システム開発の“あの問題”が「生成AI」で悪化するかどうかを分ける条件システム開発と生成AI【中編】

システム開発における生成AIの活用が広がる一方で、課題が浮上している。どう対処すればいいのか。ローコード開発ツールベンダーOutSystemsの創業者兼CEOが解説する。

2023年09月21日 05時15分 公開
[Paulo RosadoTechTarget]

 テキストや画像などを自動生成するAI(人工知能)技術「ジェネレーティブAI」(生成AI)の、システム開発における活用が期待される。ただし企業が生成AIをシステム開発で利用するのであれば、注意すべき点がある。ローコード(最小限のソースコード記述)開発ツールベンダーOutSystemsの創業者兼CEOのパウロ・ロサド氏が、課題を解説する。


システム開発で「生成AI」を使うときの2つの課題

 1つ目の課題は、生成AIが出力する内容の、信頼性に関する懸念だ。開発者は生成AIを用いてソースコードを作成する際に、安全性や性能面を重視する。現段階で、生成AIの出力する内容は文脈や指示の仕方によって変化し、予測不可能だ。比較的小規模なソースコード作成の場合は開発者が確認できるが、一定規模以上の開発要件を満たし、生成AIの提案を適切に評価するには、専門家による監修が必要になる。

 2つ目の課題は、「技術的負債」の懸念だ。技術的負債とは、開発速度を優先することで生じるプログラムの不備を指す。先送りになる修正作業とも言える。生成AIが膨大な量のソースコードを生成し始めると、生成AIが作成したソースコードの不備を全て把握し、管理することは難しくなる。ソースコードの技術的負債の問題は避けられず、最終的には人間による手直しが必要になる。誰かが全てのソースコードを理解できる状態でなければならない。開発チームは生成AIが出力するソースコードの可視性とガバナンスを維持する必要がある。

 最高情報責任者(CIO)にとって、AIモデルから望ましい出力を得るための適切なプロンプト(情報を生成するための質問や指示)の開発は魅力的だ。一方で、実際に目で見て制御することが可能な、より信頼できる生成AIの活用法に投資する方が効果的かつ現実的だと言える。


 後編は、生成AIとローコード開発ツールを組み合わせるメリットを解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...