の記録と点検」の4つが重要になる。 本ホワイトペーパーでは...(2016/8/1 提供:NTTソフトウェア株式会社)

事例
専門知識ゼロから始めるIoTソリューション開発、初心者も使える開発基盤とは?
 IoTが生み出す新たな価値が広く認識されるようになり、IoTを使ったサービスの提供を検討する企業が増えている。これに伴い、IoTソリューションのプロジェクトも増加している。 このような状況にもかかわらず、IoTプロジェクト推進に二の足を踏んでいるケースのほうが多...(2016/8/1 提供:株式会社ネットワールド)

レポート
「PCが苦手な私じゃ無理」どころか今が好機の「IT業界女性キャリア」事情
 最近のIT関連ビジネスは、プログラムコードをガリガリとコーディングする職人的な開発の世界ばかりではなく、Webデザインといった美術の世界に関連したジャンルからインターネットサービスといった企画アイデアを必要とするジャンルまでと幅広い。 また、その「働き方...(2016/7/27 提供:株式会社リクルートキャリア)

製品資料
訪日客向けビジネスの第一歩、ノウハウ不要で組み込める3種の観光案内機能とは?
 JTBが発表した「2016年の旅行動向見通し」によると、2016年の訪日外国人旅行者は前年比19.0%増の2350万人が見込まれるという。そのため、訪日客向けのビジネスに興味を持つ企業が増え始めているが、ノウハウがないことから具体的な行動に移せずにいるケースも見られる...(2016/7/27 提供:株式会社駅探)

事例
操作性を損なわない標的型攻撃対策――ファイル暗号化で2つの弱点を克服
 ファイアウォールやアンチウイルスソフトの導入と、スタッフのITスキルやリテラシーの向上は、ほとんどの企業や組織がセキュリティ対策の基本としている。しかし、このような対策を行っている企業の間でも情報漏えい事件は後を絶たない。 その理由として、アンチウイル...(2016/7/27 提供:アルプス システム インテグレーション株式会社)

製品資料
コールセンターで「よくある質問」をすぐに減らせる――FAQ連携の3つの価値
 コールセンター(CS)への問い合わせを削減するために、多くの企業がFAQサイトを開設している。その目的はコスト削減や業務の効率化だけではない。顧客満足度を向上させる上でもFAQサイトの活用は重要だ。 顧客にFAQサイトを積極的に活用してもらい、自己解決が進めば...(2016/7/8 提供:株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

製品資料
すぐ必要なネットワーク専門家、ビジネス機会を逃さず見つける方法とは?
 さまざまなネットワーク製品を提供するジュニパーネットワークスでは、同社製品に対する高いスキルを持つ専門家を認定する制度を実施している。しかし、これまで同社公認の専門家を探すには、電話やメールなどを通じた交渉に多くの時間を費やさなくてはならなかった。 ...(2016/7/1 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
ネットワーク製品の専門スキル、ニッチなものでもマーケットならすぐ見つかる
 特定の高度なスキルを持つ専門家の不在で、新規顧客や新規プロジェクトの獲得機会を失うことは少なくない。必要に応じて外部のリソースを活用しようとしても、突発的に訪れた機会に対して最適な人材を見つけることは非常に難しいからだ。 しかし、ネットワーク分野に関...(2016/7/1 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
標的型攻撃に狙われる「検知の死角」――なぜ担当者は発見できないのか?
 高度なスキルを持つセキュリティ担当者であっても困難といわれる作業の1つに「標的型攻撃とインシデントの検出」がある。高いステルス性を備えた標的型攻撃は、侵害の指標(IoC:Indicators of Compromise)が捉えづらく、検出が困難であるため、侵入されても異常が見つ...(2016/6/23 提供:Intel Security)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月22日号:ネットワーク市場を激変させるNFV(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 6月22日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftが打ち出した「新SharePoint戦略」は時代遅れ■コンシューマーはFacebook銀行&Google銀行を望んでいる?■「オールIPv6は危険!?」──こんなにあるIPv6のセキュリティリスク■「こん...(2016/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月22日号:ネットワーク市場を激変させるNFV(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 6月22日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftが打ち出した「新SharePoint戦略」は時代遅れ■コンシューマーはFacebook銀行&Google銀行を望んでいる?■「オールIPv6は危険!?」──こんなにあるIPv6のセキュリティリスク■「こん...(2016/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月22日号:ネットワーク市場を激変させるNFV
 Computer Weekly日本語版 6月22日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftが打ち出した「新SharePoint戦略」は時代遅れ■コンシューマーはFacebook銀行&Google銀行を望んでいる?■「オールIPv6は危険!?」──こんなにあるIPv6のセキュリティリスク■「こん...(2016/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり
 高度な分析スキルがなくても、あらゆる規模のデータを探索・分析できるBIツールが登場するようになった。これにより多くの企業において、BIやアナリティクス関連の業務が組織内で広く浸透している。ここで新たな課題として浮上してきたのが、多数の企業で導入されている...(2016/6/16 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
タスク管理DBを10分で作成、オーディオテクニカの業務改善を支えるシステムとは
 業務管理システムの代わりにExcelやAccessを使うことが“スキルの証明”となる時代が長く続いていたが、この数年で状況は大きく変わった。セキュリティ強化、データ活用などの要求水準が一段と高まったことに加え、従来の方式では業務の効率化が進まなくなったことが要...(2016/6/1 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
VDIの課題を解決、ハードウェア占有型リモートデスクトップの実力とは?
 ワークスタイルの多様化に伴い仮想デスクトップが普及する中、既存のデスクトップ仮想化には、「物理PCと比べスムーズに動かない」「導入にはサーバ仮想化やインフラ構築スキルが必要である」といった懸念が挙げられる。 そこで、従来型仮想デスクトップの代替として注...(2016/4/28 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

技術文書
エンタープライズオープンソース製品導入戦略ガイド
「Windows」や「UNIX」「Oracle Database」のスキルは今や「レガシー」化したという認識が、IT業界で広がっている。新興企業から大手電子商取引サイトまで、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大し、OSS関連スキルの需要が高まっている。 プロプライエタリ製品...(2016/4/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly 従業員を失望させる企業の特徴
 もはやIT化は常識ともいえる時代だが、実は企業のIT導入はそれほど成功していない。残念企業には、従業員を失望させ、誤ったIT導入により生産性は向上していないという共通点がある。 本PDFは以下の2つの記事で構成されている。・スキル習得を望む従業員を失望させる企...(2016/4/13 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
クラウド活用を成功に導く「ロードマップ」の作り方
 クラウドのメリットを最大限に生かすためには、クラウド活用のロードマップが大いに役立つ。自社に望ましいクラウド環境とはどういうものか、最初に導入すべきワークロードは何か、各部門の支持を得るために何をしたら良いのかという3つのポイントを踏まえ、ロードマッ...(2016/4/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
オンプレミスへの回帰で注目、コンバージドインフラが解決する「4つの課題」
 企業ITのトレンドとして、パブリッククラウドへの移行は今後も続くと予想されるが、システム規模やサービス利用期間によっては、パブリッククラウドのコストがオンプレミスのコストを上回ることがあることを知っているだろうか。そのため、「オンプレミスへの回帰」とい...(2016/4/1 提供:デル株式会社)

製品資料
適材適所で生かすSDNの基礎知識――2つのSDN実装モデルを解説
 ビッグデータやソーシャル、モバイルなどの活用が経営に与える影響は大きくなりつつある。そのため、IT部門に対しても、モバイル・クラウドの活用やハードウェア仮想化といったネットワーク環境の変化に対する管理スキルの高度化が求められている。サービス品質、コスト...(2016/3/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ITインフラコストを最大24%削減、統合運用管理サービスの実力を探る
 ITインフラストラクチャの規模が拡大する一方で、複雑化したシステムの運用管理に割くIT部門のスキル、リソース不足が問題となっている。アジャイルな開発環境が整っても、運用がシステム別、インフラ別でバラバラとなっていては、効率やスピード、品質は改善されず、 ...(2016/3/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
従来のストレージと仮想化のミスマッチを避ける「ストレージ構築のポイント」
 従来、企業のデータ格納に外部ネットワークストレージを利用してきたが、多額の設備投資、運用の複雑さが懸念事項となっている。また、近年のストレージアレイもベンダー固有の専門的なスキルが必要で、アプリケーションへの柔軟な対応ができない。結果、高額なアップグ...(2016/3/24 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
実は簡単、Webサイト常時SSL化のために必ず知っておくべきこと
 Webサイトの全ページをHTTPS化する「常時SSL」が、大きなトレンドとなっている。従来、個人情報を入力するフォームやログインページなどをSSL化するWebサイトは多かったが、巧妙化するサイバー攻撃への対策や、モバイル化の進展に伴い急増している公衆Wi-Fiなどからの通...(2016/3/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月16日号:Microsoftが米国政府と全面対決(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 3月16日号は、以下の記事で構成されています。■勝者はOffice 365かGoogle Appsか──メールサービス市場は混迷模様■変化するCIOの役割、だが「こうしたスキルを備えている者は多くない」■VMwareは複雑で高すぎる──あるSaaSプロバイダーが...(2016/3/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月16日号:Microsoftが米国政府と全面対決(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 3月16日号は、以下の記事で構成されています。■勝者はOffice 365かGoogle Appsか──メールサービス市場は混迷模様■変化するCIOの役割、だが「こうしたスキルを備えている者は多くない」■VMwareは複雑で高すぎる──あるSaaSプロバイダーが...(2016/3/16 提供:アイティメディア株式会社)

Loading