2011年01月12日 08時00分 公開
特集/連載

動画で見る、スマートフォン対応ERPの最前線ERP NOW!【第3回】

スマートフォンに対応するERPが増えてきた。現場利用やマネジャーの利用を想定したアプリケーションが多い。どのように利用できるのか。各ベンダーが公開している動画で紹介しよう。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 クラウドコンピューティングを活用したERP(関連記事:2011年は「クラウドERP」元年になる)と同時に、2011年に利用が広がると考えられるのはモバイルデバイス、特にスマートフォンやタブレットデバイスに対応したERPです。今回はスマートフォン対応ERPの利用動画を紹介し、その最新動向をお伝えしましょう。

勢い増すスマートフォン、タブレットデバイス

 スマートフォンはiPhoneのブームをきっかけに国内でも利用が急増しています。Androidを搭載するスマートフォンも次々に発表されています。調査会社のMM総研が2010年12月に発表した資料(発表資料)によると、スマートフォンの2011年度の国内出荷台数は1545万台と予測。2015年度には2410万台に達し、契約数で従来型の携帯電話を上回るとみています。またIDC JapanはiPadをはじめとするタブレットデバイスが2011年に国内で142万台出荷されると予測しています(発表資料)。

 スマートフォンやタブレットデバイスはこれまで個人利用が中心で、企業システムとの連携も電子メールやグループウェアの閲覧などに限られていました。しかし、社員の多くがスマートフォンを手にするようになり、また従来の携帯電話と比較して高度な処理が可能なことを考えると、スマートフォンでERPなどの基幹システムを利用する形態が普及するのは間違いないでしょう。

 この流れに対応するためERPベンダーや関連するソフトウェアベンダーがスマートフォン、タブレットデバイス対応のERP関連ソリューションを提供し始めています。最初に紹介するのはSAPの中堅企業向けERPパッケージ「SAP Business One」をiPhoneで利用できるアプリケーションです。

ITmedia マーケティング新着記事

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。

news017.jpg

HubSpotとWeWork 世界の成長企業が新しい日常で実践するスマートな働き方
ニューノーマル時代に企業が成長し続けるためのヒント。

news022.jpg

中国向けマーケティング インバウンド“蒸発”をどう乗り越える?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...