TechTargetジャパン

Webキャスト
【講演動画】なぜ製品設計にARを使うのか?製造業のためのARテクノロジー最前線
 製造業での活用も話題になり始めているAR/VR。しかし、「自社の製品、サービスにどう活用すべきか」「アプリ開発は業者まかせ?」「開発費用が高そう」など、企業向けAR開発にはまだ多くの懸念点がある。 本Webキャストでは、そうした疑問を少しでも解決すべく、「エン...(2017/10/12 提供:PTC ジャパン株式会社)

レポート
今まで慎重だった経営者が最新クラウド戦略「リフト&シフト」を受け入れる理由
 基幹システムのクラウド化がもたらすメリットは理解しているものの、移行で直面するであろう数多くの課題を考えてためらう企業の経営者は多い。彼らの不安を取り除くために提唱されたキーワードが「リフト&シフト」戦略だ。 リフト&シフトでは、これまでオンプレミス...(2017/10/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
償却期限間近の企業システムを迅速・低コストに移行する方法とは?
 業務アプリケーションを含めたインフラ全体をクラウドに移行する企業は、年々増えてきている。その狙いとしては、サポートが終了したOSやレガシーソフトウェアを維持するための時間やコストを削減し、パフォーマンスと信頼性の課題を回避することなどが挙げられる。 中...(2017/8/7 提供:アマゾンウェブサービスジャパン株式会社)

技術文書
5GやIoT時代に求められる<ソフトウェア環境>の4つの課題を読み解く!
 5GやインダストリアルIoTなど新たなトレンドに適応する際、技術的にもビジネス的にも安心して革新を進めるためには何が必要になるか?重要な要素のひとつであるソフトウェアにおいて、新しい技術に対応する環境とはどういったものか。30年使われ続ける開発ツール「LabVI...(2017/6/27 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

事例
IoTアプリ開発事例集──10社の事例で「IoTの可能性と開発基盤の要件」を知る
 世界中の企業で「モノのインターネット(IoT)」の活用が進んでいる。ソフトウェアやセンサー、IPに対応した接続機能が製品に組み込まれ、膨大なデータを活用することで新たなサービスが生み出されている。 そうした状況で世界中の企業で導入されているのが、本コンテ...(2017/6/26 提供:PTC ジャパン株式会社)

製品資料
徹底解説:HPCとビッグデータ分析のための「超高速データ処理基盤」の全貌
 優れた性能を発揮するハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)クラスタの設計には、あらゆるレイヤーにおいてパフォーマンスに対応したアプローチが必要だ。包括的なデータセントリックな設計である「IBM Power Systems HPCソリューション」は、構成する全てのコン...(2017/6/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
超高速開発ツールの実力は? ノンコーディングで構築できる4種のアプリ
 モバイルやクラウドとの連携、OSの多様化などにより、アプリケーション開発現場では「変化に対応できる柔軟性」と「生産性の向上」という2つの重要課題に直面している。しかし、この頭の痛い問題も、設計・実行エンジン型の超高速開発ツールが解決してくれるかもしれな...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

製品資料
生産性はJavaの3倍、ノンコーディングのアプリ開発で成功した19社の事例
 Javaの3倍近い生産性を実現し、マルチデバイス対応のアプリ開発ができるノンコーディング開発ツールの利用が拡大している。ツールの機能の進化とともに、パッケージソフト開発やクラウド環境への移行など、用途も多様化してきた。 例えば、池田糖化工業では、レガシー...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

製品資料
ノンコーディングアプリ開発をさらに高速に――導入前に確認したい支援サービス
 工数を削減しつつ、信頼性の高いアプリケーションを作成できるノンコーディング開発ツール。その魅力は活用の幅の広さにある。ツールのメリットをさらに引き出すためには、支援ツールやベンダーのサポートも有効に活用したい。 例えば、ベンダーが提供する支援ツールを...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

技術文書
iOS、Android をターゲットにしたモバイルアプリ開発の最新ガイド
 多くの企業がモバイル ファーストでのアプリ開発を志向しているが、モバイルアプリ開発において多くの企業は初期段階により多くの改善点を有している。ユーザーが目にするオフラインとオンラインは連動し、1つの体験でアプリの評価が下され会社のイメージが損なわれる場...(2016/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
重量級の半導体開発ツールもさくさく動くクラウドサービスとは
 製造業における設計データはビジネス上の機密情報であり、データ量も非常に大きいため、それを扱うシステム基盤には高度なセキュリティや十分なパフォーマンスが必要となる。また国際的な競争力のためにはコストを抑えることも求められ、データガバナンスの観点からはデ...(2016/11/10 提供:さくらインターネット株式会社)

製品資料
アイデアを迅速に製品化、コーディング不要の開発で生産性はどこまで上がる?
 近年、さまざまな分野で異業種からの参入企業や新規ベンチャーが産業を劇的に変革するような「デジタルイノベーション」を起こしている。このような変革をもたらす企業が強力な武器としているのがコーディング不要で開発が行える超高速開発ツールだ。 その中でも「Low-...(2016/10/24 提供:株式会社ビルドシステム)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月19日号:検知できないマルウェアの見つけ方(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 10月19日号は、以下の記事で構成されています。■英SAP顧客「HANAに大満足」 vs. SAP優良顧客「SAP製品は二度と買わない」■クラウド時代にVMwareが楽天的なのは現実逃避なのか■検知できないマルウェアを見つける5つの方法■国土の3Dマッピン...(2016/10/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月19日号:検知できないマルウェアの見つけ方(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 10月19日号は、以下の記事で構成されています。■英SAP顧客「HANAに大満足」 vs. SAP優良顧客「SAP製品は二度と買わない」■クラウド時代にVMwareが楽天的なのは現実逃避なのか■検知できないマルウェアを見つける5つの方法■国土の3Dマッピン...(2016/10/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月19日号:検知できないマルウェアの見つけ方
 Computer Weekly日本語版 10月19日号は、以下の記事で構成されています。■英SAP顧客「HANAに大満足」 vs. SAP優良顧客「SAP製品は二度と買わない」■クラウド時代にVMwareが楽天的なのは現実逃避なのか■検知できないマルウェアを見つける5つの方法■国土の3Dマッピン...(2016/10/19 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
次世代アプリの開発環境、オープンソース向けIT基盤を選ぶべき理由とは?
 今日では、オープンソースを軸とした新規プロジェクトは、開発に参加する個人、商業ベンダー、サービスプロバイダー、エンドユーザー企業などの取り組みや協力により、すぐに立ち上げることができるようになった。また、その開発基盤の信頼性も確立されてきており、マイ...(2016/8/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
わずか2人のエンジニアで、200台を超えるOS Xと仮想化Windowsの混在環境を構築・運用
 Macがメイン端末となっている職場でも、Windows系のアプリケーションや開発ツールを利用しなくてはならないケースが出てくる。その際、選択肢は2つだ。Windows端末を購入して複数OSの混在環境とする、もしくは、MacのOS X環境の中でWindows仮想マシンを利用する方法であ...(2016/6/16 提供:パラレルス株式会社)

製品資料
業務の現場から“超高速”開発ツールでシステムが生み出されることの意味
 米国の調査会社ガートナーは「ペース・レイヤー」という考え方を提唱している。アプリケーションを変更頻度で3つのレイヤーに分類し、レイヤーごとに管理とガバナンスのプロセスを定義するものだ。業務アプリケーションでは、イノベーティブで実験的な「革新システム」...(2016/2/4 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

技術文書
DevOpsのための製品導入戦略ガイド
 アプリケーション開発チームとシステム運用チームを融合させる「DevOps」は、アプリケーション開発と導入に対するニッチなアプローチから、本流へとシフトしつつある。 本PDFは、以下の3つの記事で構成されている。これらの記事を通して、連続的なリリースを必要とする...(2015/10/28 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
利便性と安全性は両立できるか? モバイルセキュリティ最新動向
 モバイル活用による業務の利便性向上やワークスタイル変革に注目が集まる。一方、モバイルからの情報漏えい防止をはじめとするセキュリティ対策においては、個人と業務の混在といったユーザーの利用要件などモバイル特有の性質により、端末管理を複雑かつ困難にしている...(2015/10/19 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

事例
AMD APUを利用したインダストリアル製品事例の紹介
スマートカメラ技術における革新が急速に進み、より高速かつ小型で電力効率の高いビジョンシステムが生み出されている。そうしたビジョンシステムは、ますます高度化しているタスクに対して最適化され、インダストリアル、サイエンス、監視システムに至る広範なアプリケー...(2015/6/15 提供:日本AMD株式会社)

技術文書
モバイルアプリの8割以上が即削除、残されるアプリになるには
 モバイルアプリケーションは、ビジネスの主要チャネルとして急速に広がっている。同時にモバイルアプリの使い勝手に寄せられる期待は他のチャネルよりもはるかに大きく、「何百万もリリースされているモバイルアプリの8割から9割が1回使用したら削除されている」という...(2015/1/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

比較資料
モバイルアプリ開発ツールを徹底比較──DIY型モバイル開発の限界とは?
 モバイルデバイスの急速な普及を受け、アプリケーションのモバイル対応は企業にとって優先すべき課題の1つになった。本ホワイトペーパーは、モバイルアプリ開発製品「IBM Worklight Developer Edition(以下、Worklight)」と商用製品ではないDIY型モバイルプラットフォ...(2014/11/21 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
東芝がクラウド基盤作りでこだわったSLA、選ばれた「PaaSを作る開発ツール」とは
 国内有数の複合メーカーである東芝は、これまで4つに分かれていた事業体を5つの分野に再編し、「スマートコミュニティ」の実現に向けた本格的な取り組みを開始した。その多岐にわたる事業領域を横断的に支えるICT基盤としてクラウド基盤の構築を進めている。 そのため...(2014/3/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「モデルの質は、製品の品質に直結する」 組み込み開発におけるモデル活用とは
 “モデル”を使用する開発プロセスとして知られるモデルベース開発(MBD:Model Based Development)とモデル駆動開発(MDD:Model Driven Development)だが、「MBDは『制御の世界』で、MDDは『ソフトウェアの世界』で」といったように、“使い分け”されるケースがほ...(2013/6/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
組み込み開発ツール(企業トレンドテスト)
テスト(2013/5/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ソフトウェアライセンスの不正使用のリスク回避はこれ!
 IT資産管理から、ソフトウェアのネットワーク配布、セキュリティパッチの適用、操作ログ収集等、IT管理者に必要な機能をシンプルにまとめ、ITポリシーの反映と維持を効率的に実現するデスクトップ管理ツール。特長:・大規模システムを想定した管理機能・「多拠点」・「...(2013/3/28 提供:横河レンタ・リース株式会社)

技術文書
デスマーチを解消し、チーム開発をうまく回すには
 デスマーチを解消するためのチーム開発ツール「IBM Rational Team Concert」。オープンテクノロジープラットフォーム「Jazz」を基盤とする同製品は、着々と進化を遂げています。この8月、当製品を活用し、デスマーチ対策を講じるヒントを盛り込んだ書籍が発行され、発売...(2012/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
4000社・15万ユーザー“「StiLL」は世界に1つだけ!” Excel活用、プログラム不要。
 コーディング不要、オブジェクト指向のプログラム開発ツール「StiLL」は従来と比べ、ステップは1/20、文法、英語が最小限、作りやすい、直しやすいプログラム開発ツールです。責任者、ユーザー及び技術者が協力して開発します。下記開発ターゲットに最適です。◆開発タ...(2012/11/30 提供:株式会社アイエルアイ総合研究所)

事例
開発工数約60%削減 ブックオフのビジネススピードを支える開発プロセスとは?
 古書の買い取り、販売で有名な「BOOKOFF」を全国展開するブックオフコーポレーション。古書、音楽ソフトのリユースから始まり、現在は総合リユースブランドにまで成長した同社の新規ビジネス展開スピードは驚くほど速い。新事業に必要なITシステムを全てアウトソース開...(2012/10/17 提供:インフォテリア株式会社)

Loading