TechTargetジャパン

事例
神奈川トヨタが20日間で構築した事例に学ぶハイブリッドクラウド導入4つのポイント
 クラウドサービスの提供が始まってから既に数年が経過し、企業におけるクラウド利用形態に変化が出てきた。オンプレミス環境での自社サービス開発にこだわらず、パブリッククラウドサービスを組み合わせて利用するハイブリッドクラウド導入に取り組む企業が増えてきた。(2015/2/23 提供:株式会社テラスカイ)

レポート
信頼できるクラウドサービスだけが持つ「5つの価値」とは?
 より柔軟な設備投資を可能にし、経済性向上や経営のスピードアップを実現するIT基盤として注目されるクラウドサービス。8割の企業が新規システムの構築時にクラウドを検討する一方、約4割の企業が情報漏えいなどセキュリティの不安をクラウド利用の障壁として挙げている...(2015/4/21 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
クラウドサービスのセキュリティに関する誤解
 一般企業は、クラウドサービスをどう使うようになっていくか。社外に向けたサービスのためにクラウドサービスを使うのは比較的自然だとしても、社内で運用されている社内アプリケーション/データをわざわざ移すべきなのか。安易にハイブリッドクラウドが正解だという人...(2013/12/20 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
クラウドサービス徹底比較――料金、セキュリティ、スペックから準拠法まで
 クラウドサービスの導入を検討する企業において、IT担当者を悩ませるのが「どのクラウドサービスを選べば良いのか?」という質問だろう。「IBM SoftLayer」(SoftLayer)をはじめとする主なクラウドサービスの中でも、アウトバウンドのトランザクション課金体系などサー...(2016/4/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「クラウド勝手利用」を放置してはいけない本当の理由
 システム構築の必要がなく、導入のハードルが低いことをクラウドサービスの利点として挙げる人は多いだろう。これはIT部門だけではなく、現業部門にとっても朗報だ。IT部門の手を借りることもなく、現業部門が直接契約し、利用を始めることが可能だからである。業務効率...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

講演資料
クラウドサービス選びに失敗しないための5カ条
 システムを検討する際にはまずクラウドから検討する、“クラウドファースト”の考え方が進む中で、クラウドサービスを提供する事業者も増える一方だ。利用者にとって、選択肢が増える事は歓迎すべきだが、一方で自社の要件にフィットするサービスを見つけるのが難しくな...(2014/11/28 提供:ニフティ株式会社)

レポート
クラウドサービスの「メリットを最大化する条件」と「選択するポイント」とは?
 Webサービス提供企業やゲーム開発企業などを中心に利用が進むクラウドサービス。一般的な業種でも運用コスト削減のために、基幹系システムのクラウド移行を図る企業が増えている。しかしながら、コストパフォーマンスの評価が正しく行えずに、そのメリットを享受できて...(2016/5/16 提供:さくらインターネット株式会社)

講演資料
ビジネス基盤として使えるクラウドサービスに必要なものとは?クラウドサービス利用の課題とその解決策!
クラウドコンピューティングは今や、非常に注目度が高いキーワードとなっております。各企業のクラウドコンピューティングに対する、コスト面・運用面での期待値が非常に高いことは皆様もよくご存じかと思います。しかしながら、現在、クラウドサービスの導入を決定できな...(2010/3/1 提供:インフォリスクマネージ株式会社)

事例
クラウドサービスに求められる「ストレージが果たす大きな役割」
 グローバルやローカルを問わず、多様なサービスを提供し、日ごろから多くの顧客接点を持つ企業にとって、自らが新たにクラウドサービスを構築し、提供することは、今や珍しいことではない。特に一般的なパブリッククラウドサービスに対して、一部の機能や投資対効果の面...(2015/5/12 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
Office 365のデリバリ高速化──「クラウドの遅延」はどうすれば解決できるか?
 従量課金制の料金体系や、必要に応じてキャパシティーを拡張できる柔軟性や俊敏性といった魅力が後押しとなり、世界中の企業がクラウドサービスを導入している。「Microsoft Office 365」などのSaaSは、とりわけ人気の高いクラウドサービスだが、電子メールをはじめとす...(2014/8/19 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

事例
ひとり情シスが決断したクラウドサービス「安かろう悪かろうでは困ります」
 国内外に約20拠点で事業を展開し、新しいタイプの空間創造を推進する中堅企業スペースデザインは、クラウド黎明期といわれる2008年より、とあるクラウドサービスを利用していた。 しかし、導入当初からWebメールのレスポンスの遅さや管理ツールの使い勝手、運用コスト...(2011/12/1 提供:ソニービジネスソリューション株式会社)

事例
クラウドサービス乗り換え事例:「コスト削減とサービスレベルの向上」を両立したクラウドとは
 国内外に約20拠点で事業を展開する同社は、クラウド黎明期といわれる2008年より、とあるクラウドサービスを利用していた。 しかし、導入当初からWebメールのレスポンスの遅さや管理ツールの使い勝手、運用コストなどサービスの内容に課題を抱えていた。  「コストを...(2011/11/1 提供:ソニービジネスソリューション株式会社)

事例
ビットアイル・エクイニクスのベアメタル型IaaSを支える新サーバの付加価値とは?
 サーバ・ネットワーク機器レンタルサービスやクラウドサービスを提供するビットアイル・エクイニクス(旧ビットアイル)。2009年にスタートしたクラウドサービスが好調で、年率20%という成長を続ける同社だが、2015年にサーバ環境を刷新し、さらなる付加価値の向上を目...(2016/7/29 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
SoftLayerとBluemixが提示する“クラウドサービスの理想形”
 企業システムの課題は、運用管理コストの低減だけではない。ビジネスニーズに対応するシステムを万全な形で迅速に構築するという課題も長年指摘されてきた。そしてクラウドサービスが進化するにつれ、多くの企業ユーザーはクラウドに対し、コスト低減だけでなく「必要な...(2015/4/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
新日鉄住金ソリューションズが提供するマネージドクラウドサービスの運用管理環境を守るファイアウォール
 ミッションクリティカルな基幹系システムに対応するマネージドクラウドサービス「absonne Enterprise Cloud Service」を提供する新日鉄住金ソリューションズ。同社はこれまで、absonneの管理セグメントのネットワークに、ファイアウォールやフィルタリングなどに特化し...(2015/11/17 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

技術文書
企業ユーザー必見、Microsoft Azure監視手法実践ガイド
 Microsoft Azureは、Windows ServerやSQL Serverにあたる機能に加え、外部アプリケーションとの連携など多くの機能を備えたパブリッククラウドサービスだ。本ホワイトペーパーは、Microsoft Azureが提供するWebサイト、クラウドサービス、SQLデータベース、仮想マシン...(2014/4/21 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Office 365やGoogle Appsのセキュリティを補完――クラウドサービスのメールセキュリティ対策
 サイバー攻撃が日々巧妙化する中、クラウドベースのメールサービスに関しても、そのセキュリティを疑問視する声が聞かれるようになった。ベンダー各社は、マルウェア対策とデータ漏えい防止の機能が備わっているというが、実際のところ、それらは十分な対策となり得るの...(2016/5/23 提供:株式会社シマンテック)

講演資料
Office 365など、SaaSをもっと安全かつ簡単に使うためには? アクセス管理の賢い運用方法をご紹介
 SaaSをはじめとした企業のクラウドサービス利用が増える一方で、セキュリティに関する以下の課題が顕在化している。・パスワード認証で安全性が担保できるか?・いつでもどこでも無制限にアクセスできる状況で良いか?・不正アクセスを検知する仕組みがあるか? 特に...(2015/8/26 提供:F5ネットワークスジャパン株式会社)

Webキャスト
「Box」「Office 365」などクラウドサービスの情報漏えい対策、あなたの会社は大丈夫?
 ここ数年で、100万件を超える大規模な個人情報漏えい事件が相次いで報告されている。多くの企業では暗号化、フィルタリングなどの情報漏えい対策を講じているが、クラウドサービスの利用が広がる中、もはや従来の対策では対応しきれなくなりつつある。 今後、「Box」や...(2016/5/25 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
AWSがトップ3に入らない中国クラウド事情――現地で選ぶべきサービスは?
 近年、中国でビジネスを展開する日本企業の大きな悩みとなっているのが、自社が求めるレベルのクラウドサービスが見当たらないことだ。中国では、「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」ですらトップ3に入れないほど、独自クラウドの普及が進んでいるが...(2016/6/2 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
クラウドサービスの遅延対策──WAN高速化がもたらす10のメリット
 「Microsoft Office 365」や「Salesforce CRM」などのクラウドサービスは、サービスやアプリケーションが(多くの場合はパブリックインターネットを経由して)世界中のユーザーに配信されると、ネットワークの遅延や帯域幅の制限による制約を受ける可能性がある。エンド...(2014/8/19 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

技術文書
今からでも間に合う 5分で分かるクラウドセキュリティのポイント
 SaaS、PaaSやIaaSなど、データを手元に置くことなくリソースの拡張性も高いクラウドサービスは注目を集める。毎日めまぐるしく話題が飛び交い、日々進展し続ける最新技術は便利であると同時に、迅速な情報のキャッチアップに奔走する担当者もいるのではないか。 その中...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
エンタープライズのクラウド活用でプロバイダー選びに失敗しない「5つのステップ」
 エンタープライズにおけるクラウドテクノロジーの成熟とともに、サービスプロバイダーからクラウドサービスを調達するアプローチは一般的になってきた。多くのIT担当者は、クラウドサービスに「TCO削減」「ソフトウェアやビッグデータなどの機能活用」「人材やリソース...(2015/4/1 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
5分で分かる クラウドセキュリティのポイント
リソースの拡張性に優れたクラウドサービスは、ノウハウも蓄積されて利用しやすい価格になってきたこともありウェブサービスを提供する事業者にとって利用を検討する機会も増加してきている。今後もますます増加していくことが予想されるクラウドサービスにおいて、注意す...(2013/4/2 提供:日本ベリサイン株式会社)

技術文書
完全保存版:IBM i環境のためのクラウド導入・活用ガイドブック
 クラウドサービス活用が浸透し、オープン系では基幹系システムをクラウド上に構築する企業が増えている中、IBM i環境ではクラウド導入が進んでいるとは言い難い状況だ。だがクラウドベンダーのIBM iクラウド参入により、IBM i環境のクラウド活用は本格化の時期を迎えて...(2014/7/14 提供:IIJグローバルソリューションズ)

製品資料
販売・在庫・仕入の管理“初めてのクラウド”でも安心して利益率向上の秘密
 厳しい経営環境で競争を続ける企業にとって、利益率の向上は必須の課題だ。小売卸業ならば、販売、在庫、仕入れ、倉庫などの管理をリアルタイムで把握することが重要になる。しかし中小・中堅規模の企業にとって、自社の要件に合ったシステムを構築することはコストとい...(2016/1/14 提供:株式会社プラス)

製品資料
モバイル/クラウドサービスのユーザー体験をどうやって計測・分析するか
 厳しい競争環境が続く中、新たなビジネス機会の獲得に向けて、多くの組織でモバイルデバイスやクラウドサービスをベースとする極めて柔軟性の高いITソリューションへのニーズが高まっている。しかし、従来型のIT監視ツールの多くは、とりわけモバイルユーザーとクラウド...(2013/6/10 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
賞味/消費期限や鮮度など、食品業界特有の管理に対応したERP型クラウドサービス
 業界特有のニーズが多い業種では、汎用的なERPをそのまま導入するのは難しく、パッケージソフトをカスタマイズして使うケースが多かった。だが、中堅・中小企業にとっては、カスタマイズに開発期間やコストを掛ける余裕がない上、システム専任担当者がいないなど、導入...(2015/5/22 提供:株式会社富士通システムズ・イースト)

レポート
続・クラウドサービスのセキュリティに関する誤解
IT INSIDERでは前号と今号にわたり、一般企業におけるクラウドサービスの利用とセキュリティとの関連について考察している。 今号は後編として、電通国際情報サービスの渥美俊英氏による解説を交え、IaaSとセキュリティについて具体的に考える。 金融サービスなど、セキ...(2014/1/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「クラウド上のOffice」でインストール時の管理負荷を軽減
 これまでOffice製品の展開には、Windowsインストーラ形式が使用され、インストールポイントの作成から展開するためのソフトウェア配信サーバの構築まで、IT管理者にはさまざまな事前準備の必要があった。また、既存のOfficeバージョンとの共存ができないことから、互換...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Loading