TechTargetジャパン

技術文書
中国の電子部品メーカーも実践!製品開発プロセスを標準化できた理由とは?
 中国における自動車用電子部品サプライヤーの大手であるSHENZHEN HANGSHENG ELECTRONICS社。同社の顧客企業は、中国だけではなく世界中に存在しており、数十もの新製品開発プロジェクトに従事しています。そのため、多岐にわたる要件が提示されるのはもちろん、製品の変...(2017/7/13 提供:シーメンス株式会社)

技術文書
【自動車】機能安全規格ISO 26262準拠の新しい統合テスト手法とは
昨今の車両には様々な電気/電子(E/E)システムが搭載され、各機能の高度化に伴い、車両システムは大規模化、複雑化の一途をたどっている。これにより、車両システムの安全度要求も日増しに高まってきた。こうした流れの中、機能安全の国際規格であるIEC 61508から派生した...(2017/7/18 提供:ハートランド・データ株式会社)

事例
自動車大手7社の成功事例−ECUテスト時間を1/20に短縮した事例も
 現代の自動車産業では、利用者の利便性が高まる一方、機構部品と電子部品が複雑に絡み合いシステムの複雑化は爆発的に拡大している。 多くの企業では、開発が進むにつれてテスト要件も複雑化し、さらなる安全性への要求、市場投入までの時間短縮に加えコスト削減を求め...(2017/7/12 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

事例
TOTO、CAE/CAD用の仮想デスクトップ環境を構築しグローバル展開への基盤を強化
 TOTO株式会社は、「TOTO Vプラン2017」における重要な戦略として、国内および海外における新規製品開発を推進し、それをより効率的に行うために、商品開発の要となるIT 戦略の抜本的な見直しを進めてきた。 とくに、以前からCAEと3D CAD を活用して衛生陶器やウォシュ...(2017/6/20 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
「データの収益化」を可能にするAPI管理ソリューションとは
 アプリ開発において、APIの公開と管理は生産性の向上に大きく寄与する。eBayやSalesforceでは、APIを介したデータ公開で新市場のセールスが成功した実績もある。一方でAPIの公開にはリスクも伴う。そのため不正利用とサイバー攻撃を確実に防ぎ、APIへのアクセスを維持で...(2017/7/18 提供:CA Technologies)

製品資料
簡単なマウス操作でAPI作成、アプリケーション開発を加速するツール活用法
 現在のアプリケーション開発において重要なのがAPIとバックエンドの開発である。APIは、アプリケーションの機能の一部を共通利用可能なコンポーネントとして整えたもので、Webサイト/アプリケーション/デバイスとバックエンドの間に位置する。これを活用することで効...(2017/7/18 提供:CA Technologies)

製品資料
狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由
 Webアプリケーションのセキュリティ対策が不十分で脆弱性が突かれ、顧客情報の漏えいやWebサイトの改ざんなど、深刻な経営被害につながった例は多い。そのための防御策として、Webアプリケーションファイアウォールという「壁」で囲む方法などが取られている。 しかし...(2017/7/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化で耐障害性を強化、データセンター向けVXLANゲートウェイ
 ビジネスの柔軟性や俊敏性を向上させるため、多くの企業が次世代型データセンターへの移行に取り組んでいる。その有力な方法の1つがネットワーク仮想化だ。中でも、統合型VXLANゲートウェイによる仮想化は、セキュリティを停止させることなく迅速に実装できるため、大き...(2017/7/5 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

技術文書
自動車開発のコストを下げ、さらに品質向上へ。『パワートレイン向けHILテストに関する主要な検討事項』
 組込制御デバイスのテストを行うために、組込先となるシステム本体を使用するのは、安全性、可用性、コストの面で現実的ではないことがあります。 HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションは、そのようなケースにおいて、より効率的にデバイスをテストするための...(2017/6/30 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

プレミアムコンテンツ
IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト
 「ソフトウェアテストほど重要なものはなく、ソフトウェアテストほど困難で大変なものはない」これを頭で理解していても、テストが現場任せになっていて、組織全体での問題と認識されていないことは多い。さらに今はIoTやAI、ビッグデータの隆盛により、ソフトウェアテ...(2017/5/10 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
重要課題“ワークスタイル変革”が必要な5つの理由と解決策
 日本国内における労働人口の減少は、企業の活動に大きな影響を与えるのは間違いない。その一方で、グローバルな競争はますます激しくなっている。このような状況で、企業が競争力を高めるためには、ワークスタイル変革や業務プロセス改善をさらに進め、生産性を向上させ...(2017/6/1 提供:リックソフト株式会社)

技術文書
モバイルアプリ開発製品導入ガイド
 モバイルアプリの需要が爆発的に増大している。本稿ではアプリ開発に対するアジャイルのアプローチ、多様なニーズに応えるアプリの発見、顧客との関係を深めるアプリの利用について解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構成されている。■変化するモバイルアプリ開発■...(2017/6/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
5GやIoT時代に求められる<ソフトウェア環境>の4つの課題を読み解く!
 5GやインダストリアルIoTなど新たなトレンドに適応する際、技術的にもビジネス的にも安心して革新を進めるためには何が必要になるか?重要な要素のひとつであるソフトウェアにおいて、新しい技術に対応する環境とはどういったものか。30年使われ続ける開発ツール「LabVI...(2017/6/27 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
情報・ナレッジ共有の3原則――生産性を向上させる情報基盤の作り方
 業務品質や生産性を向上させようと情報・ナレッジ共有ツールを導入したのに、想定したように情報共有が進まない。そんな課題に直面している企業の中には、その前段階である情報登録までしかシステム化できていないケースが散見される。 必要なメンバーに情報・ナレッジ...(2017/6/20 提供:リックソフト株式会社)

レポート
米大統領選挙の裏で実行された攻撃 サイバー犯罪の標的はIoT、モバイルへ
 本コンテンツは、シマンテックが毎年発行している『インターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)』の最新版(2017年4月発行)である。157を超える国や地域で脅威活動を監視し、取得した9兆件を超えるセキュリティデータを徹底分析し、アナリストが以下のような調査...(2017/6/19 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
BIツール導入のロードマップ――データ分析ドリブンの意思決定を根付かせる方法
 多くの企業でデータ分析は、IT部門がDBから抽出、ExcelやAccess、専門的なBIツールなどを使用してレポート提供をしているのが一般的だ。この方法では、意思決定に関わるユーザーが触れられるレポートは固定フォーマットのものが多く、追加の視点でレポートをすぐに変更...(2017/6/9 提供:Tableau Japan株式会社)

事例
テストツール活用事例――年2回のリリースサイクルが月1回へ
 ウォーターフォール型プロセスに比べて、小規模な改良を高い頻度で行うアジャイル開発プロセスは、多くのソフトウェア開発現場で取り入れられつつある。特にクラウドやモバイルのアプリケーションなど競争が激しい分野での採用が顕著だ。 アジャイル化は、ソフトウェア...(2017/4/21 提供:日本シノプシス合同会社)

技術文書
5G実現に向けて-ミリ波通信技術開発の最善策とNokia Networks社の事例を探る
 5G(第5世代移動通信システム)のサービスインに向け、各社が商品化に向けた取り組みを進めています。これまでセルラ通信で活用されてきた既存の周波数資源が枯渇する中、5Gではミリ波帯を活用することで、さらなる高速大容量通信への需要に応えようとしています。 し...(2017/5/25 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

事例
デジタルツールによる「ものづくり」の革新
 ここ最近、社内で「ものづくり」に取り組まれている企業が規模の大小にかかわらず増えてきています。 背景には3DCADやモデリングマシンをはじめとするデジタルツールが普及し、これまで専門業者に外注していたことを自社内で対応できるようになり、内製化できるものが...(2017/5/25 提供:ローランド ディー.ジー.株式会社)

技術文書
Nutanixの新たな選択肢、Cisco UCSで構築するハイパーコンバージドインフラ
 ストレージ、ネットワーク、サーバを個別に用意するレガシーなインフラは、サイロ化による非効率が生じやすく、拡張するためにはシステム全体をリプレースする必要があるなど、管理に手間が掛かることが問題となる。 こうした課題に対処する方法として、サーバ、ストレ...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
予測分析の根本課題を解説、データが正しい意思決定につながらない理由とは?
 分析モデルは、ビジネスの意思決定において中核的な役割を果たしている。しかし、分析モデルが標準化されておらず、事業ごとに独自に開発されていたり、ガイドラインが文書化されていなかったりするケースも見られる。こうしたバラバラなモデルによる分析結果を判断材料...(2017/5/23 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
医療機器の試作と小ロット生産 〜各製造手法の長所・短所を徹底比較〜
医療機器の開発プロセスにおいては、迅速な製造により機器や部品の市場投入を加速化することが重要である。そのためには、新しい製品の設計や材料を評価したり、必要に応じて素早く設計を繰り返し、迅速で一貫した費用効果の高い方法で、試作品作りや小ロット生産を実施で...(2017/4/13 提供:プロトラブズ合同会社)

技術文書
小規模なエンジニアリングチームの強みとは?製品開発における新たなアプローチ
大規模な組織と競争する上で、小規模なエンジニアリングチームの強みは、アジリティ(機敏さ)、効率に細心の注意を払う、間接費を低く抑えるといった点が挙げられる。では、こうした利点を活かしつつ、設計や生産、製造の場面において、小規模なチームおよび中小企業が注意...(2017/4/26 提供:オートデスク株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月5日号:ファイアウォール管理の悩み
 Computer Weekly日本語版 4月5日号は、以下の記事で構成されています。■今だから再評価すべき、DIMMスロットに装着するフラッシュメモリ「Memory1」■FIDO U2F標準対応の効果は? 60万件/日のセキュリティ侵害が生じるFacebook■Yahoo!がSpark/Hadoop環境で使える「...(2017/4/5 提供:アイティメディア株式会社)

事例
国産ジェット旅客機「MRJ」の開発プロジェクトを支える情報共有システムとは?
 国産初を目指して開発が進むジェット旅客機「MRJ(Mitsubishi Regional Jet)」。この前例の少ない開発プロジェクトに取り組む三菱航空機は、従来のものづくりを超えた技術的な課題やトラブルに日々直面している。 そこで同社は、開発プロセス自体の見直しにも耐える柔...(2017/3/1 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
オールフラッシュならではの「新たなストレージアーキテクチャ」とは?
 いまやストレージはオールフラッシュが主流となる時代に突入した。しかし現在でも、多くのストレージにはディスクストレージのために開発されたテクノロジーや、ディスクストレージ時代のアーキテクチャが使い続けられており、フラッシュの特性を必ずしも生かし切れてい...(2017/3/29 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

製品資料
進化する「データ活用プロセス」、自動化・最適化を組織全体で実践する方法
 データは適切に活用してこそ、成果につながる。ビジネスにおいてはデータに基づく洞察の大切さはもちろん、成果を得るには迅速な行動が不可欠だ。できることなら、業務遂行上のさまざまな意思決定を自動化させていくことが望ましい。 自動化は判断の遅れを避け、意思決...(2017/3/10 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
4分の3以上がモバイルアプリのセキュリティ確保で立ち往生、それはナゼか?
 民間および官公庁の調査を専門とするPonemon Instituteは、アプリケーション開発やセキュリティプロセスに携わる人を対象に、セキュリティが確保されていないモバイルアプリケーションのリスクをどのように軽減しているか、の調査報告を上げた。 回答者の77%が「アプ...(2017/2/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
アジャイル開発で陥りやすい非効率なツールチェーン、アットホームに学ぶ改善法
 システムやソフトウェアの開発における、早期リリースと品質向上への要求は年々厳しくなっている。両立の難しいこれらの要求に応えるため、多くの現場が多種多様なツールを導入し、バージョン管理、CI(継続的インテグレーション)、プロジェクト管理などの効率化・自動...(2017/2/22 提供:リックソフト株式会社)

事例
ハイアールの製品の市場投入期間が15%短縮!? PLMによる新たな開発プロセス
 世界有数の白物家電メーカーであり、中国一のブランド価値を持つHaier(ハイアール) Groupは、技術研究、製造業、商業、金融業に重点を置く多国籍企業へと大きく成長してきた。 Haier Groupの製品群には96のカテゴリ、15,100種類にも及ぶ仕様があり、ビジネスの大きな...(2016/11/21 提供:シーメンス株式会社)

Loading