AIツールの普及が「開発者の増加」につながるのはなぜ?AIの台頭と“開発者不足”の問題【後編】

開発者不足が世界的に深刻化する中で、AIツールの活用に期待が寄せられている。ある予測によれば、AIツールの利用拡大が開発者の数を増やすことにつながる。その理由とは。

2023年11月18日 10時00分 公開
[Jesper HyrmTechTarget]

関連キーワード

人工知能 | 開発ツール


 企業における開発案件が多様化することを受けて、開発者の不足が世界的に深刻化する可能性がある。そうした中でAI(人工知能)技術を組み込んだ開発ツールの利用拡大が、開発者を増やすという見方が浮上している。

なぜAIツールが開発者の数を増やすのか?

 AIツールの導入は、開発の効率化や生産性向上、品質強化といったメリットをもたらし得る。開発者はAIツールを活用することで、単純作業に充てていた時間を浮かし、より重要な業務に専念できるようになる。

 GitHubは同社公式ブログのエントリ(投稿)で、AI技術の活用により生産性が向上し、世界のGDP(国内総生産)は2030年までに1兆5000億ドル以上増えるとの見込みを示している。さらに同社によると、AIツールの利用拡大により、世界中の開発者4500万人の生産性が2030年までに30%向上するという。つまり、実質的にはおよそ1500万人の開発者が加わることになる。

 AI技術を組み込んだ開発ツールとして、GitHubはソースコード自動生成ツール「GitHub Copilot」を提供している。GitHub Copilotはソースコードを提案するAIアシスタント(AI技術を活用して対話型でタスクを実行するアプリケーション)だ。AI技術を用いて開発者の作業内容を理解し、単純要素を取り除くことができる。同社によると、同ツールを活用すればコーディング速度をおよそ55%高速化できるという。

 AIツールはアイデアの提案もできる。GitHub Copilotは数十億行のソースコードを用いてトレーニングされているため、開発者の作業に応じて最適な提案が可能だ。提案の内容は世界中のオープンソースコミュニティーの知恵と工夫に基づいており、開発者が思い付かない実用的な提案やインスピレーションをもたらす可能性がある。

 品質の強化やイノベーション促進にもAIツールが役立つ。AIツールを活用することで、開発環境を頻繁に切り替えたりソースコードの作成方法を調査したりといった手間がなくなり、開発者の思考は途切れずに済む。その結果、創造力を発揮することに集中できる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。