TechTargetジャパン

事例
設計者がいま押さえておくべき「競争力のある製品開発事例」10選
 競争力のある製品開発をしている企業はすべて、最新の動向、開発、ユーザーの需要を予測しようと、独自の分析に取り組んでいる。本資料では、最も成功している国内外のオートデスクのユーザー事例を紹介する。 どの企業も先見の明を持って未来の課題に精力的に取り組ん...(2016/7/27 提供:オートデスク株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月24日号:それでもAzureを選ぶべき理由
 Computer Weekly日本語版 8月24日号は、以下の記事で構成されています。■あらゆる用途にマッチする魔法のブロックチェーンは存在しない■至れり尽くせりなインテリジェントビルを目指す「Watson IoT」導入計画■優秀なDevOpsチームがハマる落とし穴■それでもAWSでは...(2016/8/24 提供:アイティメディア株式会社)

事例
半導体企業はデータ活用でもっと強くなれる!! 〜戦略コンサルの論考をヒントに〜
 普段、仕事に役立てている(社外の)情報源は、どのようなものがあるでしょうか? ニュースや解説記事、専門家のブログに加え、Google検索や書店、セミナーなど、実にいろいろな情報源があると思います。また、設計開発や製品企画などの業務を確実に遂行するためには...(2016/8/5 提供:アイティメディア株式会社)

事例
世界初の両眼シースルーHMDはこうして生まれた!
 MONOistセミナー「大手とベンチャーが語る『開発スピードが生み出すオンリーワン製品』」(会期:2016年6月3日)に登壇したセイコーエプソン。 競争力のある製品をいかに早く市場投入すべきか――。同社のスピード感ある開発スタイル、その取り組みが講演「新規事業製...(2016/7/11 提供:KDDI株式会社)

技術文書
迫りくるワイヤレス技術の変化:知っておくべき最新技術情報〜Qualcomm Atheros社など活用事例を交えて〜
 昨今、携帯電話は高いデータスループットを実現し、高解像度の動画を数秒でダウンロードし高速化は進んでいます。さらに、近い将来、ワイヤレスネットワークに接続されるデバイス数は莫急速に激増し、企業は多品種小ロット製品を低コストで設計開発せざるを得ない状況と...(2016/7/13 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
フルカラーでマルチマテリアル造形ができる3Dプリンタが新登場
 PolyJetテクノロジーにおける最新のイノベーション、「Stratasys J750」3Dプリンタが新登場。市販されている3Dプリンタの中で最も高性能で汎用性が高く、幅広い特性を持つフルカラーの材料を装填できるため、3Dプリントで作製する試作品のリアリズムを飛躍的に高められ...(2016/6/22 提供:株式会社ストラタシス・ジャパン)

製品資料
業務部門ユーザーのデータ活用を促すための「3つの要因」
 多くの企業がデータ分析を活用するようになった今、競合他社よりも早く事業成長のチャンスを見つけるためには、業務部門ユーザーでも迅速に正しく分析できる環境が求められている。ユーザーが必要なときにデータの探索と分析が行えるセルフサービス型BIや、対話操作型の...(2016/6/16 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
「そのコードにOSSは含まれているか?」 法的リスク管理は自覚から始まる
 オープンソースソフトウェア(OSS)は、ソフトウェア開発の現場に広く浸透し、Amazon.comやGoogleのような世界的な企業も積極的に活用している。IT調査会社のガートナーは、2016年までにグローバル企業の99%で、OSSが基幹ソフトウェアに組み込まれると予想している。 ...(2016/6/6 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

技術文書
【IoTの信頼性確立】エンドツーエンドのセキュリティ 6つの戦略
 IoTサービスのためのアプリケーションやシステム開発において、セキュリティに関する施策が急務となっている。セキュリティは問題が生じるまでその重大さや経営にも及ぶであろう影響に直面しないため、導入段階ではややもすると断片的なアプローチで済ませてしまう可能...(2016/6/15 提供:ウインドリバー株式会社)

技術文書
コストを削減しつつ「組込・制御システム開発」を成功させる秘訣とは?国内外の先端研究事例に学ぶ
 本資料には、システム開発や保守費用にかかるコストを削減しつつ、テスト開発の生産性を高め開発時間の短縮に成功した事例が数多く掲載されている。新しい領域の研究開発や製品設計に挑む技術者には見逃せない資料だ。高い性能と信頼性が要求されるアプリケーションにお...(2016/6/13 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

市場調査
85%の製品開発が予定通りに進まない!? 開発プロジェクトを停滞させる5つの原因とは
 今日では、製品設計が極めて困難な業務でとなっています。エンジニアには矛盾する要件や制約が提示され、それらすべてを優れた設計によって、より短期間のうちに解決することが求められます。 しかし、困難な状況ではあっても、成功しているエンジニアリング組織があり...(2016/5/10 提供:オートデスク株式会社)

レポート
サイバーエージェント、ヤフー、楽天に学ぶ、OpenStack使いこなし術
 クラウド事業者やデータセンター事業者に限らず、ユーザー企業の間でも注目されている「OpenStack」。最大の魅力は、自社所有のオンプレミス環境を、あたかもパブリッククラウドのように自動化し、統合管理できることにあるだろう。 しかしながら、OpenStackは進化のス...(2016/5/13 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
IoT時代の製品開発ノウハウ「継続的エンジニアリング」を知っていますか?
「継続的エンジニアリングとは何か」「複雑な製品設計を継続的に改善する方法」「市場と顧客についての予測と対応を行う方法」「社内のエンジニアリング・リソースを最大限活用する方法」など、いますぐ使えるノウハウを詰め込んだ、全75ページの小冊子「継続的エンジニア...(2016/1/25 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
最大のボトルネックは改善のチャンス、テスト自動化成功の秘訣は?
 Webアプリ開発のライフサイクルが高速化し、迅速な開発、工数削減、コスト削減、品質向上などがより一層求められるようになった。考えられる対策は幾つもあるが、重要な解決策の一つがテスト自動化の推進である。なぜならば、テスト工程はソフトウェア開発において約46...(2016/4/22 提供:マイクロフォーカス株式会社)

レポート
マルチソース開発でのオープンソース利用で見逃されやすい2つのリスク
 システム関連コストを低減するため、オープンソースの利用が広まっている。先行する米国では、既にソフトウェアパッケージの80%以上で利用され、ミッションクリティカル用途でもオープンソースが活躍、50万〜100万ドルのコスト削減効果も生まれていると調査会社ガート...(2016/4/20 提供:株式会社ベリサーブ)

製品資料
もう見過ごせない自社開発アプリのサイロ化 クラウド化への最短ルートは?
 あらゆる分野でクラウドへの移行が進んでいるが、いまだに多くの企業がレガシー・プラットフォームを手放せずにいる。その最大の理由が、自社開発したアプリケーション群の存在だ。これらは多くの場合、各部門内にサイロ化した状態で存在し、エンド ツーエンドのビジネ...(2016/4/7 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

技術文書
日本の自動車メーカーの開発を支える「適合プロセス」とは何か
 日本のモノづくりの衰退が叫ばれる中で、自動車産業は世界市場で互角以上に渡り合う強さを維持している。 本資料では、その日本の自動車メーカーの強さを支える「適合プロセス」について解説した連載企画「いまさら聞けない 適合プロセス入門」の、・前編「日本の自動...(2016/3/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
エンタープライズオープンソース製品導入戦略ガイド
「Windows」や「UNIX」「Oracle Database」のスキルは今や「レガシー」化したという認識が、IT業界で広がっている。新興企業から大手電子商取引サイトまで、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大し、OSS関連スキルの需要が高まっている。 プロプライエタリ製品...(2016/4/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
データ分析の基礎知識――全ては分析用データ管理から始まる
 ビジネスの成功には優れた分析モデルが欠かせない。「そこそこ優れたモデル」なのか、「抜群に優れたモデル」なのかで、得られる結果には大きな差が生まれる。高いレベルの分析モデルを構築するには“汚染されていないデータ”を迅速に準備できる体制を整える必要がある...(2016/4/18 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
わずか2カ月で28種のモバイルアプリを展開、短納期で開発できた秘訣を探る
 ラテンアメリカに拠点を置く医師向け参考書籍の大手出版社PLMでは、激化する競合環境の中、価格ではなく医師向けの参考情報の付加価値を高める戦略を決めた。そこで、全ての情報をデジタル化し、医師がモバイル端末から情報を得ることができるアプリの開発に取り組んだ...(2016/3/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
日産の製品開発における成型シミュレーション事例
 東京コンファレンスセンター・品川で 2015 年 6 月 4 日にエムエスシーソフトウェア主催による「2015 Users Conference」が開催された。同イベントでは日産自動車 パワートレイン生産技術本部 パワートレイン技術開発試作部 商品開発試作グループ 主査の田口直人氏が「...(2016/3/1 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
成功するモバイル開発プロジェクトに必要な「4つの条件」とは
 モバイルの活用が広がる中で、モバイルアプリケーションの開発プロジェクトは、進化するテクノロジーやユーザーの期待に応え続けるプレッシャーから、大きな課題に直面している。3分の2の開発プロジェクトが予算、スケジュール、プロジェクト目標の3つ全てを完全に達成...(2016/2/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
業務の現場から“超高速”開発ツールでシステムが生み出されることの意味
 米国の調査会社ガートナーは「ペース・レイヤー」という考え方を提唱している。アプリケーションを変更頻度で3つのレイヤーに分類し、レイヤーごとに管理とガバナンスのプロセスを定義するものだ。業務アプリケーションでは、イノベーティブで実験的な「革新システム」...(2016/2/4 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

製品資料
競争力を生み出すカスタムアプリケーションの構築時間を根本的に削減する「aPaaS」という考え方
 クラウドベースのプラットフォームで実行しているソフトウェアをベンダーがレンタルするSaaSは、さまざまな企業が利用している。しかし、企業の全ての業務や顧客に提供するサービスをSaaSでまかなうことはできない。 クラウドの活用が当たり前という時代に入り、多様な...(2016/1/12 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
フロントローディングを実現するための設計者CAEとクラウドの活用とは?
 本コンテンツは、2015年11月に開催された【CAE カレッジ】内にて「設計上流でのCAE活用と課題」というテーマで行われたパネルディスカッションの内容紹介しているものです。・設計者CAEとは何なのか?/何をすることなのか?・設計者CAEのメリットと導入する上での課題...(2016/1/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
自動車ソフトウェア開発におけるALM〜先端技術を追求するボッシュの挑戦〜
自動車業界では、高度な技術イノベーションによって刻々と開発環境が変わっている。また、同時に自動車開発におけるニーズも課題も多様化している。グローバル化による競争の激化、環境への配慮、変わりゆく消費者行動への対応、自動運転やIoT…こうした課題に対し、「ソ...(2016/1/25 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
コード追加やタグ管理不要、モバイルアプリのユーザー評価は手軽に測定できる
 モバイルアプリについての調査によると、ユーザーの96%はパフォーマンスを重視しており、49%はモバイルアプリケーションが2秒以内に応答することを期待している。パフォーマンスまたは安定性に問題がある場合、53%はアプリケーションをアンインストールするか、また...(2016/1/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
IoTの普及をリードする「オンライン状態監視」- 予期せぬ設備障害を防ぎ、ビジネス機会の損失を無くす
 重要設備の稼働停止によるビジネス機会の損失を防ぐために、設備保全は極めて重要である。一方、保全作業の大半は定期巡回による計測作業であることから、保全コスト削減の妨げになっている。その解決策が、IoTの概念をベースにした「オンライン状態監視」であり、いち...(2015/12/15 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
IoTはバズワード? あらゆる業種でビジネスチャンスを広げるIoTの進化とは
 IoTの活用が叫ばれる中、その背景にある環境の変化に目を向けてみると3つの大きな動きがある。1つ目は「モノの機能化」。低コストなスマートセンサーとモバイルデバイスを通じて、膨大なデータポイントが生み出されるようになってきた。2つ目は「相互接続化」。ネットワ...(2015/12/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
産業用ソフトウェアの不正使用を防げ!知的財産を守る強力なプロテクション
 モノのインターネット(IoT)が普及するにつれ、ソフトウェアの重要性はより高まっている。しかし一方でハッカーや競合他社によるリバースエンジニアリングやハッキングの脅威にさらされ、大切な知的財産が不正コピーされる恐れがある。 2007年の模倣品被害の総額は年...(2015/12/1 提供:日本セーフネット株式会社)

Loading