TechTargetジャパン

レポート
「定番2大ERP vs. 第三のERP」 結局どのERPが良いの?
 ERP業界のツートップである独SAPと米Oracle。新しいERP製品の実装を検討する場合、選択肢としてこの2社の製品が上がることは多いだろう。どちらのベンダーも市場占有率が高く、製品ラインに定評がある。果たしてこの2つの製品には、どのような違いがあるのだろうか。 ...(2015/12/24 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
【企業意識調査レポート】陳腐化するアドオンERPの今後と加速するERPのクラウド化
 ERPパッケージは約20年前から国内で導入が始まり、現在ではさまざまな業種で利用されている。導入から10年以上経過するケースも増えており、この数年で多くの企業がERPシステムのオーバーホールを検討するようになってくるという。 そこでポイントとなるのが、過去に積...(2016/5/31 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
85%の企業がERPをカスタマイズ利用──低コストで柔軟なERPカスタマイズを実現する方法
 ERPアプリケーションを利用しているほとんどの企業は、自社の要件に合わせてカスタマイスしている。パノラマコンサルティングの調査によると85%の企業がERPを何らかの形でカスタマイズして利用しているという。カスタマイズはゼロから開発するよりは安価だが、開発や展...(2014/12/18 提供:ネットスイート株式会社)

講演資料
クラウドERPで「Two-tier ERP」を実現するためのキーポイント
 既存の基幹ERPのアーキテクチャを生かしながら、柔軟で低コスト、迅速なグローバル展開を可能にするのが「Two-tier ERP」(2層ERP)だ。これまでは2層ERPを実現する製品がなく、現実的ではなかったが、クラウドERPが登場したことで、その実現が容易になった。 企業のグ...(2012/3/26 提供:日本電気株式会社)

レポート
ERP比較ガイド:クラウドERPコスト比較表
本コンテンツでは、主要なクラウドERPについて以下の情報を掲載している。クラウドERPを検討する上での参考にしてほしい。・製品名・ベンダー・主要機能・月額基本料金・1ユーザー当たりの月額料金・最低ユーザー数・サポート料金・初期導入費(2012/3/15 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ERP戦略指南:ERPは工場の現場でも活用できる!
 グローバルなサプライチェーンの確立や全体最適化のためにERP(Enterprise Resource Planning)の導入を模索する企業が増加する一方、製造現場や物流現場では継続的なプロセス改善や品質改善が行われている。各企業は独特のオペレーションを行うことで現場力を向上させ...(2008/8/21 提供:アプリソ・ジャパン株式会社)

事例
ERP刷新で業務改革・ガバナンス・BCPを一気に推進――THKリズムの海外拠点改革
 拠点拡大や海外展開を目指す企業にとって、本社で各拠点の情報をリアルタイムに把握できるかどうかはビジネスの成否を分ける大きなポイントとなる。しかし、そのためには、各拠点における情報の可視化やビジネスプロセスの標準化といった課題を解消する必要がある。 こ...(2016/11/17 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
財務会計と調達業務を最適化、クラウドERPが経営戦略を変える仕組み
 現代の会計部門は、単なる財務処理だけでなく経営会議での戦略的アドバイザーとしての役割も果たすようになっている。さらに先進企業の会計部門は、ソーシャル、モバイル、高度な分析など、新しいテクノロジーを利用して、企業により大きな価値をもたらしている。 しか...(2016/10/26 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
成長企業が選びたいクラウドERP、短期間・低コストで実現する経営の可視化
 生産から販売・会計などを統合管理できるERPシステム。コスト低減や経営判断の迅速化・高度化を図るために中堅・中小企業などでも導入が進んでいるが、自社のニーズに合わせたカスタマイズが必要な製品も多い。 システム部門を持たない成長企業などでは、このことがERP...(2016/10/25 提供:FutureOne株式会社)

製品資料
カスタマイズ型ERPがワンシステムで基幹業務をカバーできる理由
 ERPには、販売管理、生産管理、会計管理の組み合わせによって「単体集合型」「会計付属型」「業務統合型」の3パターンがある。その1つである業務統合型ERPは、販売管理、生産管理、会計管理に必要な機能を搭載しており、経営に必要な情報を正確かつタイムリーに把握でき...(2016/10/25 提供:FutureOne株式会社)

製品資料
高くそびえる経理の壁、アジア地域での事業に強くなるERPとは?
 近年、中小規模企業においてもアジア地域での事業展開を目指す企業が増えているが、中には現地の会計・税務制度が大きな壁となり、苦戦するケースが多く見られる。特に国内での経営戦略にERPを活用している企業ほど、現地国会計や税務制度への不適合を起こしやすい。現...(2016/6/8 提供:ピー・シー・エー株式会社)

レポート
大規模ERPの最大10分の1コストで導入可能、容易にアドオンが開発できる秘密とは
 ERP製品で業界・業種に特化したアドオン開発にコストが掛かったり、ERP製品を導入したものの人手が足りず専任の担当者が置けない中堅・中小企業は多いのではないだろうか。また、海外でのビジネス展開を検討している中堅・中小企業が増えているが、基幹業務では法的要件...(2015/11/12 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
ERPの効果に疑問を感じたら「真のデータベース統合」に着手せよ
 ERPの導入効果としては、経営内容の把握、それに伴う各種コストの最適化が挙げられる。各部門の業務データを統合し、予実管理などを迅速に進めることで、業務改善の具体策を検討できるようになる。従って、ERPの導入効果に疑問を感じている企業は、経営管理におけるスピ...(2015/10/28 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

事例
Excel帳票とお別れした日立化成に「日本主導のERPグローバル対応の進め方」を聞く
 有機化学・無機化学をはじめ幅広い基盤技術を駆使し、最先端の「機能材料」などを提供する日立化成。同社は、アジアを中心にグローバル47拠点でビジネスを展開しており、販売/会計/在庫/購買システムを拠点ごとに構築した個別パッケージやMicrosoft Excelベースの帳...(2015/10/21 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
これからのERPは過去の把握から未来の予測へ、運用ギャップをなくす製品選定のポイント
 海外に生産、販売、資材調達など、さまざまな役割を持つ拠点を展開する製造企業が今後もビジネスの成功を実現していくためには、ERPに関して従来とは違ったアプローチが必要になる。つまり「過去の収益」を示す財務会計/財務諸表とは切り分けて「現在の収益と未来の予...(2015/9/2 提供:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社)

製品資料
賞味/消費期限や鮮度など、食品業界特有の管理に対応したERP型クラウドサービス
 業界特有のニーズが多い業種では、汎用的なERPをそのまま導入するのは難しく、パッケージソフトをカスタマイズして使うケースが多かった。だが、中堅・中小企業にとっては、カスタマイズに開発期間やコストを掛ける余裕がない上、システム専任担当者がいないなど、導入...(2015/5/22 提供:株式会社富士通システムズ・イースト)

レポート
日本人の知らない第3のERP「Workday」の正体とは
 多くの製品が競い合い、機能の差が小さくなってきたといわれるERP製品。だが、革新は確実に起きている。特に注目されているのがクラウド、モバイル、分析など最新技術への対応だ。 従来のERPはオンプレミスが中心。発生した業務を記録することのみが求められ、経営の意...(2015/3/23 提供:ワークデイ株式会社)

事例
手組み基幹システムを4カ月で移行、グローバル企業の「二層構造ERP」成功の秘訣
 自動車に利用される接着剤の日本国内シェア約80%を占めるロード・ジャパン・インクは、世界9カ国に16の生産拠点、90を超える販売拠点を擁する米LORD Corporationの日本法人だ。 同社は1991年からホストコンピュータを使った手組みの基幹システムを運用してきたが、年...(2015/3/13 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
中堅・中小企業のグローバルERP導入、限られたリソースで成功へと導くための要件
 多くのグローバル企業が、めまぐるしく変化するビジネス環境に対応し、競争優位性を確保するため経営情報を可視化するための基幹システム統合に取り組んでいる。しかし、海外拠点へのERP導入には、比較的売り上げ規模の小さい中堅・中小拠点に対し、本社の大型ERPを導入...(2015/3/13 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
積水化学工業のグローバルERP統合、成功の決め手はMicrosoft Azureとの専用線接続
 住宅や環境ライフライン、高機能プラスチックスを中心に、生活を豊かにする商品やサービスを提供する積水化学工業。同社は2015年1月、これまで海外拠点ごとに管理していたERPシステムのグローバル統合を決断する。統合の課題は、ストレージを含むシステムの拡張性とネッ...(2015/3/11 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Webキャスト
見れば納得、食品業界に特化したERP型クラウドサービスのメリット
 食品業界の在庫管理には、業界特有の仕様があり、汎用的なERPでは対応しきれない。本コンテンツでは、食品業向けのソリューションに会計システムなどの共通業務ソリューションを組み合わせたERP型のクラウドサービス「AZCLOUD SaaS 食品」を紹介する。 経営者、情報シ...(2014/11/18 提供:株式会社富士通マーケティング)

製品資料
中堅から大手企業までワールドワイドで500社の導入実績を持つ組立製造業向け革新ERPソリューション
製造業に特化し、40年以上積み重ねてきたノウハウに基づき、豊富な機能、モジュール群より、お客様の業務に合った仕組みで業務効率化を実現する。特長1.見込み生産型、受注生産型、個別受注生産型など、様々な生産形態が混在する場合でも柔軟に対応できる特長2.プッシ...(2014/11/7 提供:富士通株式会社)

事例
求めたのは、10年後も確実に使えるクラウドERP。会計/購買をAWS上で独自ECシステムと連携
 19万点以上(2012年10月現在)の商品数を強みに、健康食品・医薬品から日用品まで幅広い商品をECサイトを中心に展開するケンコーコム株式会社。 顧客数と商品数の増加に伴い、従来の業務単位で個別構築されたシステムではデータの不整合によるデータ分断や、増加する検...(2014/10/3 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
Excel/経理パッケージ運用からクラウドへ――急成長する「ミドリムシ」ビジネスが選んだクラウドERPとは
 「ミドリムシ」を活用した機能性食品、化粧品などのヘルスケア事業を主力ビジネスとするユーグレナ。急成長を続ける事業を支えていたExcelと市販の経理パッケージによる個別運用では、業務の重複やデータの整合性の確認に多大な負担がかかっていた。 国内拠点の拡大と...(2014/10/3 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
マザーズ上場を成功させたCEOが語る「成長企業が実践するべきERP活用術」とは?
 「秘密結社 鷹の爪」や「パンパカパンツ」などのキャラクターを活用したマーケティングを手掛けるディー・エル・イー。同社はエンタテインメントビジネスにおいてヒット商品を生み出すことを追求してきたが、一方でプロジェクトごとの収支やキャラクターごとの利益率な...(2014/9/1 提供:株式会社オロ)

レポート
SaaS型ERPのメリットとデメリット――ベストな選択を考える
 注目を集めるSaaS型ERPは中小企業に最適のソリューションともいわれる。だが、本当にそうだろうか。SaaS型ERPに掛かるコストや自社のビジネスプロセスを考えると、中小企業にとっての解決策がSaaS型ERPではなく、従来のオンプレミスサーバとERPである場合も当然ある。 ...(2014/6/10 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
自社のシステムをどのように方向付けていくべきか?ERPを決定する為のポイントとは?
IT 技術は近年定着化の兆しを見せてきた「クラウド環境」等のインフラ環境に加え、「スマートフォン、タブレット端末」をはじめとする利用現場での利便性向上を図るツールなど、従来よりもより安く、早く、簡単に使用できる環境が整っている。ただしそれが故にリスクを招...(2013/11/1 提供:GRANDIT株式会社)

比較資料
中堅製造業のためのERP選定ガイド──製品比較の際チェックすべき5つの項目とは?
 ERPの選定基準は企業規模ごとに違うだろう。中規模製造業であれば、海外含む複数拠点で展開する際に複数通貨・言語対応が求められる。また、大企業のように相当数のITスタッフを有することがないため、大幅なカスタマイズに専念するリソースはないだろう。  では、中堅...(2013/7/9 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
グローバルビジネスを支えるERP マルチカンパニー/マルチサイトの適応力
 グローバルにビジネスを展開する企業の基幹系システムにおいて、今後、マルチカンパニーの重要性がより高まる。特に、販売、生産、購買などの直接系業務やサプライチェーン実行系業務をパッケージで導入する場合は、シングルカンパニー型では要件を満たさないことが多い...(2013/7/2 提供:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社)

事例
「原価管理の複雑化」を克服――従業員数119名のグローバル製造業が導入したERPの決め手とは?
 リユースカートリッジやトナーの製造/販売を柱に業績を伸ばしてきた株式会社アイメックス。同社は、グローバル事業の拡大とともに原価管理/管理会計の強化と、多言語・多通貨の会計基準対応を目指し、基幹システムの刷新を決断。 同社がERP導入を決断した背景は以下...(2013/6/10 提供:SAPジャパン株式会社)

Loading