生成AIでもローコードでもない「システム開発の本命」とは何か?システム開発と生成AI【後編】

生成AIやローコード開発ツールが使われるシステム開発には、今後何が求められるのか。ローコード開発ツールベンダーOutSystemsの創業者兼CEOが解説する。

2023年09月28日 05時15分 公開
[Paulo RosadoTechTarget]

 将来的にさまざまなアプリケーションが、テキストや画像などを自動生成するAI(人工知能)技術「ジェネレーティブAI」(生成AI)や、ローコード(最小限のソースコード記述)開発ツールで作成されるようになる可能性がある。ただし今後のシステム開発においては、別の技術も鍵を握る。それはなぜなのか。ローコード開発ツールベンダーOutSystemsの創業者兼CEOパウロ・ロサド氏が解説する。


「生成AI」でも「ローコード」でもないシステム開発の本命とは

 生成AIは、成果物をゼロから生み出す性質を持つ。企業は生成AIを活用することでイノベーションを加速できる他、開発者はソースコードをゼロから書く必要がなくなる。

 課題となるのは、生成AIが何かを生み出した後のプロセスだ。生成AIは「0」を「1」に変えることは得意だが、1以上につなげるプロセスにおいてはさまざまな課題がある。例えばセキュリティやガバナンス、ソースコードの品質、アプリケーションのライフサイクル管理といった点で問題が生じる。つまり開発者は生成AIを活用して早いスタートダッシュを切れる一方で、新たな課題に直面する。

 アプリケーションのライフサイクルにおいてコストがかかるのは開発よりも、開発した後の維持や適応の部分だ。実際、退職した開発者が残していったソースコードの不備や、アプリケーションのサポート終了に伴い、大量の業務が発生して苦しむ企業は存在する。このような企業は、今度は生成AIが出力した大量のソースコードを把握したり、管理したりすることに悩まされる可能性がある。

 ローコード開発ツールは、アプリケーションの維持や適応における課題を解消することに役立つ。例えばローコード開発ツールを用いて、アプリケーションの変更をリアルタイムで視覚化したり、テスト環境やステージング環境での確認作業を効率化したりできる。

 生成AIの活用が、イノベーションに要する期間の短縮に役立つことは確かだが、実際にどれだけ短縮できるかは現段階で不明だ。開発部門と運用部門が連携する開発手法「DevOps」のサイクルを短縮する技術は、生成AI以外にも幾つか存在する。今後は、開発者の信頼を損なわずにイノベーションに貢献する技術が生き残る。それは生成AIとローコード開発ツール、そして人間の創造性を組み合わせる技術だ。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...