トヨタ系にもいた「沈黙マン」が発言し始めた訳特選プレミアムコンテンツガイド

会議で自分の意見を言えない人は少なからずいる。トヨタ自動車系やGoogleといった影響力のある組織でも例外ではない。実はこうした「沈黙マン」が、ここにきて積極的に発言し始めているという。何が起きているのか。

2022年10月06日 10時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 会議でほとんど、または一切発言しない――。どの組織にも少なからずいるこうした「沈黙マン」が、過去の存在になる可能性がある。トヨタ自動車の子会社であるToyota Financial Services(TFS)やGoogleでは、ある変化をきっかけに、“かつての沈黙マン”が積極的に会議で発言するようになったという。

 TFSやGoogleで沈黙マンが積極的に発言し始めたのは、なぜなのか。その背景には、両社で起こった“ある変化”があった。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

連載:テレワークで変わる「発言しない従業員」

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...