TechTargetジャパン

製品資料
VDIの課題を解決、ハードウェア占有型リモートデスクトップの実力とは?
 ワークスタイルの多様化に伴い仮想デスクトップが普及する中、既存のデスクトップ仮想化には、「物理PCと比べスムーズに動かない」「導入にはサーバ仮想化やインフラ構築スキルが必要である」といった懸念が挙げられる。 そこで、従来型仮想デスクトップの代替として注...(2016/4/28 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

技術文書
エンタープライズオープンソース製品導入戦略ガイド
「Windows」や「UNIX」「Oracle Database」のスキルは今や「レガシー」化したという認識が、IT業界で広がっている。新興企業から大手電子商取引サイトまで、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大し、OSS関連スキルの需要が高まっている。 プロプライエタリ製品...(2016/4/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり
 高度な分析スキルがなくても、あらゆる規模のデータを探索・分析できるBIツールが登場するようになった。これにより多くの企業において、BIやアナリティクス関連の業務が組織内で広く浸透している。ここで新たな課題として浮上してきたのが、多数の企業で導入されている...(2016/4/15 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly 従業員を失望させる企業の特徴
 もはやIT化は常識ともいえる時代だが、実は企業のIT導入はそれほど成功していない。残念企業には、従業員を失望させ、誤ったIT導入により生産性は向上していないという共通点がある。 本PDFは以下の2つの記事で構成されている。・スキル習得を望む従業員を失望させる企...(2016/4/13 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
クラウド活用を成功に導く「ロードマップ」の作り方
 クラウドのメリットを最大限に生かすためには、クラウド活用のロードマップが大いに役立つ。自社に望ましいクラウド環境とはどういうものか、最初に導入すべきワークロードは何か、各部門の支持を得るために何をしたら良いのかという3つのポイントを踏まえ、ロードマッ...(2016/4/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
オンプレミスへの回帰で注目、コンバージドインフラが解決する「4つの課題」
 企業ITのトレンドとして、パブリッククラウドへの移行は今後も続くと予想されるが、システム規模やサービス利用期間によっては、パブリッククラウドのコストがオンプレミスのコストを上回ることがあることを知っているだろうか。そのため、「オンプレミスへの回帰」とい...(2016/4/1 提供:デル株式会社)

製品資料
適材適所で生かすSDNの基礎知識――2つのSDN実装モデルを解説
 ビッグデータやソーシャル、モバイルなどの活用が経営に与える影響は大きくなりつつある。そのため、IT部門に対しても、モバイル・クラウドの活用やハードウェア仮想化といったネットワーク環境の変化に対する管理スキルの高度化が求められている。サービス品質、コスト...(2016/3/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ITインフラコストを最大24%削減、統合運用管理サービスの実力を探る
 ITインフラストラクチャの規模が拡大する一方で、複雑化したシステムの運用管理に割くIT部門のスキル、リソース不足が問題となっている。アジャイルな開発環境が整っても、運用がシステム別、インフラ別でバラバラとなっていては、効率やスピード、品質は改善されず、 ...(2016/3/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
従来のストレージと仮想化のミスマッチを避ける「ストレージ構築のポイント」
 従来、企業のデータ格納に外部ネットワークストレージを利用してきたが、多額の設備投資、運用の複雑さが懸念事項となっている。また、近年のストレージアレイもベンダー固有の専門的なスキルが必要で、アプリケーションへの柔軟な対応ができない。結果、高額なアップグ...(2016/3/24 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月16日号:Microsoftが米国政府と全面対決(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 3月16日号は、以下の記事で構成されています。■勝者はOffice 365かGoogle Appsか──メールサービス市場は混迷模様■変化するCIOの役割、だが「こうしたスキルを備えている者は多くない」■VMwareは複雑で高すぎる──あるSaaSプロバイダーが...(2016/3/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月16日号:Microsoftが米国政府と全面対決(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 3月16日号は、以下の記事で構成されています。■勝者はOffice 365かGoogle Appsか──メールサービス市場は混迷模様■変化するCIOの役割、だが「こうしたスキルを備えている者は多くない」■VMwareは複雑で高すぎる──あるSaaSプロバイダーが...(2016/3/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月16日号:Microsoftが米国政府と全面対決
 Computer Weekly日本語版 3月16日号は、以下の記事で構成されています。■勝者はOffice 365かGoogle Appsか──メールサービス市場は混迷模様■変化するCIOの役割、だが「こうしたスキルを備えている者は多くない」■VMwareは複雑で高すぎる──あるSaaSプロバイダーが...(2016/3/16 提供:アイティメディア株式会社)

事例
クラウドのニーズに欠かせない「フルスタックエンジニア」を見つけて育てる
 クラウド活用ではさまざまなニーズが発生する。オンプレミスとの連携に始まり、次々と登場する最先端オープンソースの取り込み、そしてサーバだけでなくストレージやネットワークにまで広がる仮想化の応用などである。技術習得のハードルは高くなり、新人教育はもちろん...(2016/3/10 提供:日本サード・パーティ株式会社)

事例
トレンドマイクロのセキュリティエキスパート育成を支える指標
 システムにおけるクラウド活用が一般化したいま、IT部門は専門スキルをさらに磨くとともに、専門以外でも幅広くIT分野全体に対する知識や能力を身に付ける必要が生まれている。なぜなら、クラウドによって連携するシステムは多種多様であり、起因する課題やユーザー要求...(2016/3/9 提供:日本サード・パーティ株式会社)

Webキャスト
データ活用を根底から変える「散在データの仮想統合」という考え方
 サイロ化された業務システム、顧客対応情報、機器ログ、文書・画像・映像など、企業が扱うデータはさまざまな形式で散在している。これらデータを横断的に活用する手段としてはデータウェアハウス(DWH)を構築し、BIを使うことが一般的だ。しかし多くの時間とコストが...(2016/2/23 提供:スマートインサイト株式会社)

事例
ITエンジニア評価「GAIT」でスキルを数値化すると何が分かるのか
 クラウドを活用するに当たっては、それ自体の技術はもちろんのこと、仮想化やネットワーク、データベースやOS、アプリケーション、ストレージ、セキュリティなど関係する知識やスキルが必要になるケースは多い。構築経緯やユーザー企業のシステム要件を理解した上で広範...(2016/2/19 提供:日本サード・パーティ株式会社)

技術文書
実は簡単、Webサイト常時SSL化のために必ず知っておくべきこと
 Webサイトの全ページをHTTPS化する「常時SSL」が、大きなトレンドとなっている。従来、個人情報を入力するフォームやログインページなどをSSL化するWebサイトは多かったが、巧妙化するサイバー攻撃への対策や、モバイル化の進展に伴い急増している公衆Wi-Fiなどからの通...(2016/1/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月2日号:暴挙か? GoogleのOffice 365攻略作戦(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 12月2日号は、以下の記事で構成されています。■Office 365打倒に燃えるGoogleのなりふり構わぬ「無償」作戦■問題だらけのAndroidセキュリティ、そもそも何がダメなのか?■スキル習得を望む従業員を失望させる企業の実態■プライバシーかセ...(2015/12/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月2日号:暴挙か? GoogleのOffice 365攻略作戦(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 12月2日号は、以下の記事で構成されています。■Office 365打倒に燃えるGoogleのなりふり構わぬ「無償」作戦■問題だらけのAndroidセキュリティ、そもそも何がダメなのか?■スキル習得を望む従業員を失望させる企業の実態■プライバシーかセ...(2015/12/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月2日号:暴挙か? GoogleのOffice 365攻略作戦
 Computer Weekly日本語版 12月2日号は、以下の記事で構成されています。■Office 365打倒に燃えるGoogleのなりふり構わぬ「無償」作戦 敵は世界で最も導入されているクラウドアプリ「Office 365」。Office 365をこの座から引きずり下ろすため、Googleが大胆な戦略を発...(2015/12/2 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
不正アクセス増加が「セキュリティ人材不足」最大の原因だった?
 WebサーバやWebアプリケーションへの不正アクセスをはじめ、企業を狙ったサイバー攻撃が相次いで明るみに出ている。攻撃手段の巧妙化が進む中、何とかして自社のシステムを守るべく、対応に追われている企業のセキュリティ担当者は少なくないはずだ。セキュリティ対策の...(2015/9/29 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
Hadoopに使いやすさと自動化を──OSSとエンタープライズ機能の融合
 データの大容量化と多様化が進む中、さまざまな種類の膨大なデータを低コストで格納し分析するためにHadoopの採用を検討する企業が増えている。しかし、Hadoop内部に格納されているデータから重要な洞察を引き出すためには、予想以上に高度なスキルと多大な労力が必要だ...(2015/7/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
製造業の生産拠点の配置戦略を一変させる「Next-shoring」ってなんだ?
 これまでの製造業は、生産拠点の配置戦略を立てる際に、需要と供給のニーズに対応できる近隣に配置することを優先してきた。しかし、需要がある場所の近くに拠点を配置することはいまだに重要だが、コスト効率を最優先にすることはあまり意味を持たなくなってきた。現在...(2015/7/8 提供:ポリコムジャパン株式会社)

製品資料
Hadoopクラスタのスケーラビリティ/パフォーマンス/セキュリティを確保するためのポイントを探る
 大規模分析で古くから使用されているSQLのスキルを利用し、Hadoopを含むあらゆるソースからのデータを検索し、可視化したいというニーズは、ビッグデータ分析に取り組む企業にとって一般的なものだといえる。IBMのHadoop実装であるInfoSphere BigInsightsに搭載されてい...(2015/6/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
長期的視点のクラウド戦略策定、3つのステップ
 従来のシステム環境をクラウド化する。それは、単にシステム関連コストを圧縮するだけのメリットを企業に提供するものではない。クラウドは本来、ビジネスに直接作用して、その企業のビジネススタイルや収益構造などを根本から変えるポテンシャルを持っている。最近、こ...(2015/5/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
広域多拠点の無線LAN導入をクラウド管理で低コスト化
 タブレットやスマートフォンの利用拡大に伴い、業務利用のワイヤレスデバイスは、急速に増加している。これら機器を収容する無線LANシステムは、運用管理や通信品質、セキュリティなどの面から、コントローラー型製品による集中管理が望ましい。だが、導入の複雑さ、導...(2015/2/16 提供:ネットワンパートナーズ株式会社)

製品資料
劣悪なネットワークパフォーマンスと低い可用性から脱出するために必要な7つの機能とは?
 トラブルのたびにシステム監視ツールの警告ランプがあちらこちらで光るものの、何が根本原因で、どう対処すればいいのかを探すことができない。こうした課題を抱える企業のIT部門は意外に多い。しかし障害に対して日々の運用だけでカバーしている状況では、トラブルを事...(2015/2/16 提供:Ipswitch, Inc.)

製品資料
サーバ仮想化の「理想と現実」のギャップを解消する
 新規システム導入時にクラウドや仮想化を採用する企業が増えており、多くの企業でプライベートクラウド導入に前向きだ。だが、仮想化を導入したが、管理対象が増え運用コストが増加したり、人員や担当者のスキル不足などの新たな課題を抱えることになった例も多い。日本...(2015/1/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
CAL不要、月額9000円でWindows Server 2012 R2を使う方法
 Windows Server 2003/Windows Server 2003 R2が、2015年7月15日で延長サポート終了となる。オンプレミス環境でWindows Server 2003を使用している企業は、これを機にクラウドへ移行を検討しているケースも多いのではないだろうか。 本資料では、クラウド環境への移行...(2014/11/7 提供:株式会社TOSYS)

事例
小売業界で変化した「分析の目的」 顧客生涯価値を最大化するための分析とは
 消費者は常時スマートフォンやSNSを活用し、買い物をする際の販売チャネルを問わなくなった。そのような状況で小売業者は、価格、ロケーション、品ぞろえなど、従来考慮してきた要因の分析だけで差別化を図るのは難しい。小売業者にとっての課題はもはや消費者との取引...(2014/10/8 提供:SAPジャパン株式会社)

Loading