TechTargetジャパン

レポート
「定番2大ERP vs. 第三のERP」 結局どのERPが良いの?
 ERP業界のツートップである独SAPと米Oracle。新しいERP製品の実装を検討する場合、選択肢としてこの2社の製品が上がることは多いだろう。どちらのベンダーも市場占有率が高く、製品ラインに定評がある。果たしてこの2つの製品には、どのような違いがあるのだろうか。 ...(2015/12/24 提供:アイティメディア株式会社)

事例
ERPのプロも実践、クラウドERPで業務の属人化を解消して事業を拡大
 2005年の会社設立以来、ERPソリューションの導入コンサルティングやモバイルアプリケーションの開発を手掛けるCEGB。いわばERPのプロフェッショナルともいえる同社だが、SaaSで提供されているクラウドERPを自社の新たな経営基盤として導入し、同社の課題となっていた問...(2017/7/18 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
【企業意識調査レポート】陳腐化するアドオンERPの今後と加速するERPのクラウド化
 ERPパッケージは約20年前から国内で導入が始まり、現在ではさまざまな業種で利用されている。導入から10年以上経過するケースも増えており、この数年で多くの企業がERPシステムのオーバーホールを検討するようになってくるという。 そこでポイントとなるのが、過去に積...(2016/5/31 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
85%の企業がERPをカスタマイズ利用──低コストで柔軟なERPカスタマイズを実現する方法
 ERPアプリケーションを利用しているほとんどの企業は、自社の要件に合わせてカスタマイスしている。パノラマコンサルティングの調査によると85%の企業がERPを何らかの形でカスタマイズして利用しているという。カスタマイズはゼロから開発するよりは安価だが、開発や展...(2014/12/1 提供:ネットスイート株式会社)

講演資料
クラウドERPで「Two-tier ERP」を実現するためのキーポイント
 既存の基幹ERPのアーキテクチャを生かしながら、柔軟で低コスト、迅速なグローバル展開を可能にするのが「Two-tier ERP」(2層ERP)だ。これまでは2層ERPを実現する製品がなく、現実的ではなかったが、クラウドERPが登場したことで、その実現が容易になった。 企業のグ...(2012/3/26 提供:日本電気株式会社)

レポート
ERP比較ガイド:クラウドERPコスト比較表
本コンテンツでは、主要なクラウドERPについて以下の情報を掲載している。クラウドERPを検討する上での参考にしてほしい。・製品名・ベンダー・主要機能・月額基本料金・1ユーザー当たりの月額料金・最低ユーザー数・サポート料金・初期導入費(2012/3/15 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ERP戦略指南:ERPは工場の現場でも活用できる!
 グローバルなサプライチェーンの確立や全体最適化のためにERP(Enterprise Resource Planning)の導入を模索する企業が増加する一方、製造現場や物流現場では継続的なプロセス改善や品質改善が行われている。各企業は独特のオペレーションを行うことで現場力を向上させ...(2008/8/21 提供:アプリソ・ジャパン株式会社)

製品資料
ERPに隠された「3つのコスト」を削減、投資対効果を高めるハイブリッドEPR
 企業資産をリアルタイムで一元管理するERPは、経営戦略立案と意思決定に不可欠の存在だ。多くの企業がERPを導入しているが、「導入にも運用にもかかる多大なコスト」は悩みの種であり、「何とかしたい」と考えている企業は少なくない。 そこで着目したいのが、導入にお...(2017/7/31 提供:SCSK株式会社)

製品資料
大企業と同等の機能を実現、中堅・中小企業が選びたいクラウドERPは?
 あらゆる業務領域の情報を一元管理し、可視化するERPは、経営の効率化に非常に有効な武器となり、企業の強力な経営基盤となる。しかし、従来のERPは、特に中堅企業や中小企業にとって導入のハードルが高かった。 例えば、ビジネスプロセスの再設計は、それが必要だと分...(2017/7/21 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
ERPをわずか3カ月で導入して少人数で運用、外資系アパレル企業が成功した秘訣は?
 米国発のワークカジュアルブランド「ディッキーズ」の日本法人として2011年に設立されたウィリアムソン・ディッキー・ジャパン。その事業開始に向け、基幹システムを早急に構築する必要のあった同社が採用したのが、クラウドERPだった。 世界110カ国で展開するグローバ...(2017/7/21 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
高利益体質のビジネス持続に欠かせないERP、中堅企業の成功事例
 岡山県倉敷市に本社を置く萩原工業は、従業員数が約1300人、売上高が約225億円の中堅製造企業だ。同社がERPを導入したのは2004年。当時はまだ、ERPといえば大企業が採用するシステムという位置付けだったが、同社は中堅企業としては早い段階で導入を決断した。 きっか...(2017/7/21 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
日本に特化した機能とサポート──中小規模メーカーでもSAP ERPが使えた理由
 今、日本の中小規模メーカーで海外進出に取り組む事例が増えている。事業拠点をグローバル規模で展開するためには、全社を統合するシステム戦略が不可欠だ。海外進出を始めたある半導体向けケミカルメーカーの事例では、全社業務を統合する新しいシステム構築において...(2017/7/18 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
現場に支持される旧システムを刷新、ERP導入を成功させた4つの秘訣とは?
 現場の要望に応える形で改修を続けてきたシステムは、業務部門にとっては極めて使い勝手がよい。しかし、メンテナンスの負荷を減らしたいIT部門や、ビジネスの強化を図りたい経営陣にとっては、扱いづらいシステムであることが多い。このような場合、システムの刷新はど...(2017/7/18 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
「経理部門」視点で業務を効率化、ワークフロー統合型ERPの実力は?
 ERPを導入していても、会計や財務業務の負担に悩む経理部門は珍しくない。そんな現場によく見られるのが、ERPとワークフローシステムが連動していないために、データの反映に手間がかかってしまうケースだ。この他にも、データ分析に対応しておらず、会議のたびに報告書...(2017/7/13 提供:株式会社ミロク情報サービス)

製品資料
中堅企業に求められるERPとは? さらなる成長を引き出すための条件
 現在では多拠点にまたがる事業展開が、多くの企業にとって当然の業務環境となっている。これによって、業務は複雑化が進み、企業の事業規模の拡大への道はリスクが高まっているという。そのような環境において、企業が次のステップに進むには、リスクをシンプル化するだ...(2017/7/12 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
シンプル、柔軟性、拡張性の側面から成長企業の基盤確立を支援するクラウドERP
 ERPソリューションは、企業の成長促進とシンプル化に役立つとされ、さまざまな企業での導入が進んでいる。また、ERPは大企業向けというイメージが以前は強かったが、現在では、100%クラウドベースのERPも提供されている。ERPは、いまや大企業のみが使うものではなく...(2017/7/12 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
ERPのクラウド移行、トプコンがコストと運用負荷を大幅削減できた秘訣とは?
 先端技術を利用したモノづくりはITが重要な役割を担っている。光学機器メーカーとして1932年に創業したトプコンは、2015年に国内のグループ企業6社の基幹システムをSAP ERPに刷新した。売り上げや発注に関わる日報のフォーマットやタイミングが各社で異なっていたため...(2017/6/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
CRMやERPなどのビジネス機能を1システムで――統合型パッケージの実力は?
 現在のビジネスでは、さまざまな形で収集されたデータを分析し、先読みした行動や迅速な対応につなげていくことが求められている。また、各種データや分析結果を迅速かつ効果的に社員間で共有することも競争力を向上させる上で欠かせない。 従来は、このようなシステム...(2017/4/11 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
ファッショントレンドをつかみ、業界特有のニーズに応えるERPの形
 服飾や靴、バッグ、雑貨などを扱うファッション企業は、消費者のニーズに合わせて、適切な商品を、適切な数量、適切な価格、適切なタイミングで提供するマーチャンダイジングをビジネスの基軸にしている。この幅広い業務プロセスを1つのERPパッケージで運用できれば、多...(2017/2/9 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
食品飲料業界の課題に特化、固有の業界ニーズに対応するERPは何が違うのか
 食品飲料業界では、消費者の嗜好に合わせた商品開発のイノベーションスピードや、食の安全を守る法令へのコンプライアンス対応の両立が求められている。こうした業界固有のニーズを満たすには、汎用的なソフトウェアでは困難だ。 業界の特異性を理解したソリューション...(2017/2/9 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
ERP/CRM/Eコマースを統合、クラウド型基幹システムが業務を変える6つの理由
 分業化が進んだ現在のビジネスは、顧客管理や在庫管理、会計、営業支援、Eコマース、人事管理などを行うさまざまなシステムによって支えられている。従来は、これらを独立して運用し、分散したマスターデータやトランザクションデータの同期・連携を図ってきた。 その...(2017/1/5 提供:Shearwater Japan株式会社)

事例
ERP刷新で業務改革・ガバナンス・BCPを一気に推進――THKリズムの海外拠点改革
 拠点拡大や海外展開を目指す企業にとって、本社で各拠点の情報をリアルタイムに把握できるかどうかはビジネスの成否を分ける大きなポイントとなる。しかし、そのためには、各拠点における情報の可視化やビジネスプロセスの標準化といった課題を解消する必要がある。 こ...(2016/11/17 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
財務会計と調達業務を最適化、クラウドERPが経営戦略を変える仕組み
 現代の会計部門は、単なる財務処理だけでなく経営会議での戦略的アドバイザーとしての役割も果たすようになっている。さらに先進企業の会計部門は、ソーシャル、モバイル、高度な分析など、新しいテクノロジーを利用して、企業により大きな価値をもたらしている。 しか...(2016/10/26 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
成長企業が選びたいクラウドERP、短期間・低コストで実現する経営の可視化
 生産から販売・会計などを統合管理できるERPシステム。コスト低減や経営判断の迅速化・高度化を図るために中堅・中小企業などでも導入が進んでいるが、自社のニーズに合わせたカスタマイズが必要な製品も多い。 システム部門を持たない成長企業などでは、このことがERP...(2016/10/25 提供:FutureOne株式会社)

製品資料
カスタマイズ型ERPがワンシステムで基幹業務をカバーできる理由
 ERPには、販売管理、生産管理、会計管理の組み合わせによって「単体集合型」「会計付属型」「業務統合型」の3パターンがある。その1つである業務統合型ERPは、販売管理、生産管理、会計管理に必要な機能を搭載しており、経営に必要な情報を正確かつタイムリーに把握でき...(2016/10/25 提供:FutureOne株式会社)

製品資料
高くそびえる経理の壁、アジア地域での事業に強くなるERPとは?
 近年、中小規模企業においてもアジア地域での事業展開を目指す企業が増えているが、中には現地の会計・税務制度が大きな壁となり、苦戦するケースが多く見られる。特に国内での経営戦略にERPを活用している企業ほど、現地国会計や税務制度への不適合を起こしやすい。現...(2016/6/8 提供:ピー・シー・エー株式会社)

レポート
大規模ERPの最大10分の1コストで導入可能、容易にアドオンが開発できる秘密とは
 ERP製品で業界・業種に特化したアドオン開発にコストが掛かったり、ERP製品を導入したものの人手が足りず専任の担当者が置けない中堅・中小企業は多いのではないだろうか。また、海外でのビジネス展開を検討している中堅・中小企業が増えているが、基幹業務では法的要件...(2015/11/12 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
ERPの効果に疑問を感じたら「真のデータベース統合」に着手せよ
 ERPの導入効果としては、経営内容の把握、それに伴う各種コストの最適化が挙げられる。各部門の業務データを統合し、予実管理などを迅速に進めることで、業務改善の具体策を検討できるようになる。従って、ERPの導入効果に疑問を感じている企業は、経営管理におけるスピ...(2015/10/28 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

事例
Excel帳票とお別れした日立化成に「日本主導のERPグローバル対応の進め方」を聞く
 有機化学・無機化学をはじめ幅広い基盤技術を駆使し、最先端の「機能材料」などを提供する日立化成。同社は、アジアを中心にグローバル47拠点でビジネスを展開しており、販売/会計/在庫/購買システムを拠点ごとに構築した個別パッケージやMicrosoft Excelベースの帳...(2015/10/21 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
これからのERPは過去の把握から未来の予測へ、運用ギャップをなくす製品選定のポイント
 海外に生産、販売、資材調達など、さまざまな役割を持つ拠点を展開する製造企業が今後もビジネスの成功を実現していくためには、ERPに関して従来とは違ったアプローチが必要になる。つまり「過去の収益」を示す財務会計/財務諸表とは切り分けて「現在の収益と未来の予...(2015/9/2 提供:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社)

Loading