2011年12月06日 09時00分 公開
特集/連載

SAP ERP 6.0を2020年まで使い続けられる理由ERP Now!【第12回】

ERPは定期的にアップグレードするという常識が変わりつつある。SAP ERPは2020年までの長期間のサポートを提供することで現行バージョンを使い続けられるようにした。その理由を探る。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

混乱なく新しい価値を利用可能に

 SAPジャパンは11月17日、主力のERPパッケージ「SAP Business Suite 7」についてその標準保守契約を2015年から2020年に延長すると発表しました。簡単にいうと2020年まではSAP Business Suite 7をアップグレードせずに使い続けることができるということです。SAPジャパンはなぜそのような決定をしたのでしょうか。今回の「ERP Now!」ではSAPジャパンへの取材を通して、SAP ERPのアップグレードを考えましょう。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...