2023年09月26日 07時15分 公開
特集/連載

ChatGPTだけじゃない「生成AIブーム」を生んだお役立ちツール開発や運用における「生成AI」の実力【第1回】

世間をにぎわす「生成AI」ブームはいつ始まって、どう拡大してきたのか。各主要ベンダーは生成AIをどのようなツールに組み込んでいるのか。主要な動きを紹介する。

[Beth PariseauTechTarget]

 AI(人工知能)技術を使ってテキストや画像などを自動生成する「ジェネレーティブAI」(生成AI)は、企業の業務を一変させる可能性がある。生成AIブームはどう始まり、MicrosoftやGoogleなどの主要ベンダーは、これまでにどのような生成AIツールを提供しているのか。

生成AIブームが始まり、各種ツールが登場

 生成AIについての議論が起きたきっかけは、2022年11月、AI技術ベンダーOpenAIがAI技術を活用したチャットbotの「ChatGPT」を発表したことだった。同社が2023年3月、司法試験に合格できるほどの実力を備える大規模言語モデル(LLM)「GPT-4」を発表したことで議論は過熱した。同時期、同社はChatGPTのAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)「ChatGPT API」を発表し、企業および消費者向けアプリケーションの性質を変えるのではないかと議論が広がった。

 生成AIは要求に応じたコーディングができるため、開発者は生成AIツールをバーチャルアシスタントとして使うことが可能だ。ChatGPT以外にも、GitHubのソースコード自動生成ツール「GitHub Copilot」や、Tabnineのソースコード補完ツール「Tabnine」なども開発者に役立つ。

 Microsoftは2023年3月、OpenAIのAIモデルをMicrosoftのクラウドサービス群「Microsoft Azure」で使用できるAPIサービス「Azure OpenAI Services」を発表した。それに加えて、同社のオフィススイート「Microsoft 365」に搭載する生成AIツール「Microsoft 365 Copilot」も発表した。

 Googleは2023年3月、同社のクラウドサービス群「Google Cloud Platform」(GCP)に生成AIのサービスを追加したことや、オフィススイート「Google Workspace」(旧「G Suite」)に生成AI機能を組み込んだことを発表した。


 第2回は、開発や運用の仕事が生成AIでどう変わる可能性があるのかを解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

新進D2CコスメブランドのCMOが激推し 「Meta Advantage+ ショッピングキャンペーン」とは?
Meta幹部はD2CコスメブランドJones Road BeautyのCMOとのラウンドテーブルで、2024年に広...

news091.jpg

2023年の動画広告市場は前年比112%の6253億円 縦型動画広告が高成長――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントが10回目となる国内動画広告市場の調査結果を発表しました。

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...