TechTargetジャパン

製品資料
激務とミス多発の悪循環を解消、人手不足の情シスでも実行できる“働き方改革”
 システム部門の頭を悩ませる、慢性的な人手不足やスキル不足。それらを解消し、生産性を向上させるには2つのアプローチが必要だ。1つは定量的データに基づく運用改善の仕組み作りだ。作業を詳細に記録し、頻度の高い作業や所要時間にばらつきのある作業などの実態を把握...(2017/10/17 提供:日本電気株式会社)

製品資料
実用段階に入った「AI」、実際にどんな業務に活用できるのか?
 AI市場の成長が著しい。中でも注目すべきは、人間に近い学習能力をもたらすディープラーニングの進化だ。従来のAIでは、効率的に学習させるには専門家が特徴を抽出する必要があったが、ディープラーニングではスキルが必要な作業を機械自身が代行できるようになり、大幅...(2017/10/10 提供:日本電気株式会社)

レポート
データ肥大化を解決する「3つのA」とデータレイクに必須の「4フェーズ」とは
 SNSやIoTの普及で企業の扱うデータが肥大化している。戦略決定にデータ活用は重要だが、その管理運用コストは増え続けているのに投資に見合った効果が得られていないと考えている経営者も増えている。 現実問題として、ストレージの容量は不足し運用負荷が重い状況にあ...(2017/10/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
売りまくる営業組織の作り方
 企業に欠かせない「営業活動」が難しくなっている。ビジネス環境の変化によって1人の営業パーソンが求められる技量やスキルは高度化している。かつてのように1人のハイパフォーマンスな営業パーソンが企業全体の業績を支えるようなことは不可能だ。求められるのは営業組...(2017/9/28 提供:KDDI株式会社)

技術文書
いま設計者に求められるスキル、熱流体解析ソフトウェアを使いこなすための第一歩がここに!
 ソフトウェアやハードウェアの進歩に伴い、CAEが活用される機会は年を追うごとに多くなっています。熱流体解析ソフトウェアも例外ではなく、今や設計・製造プロセスに欠かせないツールの一つと言えるでしょう。 以前は、解析専任者が熱流体解析を行うケースがほとんど...(2017/9/26 提供:株式会社ソフトウェアクレイドル)

製品資料
AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策
 「Amazon Web Services」(AWS)は、高いスキルがなくても手軽にサーバを立ち上げられる半面、セキュリティに関して十分に検討・対策がされていないケースも見られる。 AWSの基本的なインフラ部分は、AWS側で効果的なセキュリティが用意されているが、ゲストOS、ミドル...(2017/9/19 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
簡単安全な文書管理を実現、「異種ソリューション連携技」で効率向上を極める
 外出先など、自席以外の場所でメンバーそれぞれが仕事をする業務形態が増えている。このような環境では、業務文書の安全性を確保するのはもちろん、どこにいても業務文書を編集できるだけでなく、メンバー全員で最新の文書を共有できることが必須となる。 メンバー間で...(2017/9/14 提供:アドビ システムズ 株式会社)

製品資料
ソフトウェアベースでインフラ刷新、次世代仮想化基盤の3つのメリットとは?
 仮想化とクラウドというソフトウェアベースのソリューションによって、データセンターのインフラは劇的な効率化とコスト削減を果たした。しかし、ストレージやネットワークは依然としてハードウェアに依存しているため、管理やメンテナンスの手間は従来のままになってい...(2017/9/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

比較資料
クラウドベースのセキュリティを実現する「7つのポイント」
 オンプレミスインフラのセキュリティ対策として注目されているのが、クラウドベースのセキュリティ対策だ。サイバー攻撃は日々刻々と進化しており、その全てに単一のインフラ、企業で対応するのはリソース的に不可能だ。高水準のテクノロジーを組み合わせて運用すること...(2017/8/30 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

技術文書
「NVMe」時代のストレージネットワークを徹底比較
 ストレージのオールフラッシュ化の流れの中で新たなストレージインタフェース「NVMe」が登場し、共有ネットワークストレージの環境も新たな技術が模索されている。その中で有力候補とされるのが既存のSANを代表するファイバーチャネルを使った「NVMe over Fibre Channel...(2017/8/28 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

レポート
800枚の図面分析から分かった、設計チーム効率改善5つのツボ
 CAD導入の初期は、個人がスキル向上をして効率化を目指す。しかし、このような『部分最適』アプローチでは、その効果は知れている。本ホワイトペーパーで紹介するACPE(AutoCAD Productivity Enhancement)プログラムでは、『全体最適』の視点で、チームが効率化の手法...(2017/8/22 提供:オートデスク株式会社)

製品資料
出荷のロスと機会損失を低減、誰でも60〜90%の精度で受注予測できる方法とは?
 卸売業やメーカーの受注予測は、精度が悪いとロスや機会損失が発生し、業績悪化の原因となる。しかし、受注予測は現場のベテラン担当者の経験や勘に依存しているケースも多く、担当者のスキルによって精度にばらつきが出てしまったり、退職や異動により業務に支障が出て...(2017/8/8 提供:株式会社ノーチラス・テクノロジーズ)

製品資料
注目機能を解説、ビジネス変化に強いハイパーコンバージドインフラの見極め方
 求められる機能の多様化・高度化に伴って、ITインフラは複雑化してきた。必要なリソースは予測が困難で、調達には常にリスクを伴う。複雑化した構成は運用者に高度なスキルを求めるとともに、導入期間も長期化しがちだ。さらに異なるベンダー製品を併用すれば、管理や拡...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
保守コスト削減からレガシー機器の延命まで――EOSL保守サービス選びのポイント
 サーバやストレージ、ネットワーク機器などのメーカーサポートは、一般的に約5年程度で終了するといわれている。しかし、リプレース費用などの問題から、このように「EOSL」(End Of Service Life)を迎えた製品を使い続けたいと考える企業は多い。 そこで、選ばれてい...(2017/8/4 提供:アプライドテクノロジー株式会社)

事例
サーバ仮想化したものの高まる運用負荷、川重冷熱工業が取り組んだ改善の一手とは
 サーバ仮想化は、ハードウェアリソースの効率的な運用、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策への対応、可用性の向上など、多岐にわたるメリットを持つ。既に企業の過半数が導入したともいわれるが、その運用・保守は複雑化しやすく、活用にはスキルも求められる。(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
優秀な外国人エンジニアはどうすれば確保できる? スキル評価で失敗しない秘訣
 国内でIT技術者の不足が深刻な問題となっていることから、近年は、若くて高いスキルを持つ人材を海外から確保しようと考える企業が増えてきている。しかし、外国人採用やオフショア開発などにおいて、エンジニアのスキルレベルを把握できずに苦労するケースも少なからず...(2017/7/26 提供:日本サード・パーティ株式会社)

製品資料
ITスキルを正しく把握できている? スキルの可視化で的確な人材育成が可能に
 ITエンジニアが関わるフィールドは拡大しており、そのスキルの把握はますます困難になっている。スキルアップや人材育成の仕組みをどう構築すればよいかという課題は、多くの企業で共通するものだ。そこでITスキルを可視化できるアセスメントツールが注目されている。 ...(2017/7/26 提供:日本サード・パーティ株式会社)

製品資料
障害対応からサーバ構築・管理まで対応、中小企業向け保守・運用代行サービス
 中小企業は、PC、サーバやネットワークといったITの保守や管理、セキュリティ対策を行う情報セキュリティ担当者を雇いたいくても雇えない場合がある。例えば、コスト的に雇うことができない、適任者が社内にいないといったケースが考えられる。しかし、だからといってセ...(2017/7/19 提供:シーティーエス株式会社)

製品資料
Hadoopを業務部門でも活用、専門家でなくても扱えるデータ統合管理ツール
 ビッグデータを高速に処理できる「Hadoop」の導入企業が増える一方で、そのデータの管理や分析のスキル不足に悩む企業も少なくない。Hadoop環境ではコーディングスキルが要求される場面が多く、業務部門などの一般ユーザーが活用するにはハードルが高いのだ。 そこで...(2017/7/3 提供:SAS Institute Japan株式会社)

プレミアムコンテンツ
組み込みソフトの品質確保、取り組み多彩ながら「スキル低下」など課題も多く
 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」では2017年5月に、製造業の設計・開発に携わる読者を対象に、「組み込みソフトウェアの品質」に関する利用動向調査を実施した。 組み込みソフトウェアの品質については、各社にて工程標準化や部門間コミュニケー...(2017/7/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
コンバージドインフラ製品導入戦略ガイド
 ハイパーコンバージドプラットフォームは、デジタル製品の開発を加速しながら、拡張やプロビジョニング、管理業務を合理化できる。この技術を利用することでスキルの数や関連コストを削減できる一方で、スタックの全パーツを管理する方法を確実に把握しておくことが求め...(2017/6/23 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
Salesforceからの帳票出力を効率化、クラウド帳票サービスで解決できる課題とは
 伝票や請求書、給与明細などの「帳票」の運用では、複雑なレイアウトの作成や印刷時のズレなど、さまざまな課題がある。営業支援・CRMツール「Salesforce」からの出力でも、帳票へのデータコピーやカスタマイズなどで苦労しているユーザーも多いだろう。 本コンテンツ...(2017/6/22 提供:ウイングアーク1st株式会社)

製品資料
「OpenStack」の複雑さを解消、クラウド構築を迅速化する統合プラットフォーム
 多くの企業におけるクラウド戦略で重要な位置を占めている「OpenStack」。しかし、OpenStackの導入は容易ではなく、クラウド固有の社内スキルと経験が必須になり、サポートやサービスを複数のベンダーやオープンソースコミュニティーに合せて調整する作業が必要になると...(2017/6/2 提供:インテル株式会社)

技術文書
ラックマウントサーバで構築するハイパーコンバージド――導入手法を徹底解説
 データセンター運用において頭が痛いインフラの複雑化。運用・保守を考えれば、データセンターの構成をシンプルにし、コストやスキルを要求されるSANなしに構築できることが望ましい。 そこで注目されるのが、仮想化環境の最適化や容易なリソース拡張が可能なラックマ...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

レポート
PCライフサイクル管理が左右する生産性――企業調査から見えてきた対策とは?
 従業員の就業場所やデバイスが多様化したことで、生産性向上につながる適切なツールを従業員に提供し続けられることが以前にも増して重要となっている。しかし、そのためのPCライフサイクル管理を自社で賄うことも困難になりつつある。 Forresterの企業調査では、60%...(2017/5/15 提供:デル株式会社)

技術文書
校正に影響を与える6つの要素 - 校正の成果物と価値のばらつきについて
校正サービスのばらつきを明確に示し、技術的なスキルがない担当者でも校正の重要性を理解できるように、本書では校正の有効性やサービスが直接的/間接的コストに与える影響を6つの側面から説明する。本書では、以下の側面について解説する。1. テストの範囲(パラメータ...(2017/4/20 提供:キーサイト・テクノロジー合同会社)

プレミアムコンテンツ
35歳でも大丈夫!? 技術者転職のポイント【技術スキル編】
 転職活動をする側からすると、採用企業側の考え方や選考ポイントについて、可能な限り事前に知っておきたいと思うはずです。 採用担当者や面接官は、あなたのどのような点を評価し、どのようなところをマイナスに捉えるのでしょうか? また、明らかに不採用になってし...(2017/4/4 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
専門スキル不要で重要データを保護――「出口対策」運用の負荷を軽減するには?
 企業を狙ったサイバー攻撃は、主にビジネス上の機密データや個人情報などの窃取を目的としている。データを確実に保護するには、従来のセキュリティ対策に加え、重要データの持ち出し制御や、プロセス制御によるデータの不正操作防止などの機能が欠かせない。 一方で...(2017/3/31 提供:クロス・ヘッド株式会社)

製品資料
ITエンジニアの人月単価は数分の1、ベトナムのオフショア開発でできることは?
 システムやアプリケーションの開発コストを低減する手法として定着した「オフショア開発」。LAMP系、Windows系、Google系などのスキルを備えたITエンジニアが国内で不足するなか、国内エンジニアと比べて数分の1程度の人月単価で開発できることのメリットは極めて大きい...(2017/3/30 提供:株式会社サテライトオフィス)

製品資料
オンライン大学運営のノウハウを生かす“使われるeラーニングシステム”の秘訣
 スキルアップやコンプライアンスの徹底など、従業員へ一斉に情報伝達や教育をするケースは多い。そこで役立つのがeラーニングという手段である。企業内の端末や通信インフラの充実により、今まさにそうしたシステムを導入・活用しやすいタイミングになったといえよう。(2017/3/30 提供:サイバーユニバーシティ株式会社)

Loading