2011年12月06日 09時00分 公開
特集/連載

SAP ERP 6.0を2020年まで使い続けられる理由ERP Now!【第12回】

ERPは定期的にアップグレードするという常識が変わりつつある。SAP ERPは2020年までの長期間のサポートを提供することで現行バージョンを使い続けられるようにした。その理由を探る。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

混乱なく新しい価値を利用可能に

 SAPジャパンは11月17日、主力のERPパッケージ「SAP Business Suite 7」についてその標準保守契約を2015年から2020年に延長すると発表しました。簡単にいうと2020年まではSAP Business Suite 7をアップグレードせずに使い続けることができるということです。SAPジャパンはなぜそのような決定をしたのでしょうか。今回の「ERP Now!」ではSAPジャパンへの取材を通して、SAP ERPのアップグレードを考えましょう。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...